バガヴァンが教える「働かないアリがいる理由」

人類に働く、アリのコロニー同様の法則とは?by カルキ・バガヴァン

ari.jpg

最近、アリの生態に関する非常に興味深いニュースがありました。

北海道大学などの研究チームが発表したものです。

その研究結果の内容は、カルキ・バガヴァンのある教えに通じるもので、大変驚きました。

それでは、先ず、どのような内容のものだったのか、見てみましょう。

(以下、転載)

. 毎日新聞2016年2月17日 東京朝刊

http://mainichi.jp/articles/20160217/k00/00m/040/067000c

働かない働きアリ 集団存続に必要 働きアリだけは滅びる

北海道大などの研究チームが発表

コロニー(集団)の中に必ず2〜3割いる働かない働きアリは、他のアリが疲れて動けなくなったときに代わりに仕事をし、集団の長期存続に不可欠だとの研究成果を、北海道大などの研究チームが16日、英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」に発表した。

これまでの研究で、働くアリだけのグループを作っても、必ず働かないアリが一定割合現れることが確認されている。

非効率な存在で、働かないアリがいることが謎だった。

自然界では、働きアリが全て同時に働かなくなると、必要な卵の世話が滞ってそのコロニーが滅びてしまう。

チームは日本全国に生息するシワクシケアリを飼育し、1匹ずつ異なる色を付けて個体識別した上で1カ月以上にわたって8コロニーの行動を観察。

最初よく働いていたアリが休むようになると、働かなかったアリが動き始めることを確認した。

さらに、コンピューターシミュレーションで、1コロニー75匹の働きアリが全て同じようによく働き、疲れがたまるペースも一緒のケースと、働き度合いがばらばらのケースを比較。

勤勉なアリだけのケースでは一斉に疲労で動けなくなってコロニーが滅びてしまうのが早く、働かないアリがいる方が長続きする傾向があった。

チームの長谷川英祐・北海道大准教授(進化生物学)は「働かないアリを常駐させる非効率的なシステムがコロニーの存続に欠かせない。

人間の組織でも短期的な効率や成果を求めると悪影響が出ることがあり、組織を長期的な視点で運営することの重要性を示唆する結果ではないか」と話す。【大場あい】

(転載終わり)

働かないアリだけを集めても、7割は働いて、3割は働かない

以上が、新聞などで報道された内容ですが、たまたま聞いていたラジオでもこの話題を扱っていて、他の研究結果についても言及していました。

その内容は、このようなものです。

「コロニーの中にいる2~3割の働かないアリだけを集めてコロニーを作ると、やはり7~8割くらいは働いて、そのうちの2~3割は働かない。」

ari1.jpg
(出典マイナビニュース

大変面白いですね。

研究者によると、この怠け者のアリたちにも存在意義があり、集団の存続のために貢献しているとのことです。

それにしても、自然界はうまく出来ています。

バガヴァンが教える「働かないアリがいる理由」

それでは、このアリのコロニーの生態で起きている法則から、人類にも適用される宇宙法則について、2014年の10月にバガヴァンが語っている講話を見てみましょう。

srisribagavan1.jpg


(以下、転載)

カルキ・タントラより

http://blog.livedoor.jp/omb2012-tantra/archives/1014758330.html


2014-10-11グジャラートダルシャン

Q11: バガヴァン、どんなに夫を受け入れようと試みても、できないのです。

どうすれば、ジャッジしないようになれるのでしょうか、バガヴァン?


A11: 刑務所の受刑者をご覧なさい。

どうするべきですか?(観衆の一人が「愛と赦し」と言う。別の観衆が、感謝するべきだと言う。

それを聞いてバガヴァンはとても喜ばれ、その帰依者に尋ねた。「なぜ?」

彼女は、もしその受刑者がいなかったら、自分が服役しているかもしれない、と答えた。)

そうです。私はここで殺人者たちとも会います。

ある男が来て、人を殺したと私に言いました。

私は、なぜかと尋ねました。

彼は「バガヴァン、この人は私の父を殺したのです。だから私は彼を殺しました」と答えました。

さあ、どうすれば、彼を悪いと言えるでしょう。

もし誰かに父親を殺されたら、彼はじっとしていられますか?

この世界は、多くのタイプの人から出来ています。

強盗もいるでしょう。強姦者もいるでしょう。殺人者もいるでしょう。

聖者や善良な人々もまたいるのです。

100匹の蟻のコロニーを思い浮かべてください。

40匹は怠けて60匹は働きます。

60匹は怠けて40匹が働く別のグループもあります。

もし、働いている100匹の蟻を集めて一つのグループにすれば、そのうちの40匹が怠け者になるでしょう。

それは、創造そのものがどのようなものかを示しています。

そうすると、誰かをジャッジすることができるでしょうか? 

彼または彼女がそのような人であることには、数百の理由があるのです。

ですから、あなた方は誰もジャッジすることはできません。

どこの家にも紙くず籠があります。なぜでしょう?

もし紙くず籠がなかったら、家中がごみと汚れであふれるでしょう。

おなじように、ある人々が紙くず籠の役割を引き受けているのです。
 
あなたの夫は、そのような多くの複合物が集まった結果なのです。

どうすれば、彼を悪いと判断できるでしょうか? 

彼の立場にならなかったことを、あなたは彼に感謝しありがたく思わなければなりません。

そのような理由から、ワンネスでは、あなたは他人を変えることはできない、と言うのです。

自分を変えることができるだけなのです。もし、あなたの関係性が良好ならば、あなたは幸せになるでしょう。


2014-10-25ロシアダルシャン

Q11: 親愛なるシュリ・バガヴァン、あなたが私に与えられた課題と学び、あなたのプレゼンスで私の人生を照らしてくださったことに感謝します。

バガヴァン、どうか願望について教えてください。

願望はどこから、そしてなぜ、やって来るのでしょうか。

なぜ、ある願望は私たちを煩わせることなく、訪れて去るのでしょうか。

ほかの願望は人生を通して私たちから離れません。

すぐに成就する願望もあれば、時間がかかる願望もあります。

第三のカテゴリーは、どれほど頼んでも決して実現しません。

なぜ、ある願望は悪い時に実現し、しかも3Dで映像化したものと異なるのでしょうか。

願望の実現は、私たちの努力にかかっているのでしょうか、バガヴァン?


A11: 私のマインドとかあなたのマインドというものはありません。

ただ一つのマインドがあるだけです。

そして、それはとても古いのです。

願望はマインドの属性です。

私の自己とかあなたの自己というものはありません。

ただ一つの自己があるだけです。

私の苦しみとかあなたの苦しみというものはありません。

ただ一つの苦しみがあるだけです。

私たち全員がつながっています。

私たちはみな、一つです。

私たちは同じではありません。

しかし、私たちはみな、一つです。

ですから、私たちはこの運動をセイムネスではなく、ワンネスと呼ぶのです。

私たちは、実際には集合的な存在なのです。

さあ、私たちの社会によって、時間の中のどの所与の時にも、いわゆる善人と呼ばれる人々、いわゆる悪人と呼ばれる人々がいます。

詐欺師になる人、泥棒になる人、盗賊になる人、強姦や殺人を犯す人がいるでしょう。

これらのことは、それ自身が調節しているのです。

善人ばかりを集めて同じ条件で新しい社会を作ると思ってください。

何人かは自動的に悪人になるでしょう。

詐欺師になる人、殺人者になる人が出てくるでしょう。

それは、自分自身で自動的に調節するのです。

同じように、願望も集合(意識)によって私たちに投げ込まれるのです。

あなたの問題は、あなたが自分自身をあなたの願望やあなたの思考やあなたの感情や感覚と同一視することです。
 
さあ、あなたが同一化を減少させるにつれて、あるがままを見ることはとてもとても容易になります。

あなたが理解しなければならないことは、この願望はあなたに入ってくるのです。

そのことについて、あなたには何の責任もありません。

問題は、あなたが願望を悪と考えることです。

あなたは繰り返し「願望は悪です。願望を諦めなさい」と言われています。

それが問題なのです。

しかし、集合的なマインドは、あなたに願望を実現させたがっています。

あなたの願望を実現することは、何も悪くありません。

願望を実現させることが出来れば、それは最も容易な成長の方法です。
 
しかしながら、成長のためには多くの道があります。

あなたはあらゆる願望を否定して、なにもかも諦めた人になることもできるのです。

でも、ワンネスは願望の実現を肯定します。

願望の実現は成長のための最も容易な道です。

あなたの感覚が明晰になれば、恩寵はあなたを助けるためにそこにあるのです。

あなたは、そのようにして人生の挑戦に直面しなければならないのです。

そして、私たちはそれを生きていると呼びます。

これらの挑戦が存在していることに出会うことではありません。

そのために、存在することから生きることへ移るために(for moving from existing to living)ワンネスがあるのです。


2014-10-26ラテンアメリカダルシャン

Q5: 親愛なるバガヴァン、高い意識のコミュニティに住んでいない私たちは、どのようにして関係性の中のネガティヴな影響を取り除けばいいのでしょうか。

また、デヴァインの影響とマインドの影響を、どのようにして識別すればいいのでしょうか。


A5: 私たちのあり方について、誰にも責任がないことを認識することが大切です。

所与の社会と所与のシステムの中では、ある人数の人々が聖者となり、ある人数の人々が??となり、ある人々が悪党、泥棒、殺人者になります。

その人数は決められていて、誰が悪党になり誰が聖者になるかは、その人の幸運にかかっています。

もし悪党に会ったら、とても感謝しなければなりません。

なぜなら、彼が悪党になっていなかったら、あなたが悪党になっていたかも知れないのです。

私たちは全員がつながっています。

私たち全員は一つです。
 
あなた方がこのことを理解できれば、全てのジャッジメントは止み、意識レベルは上昇します。

それ以上のネガティヴィティは全然ありません。

あらゆる問題を作り出すのは、このジャッジメントなのです。

デヴァインがコミュニケートしているときには、平安と静寂を経験します。

あなた方のマインドがコミュニケートしているときには、ノイズを経験します。

(転載終わり)


今生で犯罪者とならなくても、来世ではどうなるか分からない

以上が、バガヴァンの教えです。

アリのコロニーにおける一定数の怠け者のアリと同様、この人間社会でもある一定の人々が、悪人になったり、犯罪者となったりするということです。

バガヴァンは、このようにも語っていました。

「善人ばかりを集めて同じ条件で新しい社会を作ると思ってください。

何人かは自動的に悪人になるでしょう。

詐欺師になる人、殺人者になる人が出てくるでしょう。

それは、自分自身で自動的に調節するのです。」

ご存知の通り、これまでは地球は、カリユガ(鉄の時代、暗黒時代)でした。

まもなく、このカリユガも終焉を迎えようとしていますが、カリユガは、悪が蔓延る時代です。

社会的な権力者は、悪い政治を行い民衆を虐げます。

泥棒もいれば、詐欺師もいるし、暴力団もいます。

悪人がいて、庶民を苦しめます。

そのような人々がいて、理不尽なことがまかり通り、多くの人々が苦しみます。


カリユガでは、誰かが悪人役を引き受ける

そのような訳で、カリユガには、悪人役が必要なのです。

誰かが、その役を引き受ける訳です。

バガヴァンは、このようにも言っています。

「その人数は決められていて、誰が悪党になり誰が聖者になるかは、その人の幸運にかかっています。」

ここで思い出すのが、オウム事件です。

当時、オウムには確かに求道者を引き付けるものがありました。

私自分自身は他の瞑想法を熱心に行っていましたし、麻原の裏事情が入って来ていましたので、オウムに入信することはなかったのですが、私も一歩間違えば、彼らの仲間となって、サリン事件などを起こして犯罪者となっていたかもしれないのです。

(関連記事「
誰も知らないオウム事件の真実(1)」、「誰も知らないオウム事件の真実(2)」、「誰も知らないオウム事件の真実(3)」)


明日はあなたも殺人犯

昨年、出版された本で、元裁判官の瀬木比呂志氏が書いた「ニッポンの裁判」という本が話題となりました。

その本の帯にはこのように書かれています。

「明日はあなたも殺人犯」

「唖然、呆然、戦慄、驚愕 日本の裁判は本当に中世並みだった!」

この本では、冤罪事件が多く、正義や公平さが蔑ろになっている日本の司法の実態が、暴露されています。

運が悪ければ、いつでも誰でも殺人犯にされかねない、という日本社会の現実です。

カリユガ(暗黒時代)では、このような不条理な事象が多く起こります。

そのような意味で、バガヴァンが言うように、現在善人グループに入っている人々は幸運だと言えます。

しかし、いつもそのような状況にあるとは限りません。

仮に、今生で犯罪を犯さなくても、次の生では罪人になっているかもしれないのです。

バガヴァン始め覚者方によると、人間は何千回も何万回も生まれ変わっていると言います。

今生では善人として生まれていても、過去生では詐欺師だったり、泥棒だったり、殺人者だったり。

又はその逆に、そのような人々の被害に遭って苦しめられたり、そのような過去がどのような人にもあるのです。

その結果、獄中で囚われの身となったり、拷問で死んだり、死刑になったり、悲惨な人生を何回も何回も経験しているのです。

私たちは、過去生で、善業も悪業も無限に積んでいるのです。

これまでのところ、善人として平穏な人生を送っているとしたら、恐らく神様の配慮によって、善業からのプログラミングの結果、たまたま今生では運が良かっただけと考えられます。

次の生でも、善人グループに入る保証はないのです。


苦悩に満ちた輪廻の輪から、脱出を真に決意することが大切

また善人として生まれても、幸運ばかりが続く訳ではありません。

子供など愛する人との別れがあったり、災害で家を失ったり、人間関係で苦しんだり、失業して貧困に陥るかもしれません。

家族と離別して、一人孤独に死んでゆく人も多いのです。

通常、普通に生きて死んで行く人々の多くが、ある生では善人、別の生では悪人というように、そのような人生を何千回何万回と繰り返していると思われます。

ひょっとしたら、ローテンションのようなものがあるのかもしれません。

ですから、私たちが輪廻転生していることに気づいて、このような苦悩に満ちた輪廻の輪から脱出したいと発心を起こした人々は幸いです。

何故なら、そのような人々には、神聖な存在(ディヴァイン)からの助けが入り、輪廻の輪から脱出する為の行動が始まるはずだからです。

有益な情報がもたらされ、ヨーガや瞑想などを始めたりするでしょう。

或いは覚者方との接触が起こるかもしれません。

ディヴァインとの絆を築くことの重要性に目覚めるでしょう。

その結果、意識が徐々に覚醒してゆき、それに伴い至福感が増し、以前と同じような体験をしても苦しみが軽減してゆきます。


意識が目覚めてくると、過ちを犯さなくなる

また、目覚めた人間は、目覚めや覚醒レベルにもよりますが、基本的に悪を犯す(悪いカルマを行う)ということが、ほとんど無くなってゆくのです。

何故なら、目覚めの意識、或いは覚醒した意識、つまり気づきの意識とは、純粋な意識であり、純粋な意識は万物の源であり、あらゆる自然法則の源だからです。

宇宙や自然界を見れば分かりますが、そこには自然法則が働いており、完全な秩序があります。

そのような秩序(自然法則)がなければ、この宇宙はカオスとなって、人類など存在できないでしょう。

また、純粋意識には、至福(アーナンダ)と愛の質があります。

ですから、自然法則の源である純粋意識が心の内面に浸透充満してくると、つまり意識が覚醒してくると、人は秩序正しくなり過ちを犯さなくなってくるのです。

意識が覚醒すればするほど、言動や存在全てが自然法則に則った、愛深きものとなってゆきます。

サットカルマ(善業)が、どんどん積み上がって行くのです。


悟りへと至る、気づきの意識の発達の3段階

バガヴァンによると、気づきの意識(純粋意識)の発達の段階は3つに分けられます。

最初が、目覚め(アウイクニング awakening)。

次の段階が、覚醒(エンライトメント enlightenment、渡辺注:通常、悟り、啓発などと訳されています)。

そして、完全な覚醒(フル・エンライトメント full enlightenment)。

最後の完全な覚醒が、通常私たちが「悟り」と呼ぶ状態です。

和尚も、その著者「奇跡の探求Ⅱ―七身体の神秘」で、別の角度から同様のことを語っています。

osho11.jpg


最初のこの目覚め(アウイクニングawakening)は、第4身体(マナス・シャーリル、マインド体或いはサイキック体)で起こると言います。

次元で言うと、第4次元。この次元においては、気づきには努力がいりません。

この段階では、まだ思考はひっきりなしに沸いてきますが、それに気づいています。

更に、気づきが深まると、思考が出てくる源に気づくようになります。

この段階が、覚醒(エンライトメントenlightenment)です。

この段階では、思考がほとんど沸かなくなります。

ですから、思考に煩わされることがなくなります。

この段階は、和尚によると、第5身体(アートマ・シャーリル、スピリチュアル体)で起こるといいます。第5次元。

この5次元において、更に気づきが深まり、思考が完全に24時間沸かなくなった状態が完全な覚醒(full enlightenment)です。(生活に必要な最低限の思考は働きます)

いわゆる、悟り、最初の悟りです。

アートマン(真我)に達した状態。

その後、第6次元のブラフマン(大我)と続いて、最終的にパラ・ブラフマン(宇宙創造主)との合一にまで至ります。


目覚めれば、悪人になる可能性はなくなる

さて、和尚によると、この4次元において、目覚め(気づき)が起こると、そのような人は死後、デヴァ(渡辺注:サンスクリット語で神、しかし悟りを開いている存在ではありません)の次元に生まれるといいます。

ちなみに和尚によると、第4身体が活性化していても、意識が目覚めていない存在もいるとのことです。

そのような存在は、サンスクリット語でプレータと呼ばれる、いわゆる悪霊です。

ですから、意識が目覚めると、悪霊になる可能性はなくなるということです。

このデヴァの次元は、幸福で平安な世界だそうですが、どうも飽きるようです。

ということで、和尚によると、完全な覚醒である「悟り」を求めて、デヴァとなった存在も、この地上界に再び生まれて来る必要があるとのことです。

またプレータ(悪霊)も進化する為に、同様にこの地上に生まれて来るようです。

マハリシ・マヘーシュ・ヨーギーも同様のことを語っていましたが、悟りは肉体がないと開けないからです。

このように、人間に目覚め(アウェイクニング)が起これば、死後、デヴァの次元に生まれ、悟りを開く為に、再び地上界に戻ってきます。

そして、たとえ地上がカリユガ(暗黒時代)であったとしても、そのような人物は、マハリシが、ビートルズについて語っていたように、天使のような存在として生まれて来るのではないかと思います。

(以前の記事「
ビートルズ超お宝映像、伝説のインド、リシケシの旅」をご参照下さい)

ですから、肉体を持ってこの地上にいることは、早い進化と悟りを開く為の絶対的なチャンスなのです。

どの覚者たちも例外なく、この貴重な機会を逃すことがないように、と言うのも、このような理由によるからです。

そして、目覚めた人々は、2035年頃から本格的に始まる、一説によると7000年続くとも言われる黄金時代に生きることが出来るのではないかと思います。(バガヴァンは、黄金時代がどの位の期間続くか言及していません)

それにしても、これ以外にも、このバガヴァンの教えからは、様々なことが学び取れます。

人類全てが意識の深いところで皆繋がっていて、それぞれが役目を持っており、誰一人として無駄な存在はなく、全人類が一つの存在として機能していること。

他者とは、別の顔や体をもった私であり、私に代わって行為してくれている存在。

なので、例え悪人であっても、そのような存在をジャッジせず許しを与えることの大切さ等など。

(関連記事)

・ラマナ・マハルシ、バガヴァンによる自己の意識覚醒度の測り方

・バガヴァンの「黄金の未来予言」

・和尚「前世を知れば悟りが早まる理由」を語る


PCbyu.jpg

最新記事
プロフィール

三休さん

Author:三休さん
のブログへようこそ!

昭和28年東京都江戸川区  小松川の生まれ

都電の西荒川駅前にあ
った生家には、故赤塚不二
夫さんが下宿していました。

上の写真は、昭和30年5月石森章太郎さんが赤塚さんを訪ねてきた時のもの。

赤塚さんは、その2年後有名なトキワ荘に引越しました。

徒歩数分の石毛肉店には、私と一緒に住んでいた従姉と同じ深川高校に通う五月みどりがいて、この翌年に歌手デビュー。

生家の2軒隣にその数年後、横綱柏戸が引越してきました。

私は、その後両親が近所に建てた家に引越したのですが、3軒隣にラグビー日本代表だったターザン橋本(本名橋本晋一)氏が住んでいて息子が私と同級生。

息子H君はその後早稲田ラグビー部の主将。

私が小中学校時代に通ったラグビースクールで一緒にプレーした新日鉄釜石7連覇の立役者Mr.ラグビーと言われた松尾雄治君とその後早明戦で戦ったのには驚きました。

私も高校でラグビー部に入ったのですが、挫折。結局それが遠因で、精神世界に。

そして今に至るのですが、何が幸いするか分かりません。

もし、そのままラグビーを続けていれば、何がしかの世界で成功したかもしれませんが、失敗の人生を歩んでいた可能性があります。

真の意味での成功者とは、永遠不滅の至福の境地である「悟り」に達した人々のことであり、そこに向かって着実に前進している人々のことを言います。

(「悟り」「真の成功者」に関して詳細は、本ブログ記事「ホイットニーの死をバガヴァンの教えから考察する」等をご参照ください。)

まさに「人間万事塞翁が馬」。

趣味は瞑想です。

1977年から瞑想しています。      
基本的に24時間瞑想しています。
もちろん、座って瞑想するのも大好きです。

意識の内側へ入れば入るほ
ど、より覚醒し、より自由に
なってゆきます。

瞑想をとおして、
この世界のあらゆる楽しみ、
快楽をはるかに凌駕する
時間、空間を超えたこの
現象世界の源である
永遠不滅の純粋意識、
そしてその本質である
絶対的な自由と愛と至福を体験します。

多くの方にこの事実を体験を通
して知って頂きたいと思ってい
ます。

覚醒剤もドラッグもいりません! 

ただし、瞑想には、効果的で正しいやり方があります。

正しい角度で飛び込み、正しい泳ぎ方を身につけることで、スムースに海中深くに潜ることが出来ます。

それと同様で、効果的に効率よく、マインド(心)の内側深くに入り、究極的にはマインドを超越する方法が、正しい瞑想法です。

古来より覚者方より様々な瞑想法が、伝えられております。

マインド(心)は、永遠でもなく、真我(本当の私)ではありません。

その正体は思考であり、常に変化して止まず、幻影です。

リンク先 (有)楽趣美サイトもご覧下さい。

★ブログの内容に関するお問い合わせに対しては、個別に返事は出来ません。

当社㈲楽趣美(八王子市)の営業内容(インド占星術・ヴァストゥ鑑定、遠隔ディクシャ他)に関するお問い合わせやお申し込みは、上記楽趣美サイトよりお願いします。

月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QRコード