地球にディクシャを&バガヴァン・メッセージ

bagavann and guruji

<上の写真はバガヴァンとかつてマハリシ・マヘッシュ・ヨーギーの弟子だったシュリ・シュリ・ラヴィシャンカールが会見した時のもの。これまで、ポール・マッカトニー、ジュリア・ロバーツ、某国王子などバガヴァンと会見した有名人はたくさんいるが、バガヴァンと全く同じ椅子に座っているのは、ラヴィシャンカールが初めてと思われる。>

この8月31日にバガヴァンからの2012年に関する重大メッセージを掲載しましたが、2012年に起きることは、人類全員の集合意識の結果起きるものであり、私たち一人一人に責任があります。

ですから、この危機的状況を改善する為に私たち一人一人が意識の覚醒、目覚めて行く必要があります。その為の有効な手段が、ディクシャであり、瞑想です。

バガヴァンは特にディクシャと並行してクンダリーニ・ヨーガを薦めています。

現在、私が主催しているディクシャ・ギヴァー養成コースでは、バガヴァンが推薦しているクンダリーニやチャクラを活性化するための行法をいくつかご紹介していますので、是非マスターして、日々実践して頂ければと思います。

私は、個人的にTM瞑想とその上級プログラムを33年以上実践していますが、25年ほど前からチベット系のクンダリーニ・ヨーガも時々実践しています。実践し始めてからすぐにクンダリーニが上昇し、その後の瞑想体験が格段に良くなりました。

クンダリーニは、会陰の辺りから頭頂に向かって上昇してゆきますが、上昇するエネルギーが強ければ強いほど、いわゆるエクスタシーと至福感、そして気づき(純粋意識)が強まります。

その為に、チャクラ瞑想などでチャクラを活性化させるだけでなく、食べ物が血液や脂肪など7つのダートゥ、プロセスを経て、最後に変換して蓄えられた食べ物のエッセンスである精液他(性エネルギー)を無駄に外側に漏らしてはいけません。

これは性欲を抑圧するということではありません。
この辺り以前の記事未成就の欲望が輪廻を招く&タントラの要諦を読んで頂ければと思います。

ディクシャに関しては、ギヴァーになった方は、ディクシャを他の人々や場所などにディクシャをすることで、どんどん意識が覚醒してゆきます。

何故なら、高次の意識状態にあり、悟った存在であるディヴァイン・プレゼンス(神聖なる存在、ハイアーセルフ)からやってくるディクシャ・エネルギーは、私たちディクシャ・ギヴァーのボディや意識を通して相手の方や対象物、対象の「場」に流れてゆくからです。

バガヴァンによると、ディクシャでは神聖なるエネルギーだけでなく、ギヴァーの体験していること、或は体験したことが、ディクシャに反映されると言います。

例えば、かつてガンを患い、ガンから生還した方であれば、その方のディクシャはガンに効く等。

そういう意味で、人生経験が豊富で、過去にあらゆる辛酸をなめ、克服してきた体験をもつ年配の方々など是非ディクシャ・ギヴァーになって戴きたいと思います。

ところで、今私が最も重要だと思っていることが、この地球や世界中にディクシャをすることです。

地球

これについて、バガヴァンがメッセージを発していますので、以下の文章をお読みください。中島輝彦さん(ブログ)の訳です。

9月19、20日に本郷でギヴァー養成コースを開催するダナ・マクミランさんによると、ディクシャをする対象が大きければ大きいほどディクシャをする時にエネルギーを強く感じると仰っていました。

バガヴァンのメッセージの前にバガヴァンの目のディクシャ(ナヤナ・ディクシャ)をご紹介しましょう。
9分間に編集されています。超強力です。これを見た後、パドカのある方はパドカによるディクシャを受けると更に良いでしょう。

ですが、通常1回1分位のバガヴァンのナヤナ・ディクシャを編集して9分間という長い時間にしてありますので、これだけでも充分すぎる位です。

おそらく、9分間見続けられないか、1回は見ても、その後しばらくは浄化が激しいので見る気がしないというか見れないかと思います。

ディクシャを受けた後は、必ずエネルギーを浸透安定させるために10分間以上休んでから活動に戻ってください。

ユーチューブ「バガヴァン、ナヤナ・ディクシャ」

以下、バガヴァンのメッセージ

 2010年1月17日 イギリス

代表者:今こちらには15人が集っています。イギリスの他の場所で40人ほどこのビデオ中継をナマで見ています。

最初の質問ですが、ハイチの大地震に対して世界中がひとつの家族のようにまとまるのを体験しました。ディクシャギバーとして、またこのような状況になった場合には、どのような事ができるのでしょうか。

バガヴァン:何ができるのかと言うと、地図を手元において、その場所の写真をもってきて、それにディクシャを行なってください。

その時にその場所の人々が実際に慰められのがわかるでしょう。

そうする事によって、その人々のトラウマを解き放つことができます。

実はインドのグラジャドという所で同じような事がおこりました。

そして結果は良好でした。ディクシャを行なう事によって、トラウマを取り除くだけではなく、精神的な健康をもたらす事ができます。

ハイチから遠く離れた所からでも、ディクシャをする事ができます。

すこし練習をすれば、上手にできるようになります。

1つだけ障害なのは、それが実際に起こるのか不安に思う事です。

ですが、心配を振り払ってディクシャを行えば、実際にうまく機能しているのがわかるでしょう。それがご自分の場所からできる方法です。

SKYPE TRANSCRIPT, FORREST ROW, UK 01-17-10
. Added by Kerry Chinn on March 6, 2010 at 3:40pm

Q: We have seen the whole world respond as one family to the earthquake in Haiti. What can we do as deeksha givers to help in this and other situations like it?

Bhagavan:
What you could do is have the map and pictures of ........ and place them on and give the blessing on the picture.

Similarly you will find they will be given some sort of solace .... they might very well come out of their traumas.

We have done this in the case of Gujurat in India and we had very good results. If you do that it will not only remove the trauma but it could also result in their getting material health. Although you are far removed from Haiti you could still do it. A little practice and you'll find it is really working very well.

The only thing is there could be thid mental barrier as to how could this happen. But if you go ahead and do it you will see it is in fact happening. That is how you could help from here.

PCbyu.jpg

地球
最新記事
プロフィール

三休さん

Author:三休さん
のブログへようこそ!

昭和28年東京都江戸川区  小松川の生まれ

都電の西荒川駅前にあ
った生家には、故赤塚不二
夫さんが下宿していました。

上の写真は、昭和30年5月石森章太郎さんが赤塚さんを訪ねてきた時のもの。

赤塚さんは、その2年後有名なトキワ荘に引越しました。

徒歩数分の石毛肉店には、私と一緒に住んでいた従姉と同じ深川高校に通う五月みどりがいて、この翌年に歌手デビュー。

生家の2軒隣にその数年後、横綱柏戸が引越してきました。

私は、その後両親が近所に建てた家に引越したのですが、3軒隣にラグビー日本代表だったターザン橋本(本名橋本晋一)氏が住んでいて息子が私と同級生。

息子H君はその後早稲田ラグビー部の主将。

私が小中学校時代に通ったラグビースクールで一緒にプレーした新日鉄釜石7連覇の立役者Mr.ラグビーと言われた松尾雄治君とその後早明戦で戦ったのには驚きました。

私も高校でラグビー部に入ったのですが、挫折。結局それが遠因で、精神世界に。

そして今に至るのですが、何が幸いするか分かりません。

もし、そのままラグビーを続けていれば、何がしかの世界で成功したかもしれませんが、失敗の人生を歩んでいた可能性があります。

真の意味での成功者とは、永遠不滅の至福の境地である「悟り」に達した人々のことであり、そこに向かって着実に前進している人々のことを言います。

(「悟り」「真の成功者」に関して詳細は、本ブログ記事「ホイットニーの死をバガヴァンの教えから考察する」等をご参照ください。)

まさに「人間万事塞翁が馬」。

趣味は瞑想です。

1977年から瞑想しています。      
基本的に24時間瞑想しています。
もちろん、座って瞑想するのも大好きです。

意識の内側へ入れば入るほ
ど、より覚醒し、より自由に
なってゆきます。

瞑想をとおして、
この世界のあらゆる楽しみ、
快楽をはるかに凌駕する
時間、空間を超えたこの
現象世界の源である
永遠不滅の純粋意識、
そしてその本質である
絶対的な自由と愛と至福を体験します。

多くの方にこの事実を体験を通
して知って頂きたいと思ってい
ます。

覚醒剤もドラッグもいりません! 

ただし、瞑想には、効果的で正しいやり方があります。

正しい角度で飛び込み、正しい泳ぎ方を身につけることで、スムースに海中深くに潜ることが出来ます。

それと同様で、効果的に効率よく、マインド(心)の内側深くに入り、究極的にはマインドを超越する方法が、正しい瞑想法です。

古来より覚者方より様々な瞑想法が、伝えられております。

マインド(心)は、永遠でもなく、真我(本当の私)ではありません。

その正体は思考であり、常に変化して止まず、幻影です。

リンク先 (有)楽趣美サイトもご覧下さい。

★ブログの内容に関するお問い合わせに対しては、個別に返事は出来ません。

当社㈲楽趣美(八王子市)の営業内容(インド占星術・ヴァストゥ鑑定、遠隔ディクシャ他)に関するお問い合わせやお申し込みは、上記楽趣美サイトよりお願いします。

月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QRコード