2012年以降の地球に関する重大メッセージ by バガヴァン

2012年以降の地球に関する重大メッセージ by バガヴァン

2012年に関しては、これまでもバガヴァンからメッセージがいくつも発せられていましたが、これまでのメッセージの多くは2012年に関するポジティヴな側面からのものでした。

さて、今回バガヴァンは初めてではないでしょうか?このメッセージでは2012年以降に起こりえるネガティヴな側面に言及しています。

以前の記事「
2012年究極の錬金術」の中でも書いているのですが、昨年バガヴァンは2012年に太陽、地球そして銀河系の中心が一直線に並び、大変大きなエネルギー転換が起き、我々はこの巨大エネルギー転換を利用し、人類の意識変革を行なうと語っていました。

同様のことをノーベル物理学賞受賞者のハネス・アルフベン氏も氏の「プラズマ宇宙論」で以下のように述べています。(以下、エハン・デラヴィ著「フォトン・ベルトの真実と暗黒星ネメシス」より抜粋)

「銀河の中心から銀河全体に巨大な電磁波エネルギーが放たれ、強力なエネルギー・ビームとして太陽系に向かってきている。
そして銀河円盤と太陽系の黄道面が直列しそれが真横になった時に、太陽系は莫大なエネルギー流をモロに受け、その瞬間太陽は爆発したようになり、ヘリオスフィア(太陽圏)は未曾有の量のプラズマで満たされスパークする」と。(以上、抜粋終り)

そして、「フォトンベルトの真相」の著者エハン・デラヴィ氏はその著書の中で、「スパークすると一気にプラズマの密度が膨れ上がり、まばゆいばかりに発光し、それこそがフォトンベルトの正体である」と述べています。

私も前記事に中でこのように書きました。
「この時にはチャクラが活性化して全開状態になるのではないかと思われます。ただ人体や精妙なボディへの膨大なエネルギーの流入に、瞑想などをしたことがない人たちは耐えられないのではないか、ある程度ボディを浄化して通路が開かれている必要があるかと思います。」と。

バガヴァンはこれからご紹介しようとしている記事の中で、このように語っています。

「現在、太陽のフレアは強烈ですが、今後さらに強くなっていくでしょう。そしてクジラやイルカと同じように、私たち人間も鬱病、自殺願望、心臓発作など様々な症状に苦しむことになるでしょう。」

「あなた方はこれに対してどう対処すべきだと思いますか?私たち自身の電磁場を上げる必要があります。私たち自身の電磁場が地磁気よりも高ければ、私たちに全く影響を与えないでしょう。例えば、ムクタ(*ムクティを得た人)になることによって自分自身が解放されると、そのような状態になります。

その時、私たちの電磁場が高まり、地磁気がどのようであっても影響を受けなくなります。それゆえ、完全にアウェイクニングすることが絶対に必要なのです。 」と。

さて、バガヴァンは同時に外側の世界では地震や津波などによって、都市部では100の家族のうち2家族が助かり、98の家族は被害を受けます、と述べています。

100家族のうち2家族しか助からないような大地震や巨大津波が起こる、ということです。昨年
「2012年」という米国の映画が公開されましたが、同じような状況が現出するのでしょうか?

映画では、巨大津波がチベットの山の中まで押し寄せて来ていましたが、そのような津波であれば、どのような人でも助からないのではないでしょうか。

バガヴァンは都市部と言っています。たいていどこの国でも、都市部は沿岸部の低地に集中していますので、都市でも高地に住んでいる人々の被害は少なくなるのではないかと思います。

最近見た雑誌記事によると、8月下旬の根室沖の水温が、3度高い17度、襟裳岬で21度だそうで、サンマの回遊できる水温が13~15度なので、秋の味覚サンマが獲れなくなっているそうです。

しかし、ここで問題なのは、水温が3度上がってサンマが獲れなくなる、ということではないのです。

NASAゴダート宇宙科学研究所所長J・ハンセン氏によると、グリーンランドの氷原が溶けるスピードは5年前と比べると2倍も速くなっているそうで、かつて気温が3度上がり25メートル海面が上昇した時代があったそうです。(1万4000年前?この点時期不明)

大方の科学者の見解では今世紀後半までに起こると予想されているそうですが、氏は、もっと早い段階でこのような状況が到来すると予想しているようです。

バガヴァンによると2012年には太陽フレアがすさましいほど強烈になる、とのことです。

その時には、今以上の急激な気温上昇とそれに伴う海面急上昇、そして地震による津波が重なれば、低地にある都市部の多くは映画「2012年」のようにならないとは限りません。

それでは、衝撃のバガヴァンの最新メッセージお読みください。

高橋恵美さん訳(高橋恵美さんホームページ「
ピース&サイレンス
」)

太陽のフレアに関するバガヴァンのメッセージ(ワンネス・フランスに向けて話したもの)

(ワンネス・フランスに感謝します。またタミール語から英語に翻訳してくれたラマチャンドラン・アンガディプラムさんにも感謝します)

クジラやイルカが海岸に乗り上げて死んだ、というニュースを聞いたことがあるでしょう。なぜかというと、水のなかには標識とか街灯などの道しるべがないからです。彼らは磁場だけを頼りに海のなかを泳いで進んでいきます。

太陽のフレアによって磁場が乱れると、そのような動物は陸を海と間違え、陸に向かって泳いでいきます。そして一度岸に上がると、体重の重さ、足がないなどの理由によって海に戻れなくなり、死んでしまいます。

現在、太陽のフレアは強烈ですが、今後さらに強くなっていくでしょう。そしてクジラやイルカと同じように、私たち人間も鬱病、自殺願望、心臓発作など様々な症状に苦しむことになるでしょう。

太陽のフレアは11年に1回のサイクルで強くなります。太陽のフレアの中には黒点がありますが、それはまるで圧力釜のようなものです。

例えば、蒸気が外に抜け出るので圧力釜は爆発せずに安全に使用することができますが、フレアのなかの太陽黒点は長い間外に出ることなく、沈黙を守っています。

2012年には太陽フレアはすさましい程強烈になります。NASA、マヤの予言、ヒンズー教の文献などでもそれに触れています。現代の科学は非常に正確であり、2012年にそれが起きると予測しています。

2012年における恐ろしい太陽フレアは地球の地磁気に影響を与えます。人類の歴史上そのように強烈な太陽フレアを経験したことはかつてありません。

先に述べたいろいろな苦しみは地磁気の変化によって生じます。今ここでは触れない他のいくつかの原因もあります。

あなた方はこれに対してどう対処すべきだと思いますか?私たち自身の電磁場を上げる必要があります。私たち自身の電磁場が地磁気よりも高ければ、私たちに全く影響を与えないでしょう。例えば、ムクタ(*ムクティを得た人)になることによって自分自身が解放されると、そのような状態になります。

その時、私たちの電磁場が高まり、地磁気がどのようであっても影響を受けなくなります。それゆえ、完全にアウェイクニングすることが絶対に必要なのです。

私達アンマ・バガヴァンはあなた方の場を高めるためにもう一つの場を高めなければなりません。それはパドカディクシャによって行われます。アンマ・バガヴァンはあなた方の場を高めるために自分達の場を使います。49分間のチャンティングはそのための助けとなります。それによってアウェイクニングのために脳が準備されます。

電流が流れると脳が準備され、脳はチャンティングのサウンドにより速く反応するようになります。脳の準備が整うと、アンマ・バガヴァンはパドカを通して自分達の電磁場を使用し、あなた方の電磁場を高めます。その時、皆さんはムクタとなります。

それによって内側の世界の準備が整い、地磁気からの影響を受けることはなくなります。

さて、内側の世界は整いますが、物質的的世界はどうなるでしょうか?あなた方はムクタとなっているので、電磁場は非常に高まっています。どんな津波や地震もあなた方を害することはないでしょう。

津波の波は安全な場所にあなた方を運びます。このようなことが実際に起きています。

チェンナイが津波に襲われた時、古くからの帰依者の場合、近くにいた人々は逃げることができず波に巻き込まれてしまったのに、その人は助かったのです。

ですから、内側の世界であろうと外側の世界であろうと、ムクタであれば安全です。アンマ・バガヴァンの帰依者は全員がムクタとなり、安全を得てください。

しかし、アンマ・バガヴァンの帰依者の数は多くありません。帰依者ではない大多数の人々はどうなるでしょうか?

例えば、都市では100の家族のうち2家族が助かり、98の家族は被害を受けますが、それについて皆さんはどう感じますか?私たちにはパワーがあるのに何もしないで見ているとしたら、それでも私たちは人間と言えるでしょうか?

それゆえにアンマ・バガヴァンはあなた方をムクタにするだけでなく、他の人々をムクタにするパワーをあなた方に与えているのです。

そうするためのテクニックが教えられています。そのための準備ができているので、残りの人々をムクタにするのはあなた方の責任です。

また、あなた方は全員豊かになるべきです。しかし、今は株式市場または土地投資などを行う時ではありません。

株式市場は6月下旬をピークとして、7月には暴落する可能性があります。土地の価値もまた下落します。

アンマ・バガヴァンは切迫しているこの危機を皆さんが利用できるよう導くでしょう。あなた方がムクタになればとても簡単です。
皆さん全員を愛しています。


(転載終わり)

PCbyu.jpg

最新記事
プロフィール

三休さん

Author:三休さん
のブログへようこそ!

昭和28年東京都江戸川区  小松川の生まれ

都電の西荒川駅前にあ
った生家には、故赤塚不二
夫さんが下宿していました。

上の写真は、昭和30年5月石森章太郎さんが赤塚さんを訪ねてきた時のもの。

赤塚さんは、その2年後有名なトキワ荘に引越しました。

徒歩数分の石毛肉店には、私と一緒に住んでいた従姉と同じ深川高校に通う五月みどりがいて、この翌年に歌手デビュー。

生家の2軒隣にその数年後、横綱柏戸が引越してきました。

私は、その後両親が近所に建てた家に引越したのですが、3軒隣にラグビー日本代表だったターザン橋本(本名橋本晋一)氏が住んでいて息子が私と同級生。

息子H君はその後早稲田ラグビー部の主将。

私が小中学校時代に通ったラグビースクールで一緒にプレーした新日鉄釜石7連覇の立役者Mr.ラグビーと言われた松尾雄治君とその後早明戦で戦ったのには驚きました。

私も高校でラグビー部に入ったのですが、挫折。結局それが遠因で、精神世界に。

そして今に至るのですが、何が幸いするか分かりません。

もし、そのままラグビーを続けていれば、何がしかの世界で成功したかもしれませんが、失敗の人生を歩んでいた可能性があります。

真の意味での成功者とは、永遠不滅の至福の境地である「悟り」に達した人々のことであり、そこに向かって着実に前進している人々のことを言います。

(「悟り」「真の成功者」に関して詳細は、本ブログ記事「ホイットニーの死をバガヴァンの教えから考察する」等をご参照ください。)

まさに「人間万事塞翁が馬」。

趣味は瞑想です。

1977年から瞑想しています。      
基本的に24時間瞑想しています。
もちろん、座って瞑想するのも大好きです。

意識の内側へ入れば入るほ
ど、より覚醒し、より自由に
なってゆきます。

瞑想をとおして、
この世界のあらゆる楽しみ、
快楽をはるかに凌駕する
時間、空間を超えたこの
現象世界の源である
永遠不滅の純粋意識、
そしてその本質である
絶対的な自由と愛と至福を体験します。

多くの方にこの事実を体験を通
して知って頂きたいと思ってい
ます。

覚醒剤もドラッグもいりません! 

ただし、瞑想には、効果的で正しいやり方があります。

正しい角度で飛び込み、正しい泳ぎ方を身につけることで、スムースに海中深くに潜ることが出来ます。

それと同様で、効果的に効率よく、マインド(心)の内側深くに入り、究極的にはマインドを超越する方法が、正しい瞑想法です。

古来より覚者方より様々な瞑想法が、伝えられております。

マインド(心)は、永遠でもなく、真我(本当の私)ではありません。

その正体は思考であり、常に変化して止まず、幻影です。

リンク先 (有)楽趣美サイトもご覧下さい。

★ブログの内容に関するお問い合わせに対しては、個別に返事は出来ません。

当社㈲楽趣美(八王子市)の営業内容(インド占星術・ヴァストゥ鑑定、遠隔ディクシャ他)に関するお問い合わせやお申し込みは、上記楽趣美サイトよりお願いします。

月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QRコード