目覚めのレベルと意識レベルの違い by バガヴァン

目覚めていても意識レベルの低い人たち、目覚めていなくても意識レベルの高い人たちがいる by バガヴァン

bagavna6.jpg

久々に、シュリ・バガヴァンのティーチングに関する記事です。

長年私のディクシャ会を手伝ってくださり、数年前にアンマ・バガヴァンの本(Evenings・・バァガヴァンとの対話、アンマ-ディヴァインマザー、どちらも出帆新社刊)を訳された勝浦由子さんの東京成城でのディクシャ会によく来られている菊池雅都さんが、シュリ・バガヴァンの世界中のダルシャンをたくさん翻訳されています。

菊池さんとは、その勝浦さんの会で1年前にお会いしており、その翻訳してプリントアウトしたものを読ませてもらっていました。

最近の教えで「目覚めのレベルと意識レベルの違い」について、バガヴァンが語った内容が大変面白く、当ブログでも取り上げさせて頂きたいと思います。

私も様々な覚者たちの教えに接していますが、バガヴァンの教えにはおそらくこれまで誰も語ったことのない、聞いたこともないような内容がいくつも含まれているように思います。

そのような意味で非常にユニークでかつ深遠です。それでいて、どのような人々にも大変有益で実際的な教えです。

タイトルを読んだ時、目覚めのレベルと意識レベルの違い?目覚めのレベルが高くなってくると、それは意識レベルが高くなっていることでは?と誰しも思われるのではないでしょうか。

ここでは、バガヴァンは、この2つの概念をまったく異なる意識状態として、語っています。

簡単に言ってしまうと、意識のベクトルの違いです。意識が、マインドの内側に向かうか、外側に向かうか、という。

マインドの内側の最奥にある見る者であり、真我である純粋な意識に注意が向かって、その真我を意識している状態が目覚め、覚醒と呼ばれるものです。

その逆に外側の世界に注意が向かって、相対世界を広く深く、認識・意識している状態が意識レベルということになります。意識が拡大した状態です。

バガヴァンによると、覚醒(目覚め)のレベルが高くても、意識レベルの低い人たち、その反対に覚醒レベルが低くとも、意識レベルの高い人たちがいる、とのことです。

私の友人に、何十年も瞑想している人がいますが、その友人に久々に会うと、話す内容は自分のことばかりです。

社会問題に話題を振ると、それに対する見解を述べますが、より多くの人々の利益となる観点が抜けていたりします。

そして、別れ際に、「ところで渡辺さん、最近どう?」と、やっと私に関心を示してくれた?という感じです。

常に、自分のことで、頭がいっぱいなのです。

他者のブログなどを見ると、その辺よく分かりますね。自分や自分の家族のネタばかり書く人。

ところが一方、世界中の問題を取り上げている人々もいます。

私のブログにもいくつかリンクを貼っていますが、おそらくその人たちは瞑想などしていないと思われます。

でも、おそらくそのような人々は、自分のこと以上に、或いは自分の問題として、世界中の問題を捉えているのだと思います。

そのような人々は意識レベルが高い、と言えます。

このところが理解できますと、結構、覚者や他者の書く文章を通して、その人の意識レベルが、何となく分かるのではないかと思います。

次回は、オショーやマハリシなど、他の覚者などの意識レベルについて書きたいと思っています。

それでは、菊池雅都さんのブログから転載させて頂きます。

以下、《カルキ バガヴァン ダルシャン集  Kalki Bhagavan's Darshans》 より転載

http://blog.livedoor.jp/omb2012/

目覚めのレベルと意識レベルの違い by シュリ・バガヴァン

http://www.onenessamsterdam.org/nieuws/awakening-versus-consciousness

Awakening versus Consciousness‏

The Difference Between Levels of Awakening and Levels of Consciousness
17/4/2015 Oneness Amsterdam

訳注:2015年4月17日にワンネスアムステルダムに掲載されたもので、目覚めのレベルと意識レベルの違いについての(明記はされていないが)バガヴァンの答えと思われる。質問者はワンネスユニバーシティのガイド。トレーナーAmitaの好意によりワンネスコミュニティでシェアされる。

The Guides at the Oneness University asked that this teaching about the difference between the levels of awakening and levels of consciousness be shared with the Oneness community. The following is courtesy of Oneness Trainer Amita.

The responses of an awakened person comes from their level of consciousness. So let's say your level of awakening is 50, but your responses to life come from a low level of consciousness or survival, then your response will be poor. However, if your level of consciousness is high but your level of awakening is low, you are genuinely a great being with proper responses.

目覚めた人の応答(responses)は、彼らの意識レベルに由来します。

たとえば、あなたの目覚めのレベルが50だとしましょう。

しかし、あなたが低い意識レベルや生き残りのために人生に応答すれば、お粗末なものになるでしょう。

しかしながら、意識レベルが高くて目覚めのレベルが低ければ、適切な応答によるために、あなたは純粋に偉大な人物です。

The level of awakening is only one perimeter of measuring awakening. There are many levels to awakening. There are levels of gratitude; contentment of life; joy; happiness; bliss; flowering of the heart; engaging and flowering in life; and finally, levels of Oneness.

目覚めのレベルとは、目覚めを計るためのひとつの境界線にすぎないのです。

目覚めには多くのレベルがあります。

感謝、人生への満足、歓び、幸福感、至福、ハートの開花、人生への没入と開花など多くのレベルがあります。

そして最後にはワンネスのレベルが。

The awakening level only shows the amount of changes that have occurred in your brain in order to "stay with what is." Therefore, if your awakening level is 50, then your capacity to "stay with what is" is 50% of the day.

目覚めのレベルとは、“あるがままに留まる”ために、脳に起こっている変化量を示しているに過ぎないのです。

ですから、目覚めのレベルが50ならば、“あるがままに留まる”キャパシティは1日のうちで50%です。

Now, imagine for a moment that you upgraded your car to a beautiful Maserati. The maximum speed of this car is 280 mph. How often do you think that you will drive that car at 280 mph? Maybe you normally drive at 30, 50, 70 mph and on rare occasions at 280. So, just because the car has the capability to drive at 280 mph, it does not mean that each time you get in the car you will drive at 280 mph. Similarly with your brain, just because a person's level of awakening is 50 does not mean they operate at that level at all times.

さて、車を素晴らしいマセラティ(訳注:イタリア製の高級スポーツカー)に買い換えたと想像してみましょう。

この車の最大速度は時速280マイルです。その車を時速280マイルで走らせる頻度はどれほどあるでしょうか? 

たぶん、普段は30、50、70マイルで運転して、280マイル出すのは稀な機会でしょう。

このように、時速280マイルの性能を持っているからといって、その車に乗っていればいつでも280マイルで走らせることを意味しません。

同じように、あなたの脳が目覚めのレベル50だからといって、常時そのレベルで働くことを意味しないのです。

The level of consciousness could be measured by observing how long your are able to "stay with what is" each day. How many hours per day can you drive at 280 mph? If you are experiencing pure joy for one hour a day (in whatever activity), but you are experiencing a survival level of consciousness for the other 23 hours, then your level of consciousness is at survival level. However, if you are experiencing joy in all that you do for 23 hours a day, then you are operating from higher levels of consciousness.

あなたが一日のうちでどれほど長い間“あるがままに留まる”ことができるかを観察すれば、意識レベルを計ることができます。

一日のうちで、あなたは何時間280マイルで運転できますか? 

一日のうちで1時間、(行動の如何を問わず)純粋な歓びを経験していて、反対に残りの23時間は生き残りの意識レベルを経験してれば、あなたの意識レベルは生き残りのレベルです。

その一方、何をやっていても1日のうち23時間が歓びの経験であるならば、あなたはより高い意識レベルによって働いています。

Engaging in life will give you infinite possibilities to be, to see, and to experience your "inner world" in order to grow in all levels of awakening. If you don't grow and transform in all levels, then your awakening will not benefit you or others.

あらゆるレベルの目覚めの中で成長するために、人生への没入は、存在すること、見ること、自分の内面を経験することの無限の可能性を与えてくれるでしょう。

あらゆるレベルで成長せず変容しないならば、目覚めはあなたにも他者にも役に立たないでしょう。

When you are awakened and you are "staying with what is," internally you will start enjoying what you are doing: being a mother, a father, healer, salesman, doctor, plumber, artist, teacher, etc. Naturally, in the outside world you will start putting more effort into your job, to do it very well and to get what you want. Growing in heartfelt gratitude, deepening your connection with your Divine and daily sadhanas are also some of the ways you can grow in your levels of consciousness.

あなたが目覚めて、あるがままに留まっていれば、最初に、母であること、父であること、ヒーラー、セールスマン、医者、配管工、芸術家、教師など自分がやっていることを楽しみ始めるでしょう。

外側の世界では、自然に仕事により注力し始めるでしょう。仕事をとても上手くこなして、望むものを獲得するでしょう。

心からの感謝が高まり、自分のデヴァインとのつながりが深まって、日々のサダナもまた、意識レベルを成長させる方法として役立つでしょう。

Although awakening and consciousness are not the same thing, they are closely related. When you are awakened and you are growing in levels of awakening and consciousness, then you automatically start responding to life rather than reacting.

目覚めと意識は同じものではありませんが、両者は緊密に関係しています。

あなたが目覚めて、目覚めのレベルと意識レベルで成長しているとき、あなたは自動的に、反応する(reacting)よりも、人生に応答(responding)を始めるでしょう。

【参考】

Darshan with Sri Bhagavan hosted by Brazil for Latin American Countries. March 29, 2014.

Q1. Beloved Dear Bhagavan, are the awakening and the increase in level of consciousness different processes? Do all awakened ones have a high level of consciousness??

Q1: 親愛なるバガヴァン、目覚めと意識レベルの向上は異なるプロセスなのでしょうか。

目覚めた人は誰でも、高い意識レベルを持っているのでしょうか?

Sri Bhagavan - They are entirely different things. Levels of awakening indicate the time duration as to how long one stays with what it is without effort. That's what the level of awakening indicates.

A1: その2つは全く異なります。

目覚めのレベルは、努力することなく”あるがまま”に留まる時間が継続する長さを示しています。

それが目覚めのレベルが表すことです。

The level of consciousness indicates how much your self has expanded. Initially your self is concerned only about yourself. Then it expands to cover your relatives and friends, then your society, your country, and the world at large....the infinite, the vast... So your self keeps expanding. The level of consciousness indicates how much your self has expanded.

意識レベルは、あなた方の自己がどれほど拡大しているかを示します。

最初は、あなた方の自己は自分自身だけを考えます。それから親類や友人のことを思うまでに拡大します。

そして自分たちの社会、自分たちの国、世界全体を…。無限に、とても大きく…。

そのようにあなた方の自己は拡大を続けます。意識レベルは、あなた方の自己がどれほど拡大しているかを示します。

People in high levels of awakening need not necessarily be in high levels of consciousness, because they are different things.

目覚めのレベルが高い人々が必ずしも高い意識レベルにあるとは限りません。この2つは異なることだからです。


Sri Bhagavan - USA / Canada Webcast Darshan, Sept. 21st, 2013.

http://youtu.be/2xhYu-KV_wk

2013年9月21日アメリカとカナダのダルシャン


Q5. Beloved Bhagwan. Could you please explain to us the process of transformation after awakening.


Q5: 親愛なるバガヴァン、目覚めたあとの変容のプロセスについて説明していただけますか?

A5. The brain is neuroplastic in nature. When the brain changes, your perception changes. When perception changes, your brain changes. What we do in the process is, we initiate a brain change. And when the brain changes, we tell you, you are awakened.

Now when the brain changes, initially, you might be aware of it or you might not be aware of it. Therefore we tell you, you are awakened or not. And we also give you a number. The number indicates the amount of change which has taken place in the brain. This you could call the first step of awakening.

Once this has happened, you will be able to stay with the 'what is' without effort. When that happens, we call it the second level of awakening. Now when this happens, you might be aware that you're awakened, or you might not be awakened, or you might not be aware that you're awakened. In which case, we again inform you whether you are awakened or not and what has happened to the brain.

At the third level the staying with the 'what is' happens for more than 49 minutes. Initially it happens for 3 minutes, 5 minutes, 7 minutes and then slowly it moves to 49 minutes. When it moves to 49 minutes, you will know you are awakened. No one need tell you "you are awakened". You know it. Once that happens, transformation starts.

Transformation means the flowering of the heart. Flowering of the heart means, just like the brain change, the heart physically changes. Once that happens, you will feel connected to people, to animals, to plants, to the whole of nature and you're deeply concerned about others and you become very, very responsible and you become totally conflict free. This is the third level of awakening.

Once this has happened, the staying with the 'what is' without effort grows in time. It becomes 2 hours, 3 hours, 4 hours. Finally it becomes 24 hours and it happens very naturally and easily like breathing. Once that happens, we call you fully awakened or we say you are enlightened and no one need tell you that. You will know it for yourself.

And then begins God Realization. Now this whole process, we call it the long way. It's a long process. The short process is or the short way is your divine must physically manifest to you. And if your divine physically manifests to you and talks to you, it's all over in no time. Be it full awakening or transformation or anything for that matter. It's all over in no time. That is the short way. Now Oneness is moving towards the short way. It's up to you to choose the long way or the short way.

A5: 脳は、神経の可塑性に富む性質をもっています。脳が変化するとき、知覚が変化します。

知覚が変化するとき、脳が変化します。私たちは、プロセスで最初に脳を変化させます。

そして脳が変化したとき、私たちは、目覚めた、と告げます。

さて、脳が変化したとき、最初はそれを意識するかも知れないし、しないかも知れません。

ですから、私たちは、目覚めたかそうでないかを告げます。

そして、数字を与えます。その数字は、脳の中で起こった変化の度合いを表しています。

これが、目覚めの第一のステップと呼ばれるものです

これが起こると、あなたは、努力しないで、”あるがまま”に留まることができるでしょう。

そうなれば、目覚めの第二のレベルです。

そこでも、あなたは目覚めていると意識するかもしれないし、しないかも知れません。

あるいは目覚めていることが分からないかもしれません。

どのケースであれ、私たちは、目覚めているかどうか、脳の中で何が起こっているかを、お知らせします。

第三のレベルでは、49分間以上、”あるがまま”に留まるようになります。

最初は、3分、5分、7分ですが、ゆっくりと49分間まで伸びていきます。

49分間に達すると、あなたは自分で目覚めていることが分かるでしょう。

誰かに、「目覚めていますよ」と言われ必要はありません。自分で分かるのです。それが起こると、変容が始まります。

変容とは、ハートの開花を意味します。脳が変化するのと同じく、ハートの開花もハートの物理的な変化です。

それが起こると、あなたは、人々、動物たち、植物たち、自然全体とのつながりを感じることでしょう。

そして、あなたはとても責任感が強くなり、完全に葛藤がなくなります。これが目覚めの第三のレベルです。

そうなると、努力しないで”あるがまま”に留まる時間が延びていきます。

2時間、3時間、4時間と。最後には24時間になり、(”あるがまま”に留まることが)息をするように自然で容易になります。

そうなったら、私たちは、完全に目覚めたfully awakened、あるいは覚醒した(渡辺注:悟った)enlightened、と呼びます。

もう、誰かから教えられる必要はありません。あなたは自分でわかるでしょう。

そうすると、神実現が始まります。この全体のプロセスを、私たちは長い道のり、と呼びます。それは長いプロセスです。

短いプロセス、あるいは短い道では、あなたのデヴァインが物理的にあなたの前に現れます。

そして、もしあなたのデヴァインが物理的に現れて、あなたに語りかければ、その瞬間に完了です。

目覚めも変容も、必要ななにもかもが満たされます。瞬時に完了するのです。

それが、短い道です。今、ワンネスは短い道へと向かっています。

長い道と短い道のどちらを選ぶかは、あなた次第です。

SRI BHAGAVAN WEBCAST WITH HUNGARY - OCTOBER 6, 2013

2013年10月6日ハンガリーダルシャン

Q5. Bhagavan what does the level of awakening mean? What changes in a being as the level of awakening increases Bhagavan?

Q5: バガヴァン、目覚めのレベルは何を意味するのでしょうか? 

目覚めのレベルが向上すると、その人の中で何が変化するのでしょうか、バガヴァン?

A5. When we talk of the level of awakening, we are talking about the amount of change that has happened in the brain. When awakening happens, by a change in the brain we call that awakening 1. After that, if you are able to stay with 'the what is' without effort because you are awakened, we call that level 2 awakening. When this happens for more than 49 minutes, we call that level 3 awakening. Once this happens for more than 49 minutes, the heart begins to change. We call that level 4 awakening.

Then what happens is staying with 'the what is' without effort happens all the twenty four hours we call that level 5 awakening. We also use the terms fully awakened or enlightened. Thereafter begins God Realization. The number that we give you indicates the amount of brain change.

A5: 私たちが目覚めのレベルを語るとき、脳の中で起こっている変化の量について述べています。

脳の変化によって目覚めが起こったとき、私たちはそれを、目覚め(のレベル)1、と呼んでいます。

その後、目覚めたことによって努力することなく”あるがまま”とともにいることができれば、レベル2の目覚めと呼びます。

これが49分間以上起これば、レベル3の目覚めと呼びます。

ひとたび、これが49分間以上起これば、ハートが変化し始めます。それをレベル4の目覚めと呼びます。

 そして、努力することなく”あるがまま”とともにいることが1日24時間続けば、レベル5の目覚めと呼びます。

それは、完全な目覚め、あるいは覚醒 (渡辺注:悟り)fully awakened or enlightened とも呼んでいます。

その後に神実現が始まります。わたしたちが与えている数字は、脳の変化の量を表しています。

Q6. Bhagavan what is the difference between the level of consciousness and the level of awakening, Bhagavan?

Q6: バガヴァン、意識のレベルと、目覚めのレベルのあいだの違いは何でしょうか、バガヴァン?

A6. When you are awakened and you look at a tree, you do not feel separated from the tree. We call that the level of awakening. Depending on a higher the level of awakening, you become the tree itself.

Consciousness on the other hand, indicates how bright and how clear the tree is to you. You are still there and there is a separation between you and the tree, but the tree is bright and clear. That is a higher level of consciousness, but at the higher level of awakening, you and the tree are not separate. You the observer become the observed that is the tree. That is the difference.

A6: あなたが目覚めていて樹を見れば、樹から分離しているとは感じません。

私たちは、それを目覚めのレベルと呼んでいます。目覚めのレベルが高まるにつれて、あなたは樹それ自身になります。

 一方、意識は、樹があなたにとってどれほど鮮やかでクリアかを示しています。

あなたはまだそこにいて、あなたと樹のあいだには分離があります。しかし、樹は鮮やかでクリアです。

それは高いレベルの意識ですが、高いレベルの目覚めでは、あなたと樹は分離していません。

観察者であるあなたが被観察者となり、それは樹なのです。

"Effortless Effort" - Explained by Sri Bhagwan.



2009年12月19日メキシコダルシャン

Q1: 私の両親との関係についてです。私は時々、多くの痛みを癒されたと感じるのですが、状況が変わると、とても癒されているのに、なぜか私は前進しているのではなく後退していることに思い至ります。

私には何ができるのでしょうか、バガヴァン?

A1: 人生は関係性です。それはとても生き生きとしているものです。

私たちがここで扱っているのは、何か死んだ過去のことではありません。

ですから、私たちがあなたとご両親の関係性について語るときに、それはあなたが何かの仕事をやり終えて癒されている、という意味ではないことを、あなたは理解しなければなりません。

そんなことではないのです。

教えは正確に理解されなければなりません。

教えが意味するのは、あなたがその問題と親しむようになっているbecome alive to ということなのです。

問題は目の前にあるのです。しかし、人々は問題に気づいていません。人々は問題に親しんでいません。

この「気づき」とは、単なる知識という意味ではありません。それは手に蛇を握っているような状態です。

それはとても強烈なことなのです。私たちはそのような状態、そのような気づきについて語っているのです。

あたかも蛇を握っているような強烈な状態にあるときに、あなたは癒されているのです。

癒しとは、痛みが永遠に消えてしまうことではないのです! 痛みは必ず戻ってくることでしょう。

もし、あなたの気づきのレベルが低下すれば、あなたの気づきのレベルに応じた癒しがそこにあることでしょう。

それで全くかまわないのです。

しかし、あなたが気づきから滑り落ちれば、痛みは戻ってきます!

それは何かの病気が治って自由になる、というようなことではないのです。そんなことではないのです。

それは生きているものなのです。関係性は生きているものです。人生は生き物であり、人生は関係性です。

関係性がなければ人生もありません。

ですから、それは、そこにあるのです。いつも見ているのです。それは立ち現れては消え、再び現れます。

それはあたかもあなたの内側に完全な人格がいて、それぞれの人格が交替でやって来て、留まり、去って行き、そしてまた別人格がやって来るというように、浮き沈みを繰り返します。

ですから、あなたが「私は癒された!」という観念を表明するなら、それは違います。

そんなことではありません。たとえあなたが目覚めていても、強烈に意識しなければなりません。

もし、どこかの時点であなたが意識することを忘れれば、それは戻ってくることでしょう。

目覚めた人は、ただ、すぐに立ち直るのです。目覚めが戻ってくるでしょう。意識することが戻ってくるでしょう。

そして彼は美しい状態に戻ることでしょう。あなたはいつでも滑り落ちるかもしれないのです。

同じく、あらゆるものが癒された、と思ってはいけません。違います!多分チャージが少し減ったのでしょう。

それだけのことです。あなたが意識していなければ、それは戻ってくるのです。

ですから、あなたは、もっともっと意識することを学ぶために、より多くの時間を費やさなければなりません。

おそらく、最初は2,3分、それから数時間になるでしょう。やがて数日間の長さとなります。

そのように進んでいきます。そして、ほとんど恒常的になります。

Q2: バガヴァン、私にとって、感情や問題などを手放すことがとても難しいのです。

多くのことが残留していると感じ、そして私はそれを溜め込んでいます。

インドで最初のコースを取ってから私は自分の感情をより意識するようになり、自分が(聞き取れず)に中にいることを許していますが、それでも私は物事を完璧に経験せず、それで欲求不満になります。

私は何が出来るのでしょうか、バガヴァン?

A2: 私たちは、感情や問題を手放しなさいとか、溜め込むのは止めなさいと言ったことはありません。

決してそうではありません。それは教えではありません!

私たちが教えていることは、どうか分かってください、それは一つのマインドなのです。それは太古のマインドなのです。

太古からそうあるのです。数百万年前から変わらないのです。

人類の脳が変わらない限り、そして変わるまでは、ずっとそうあり続けるのです。

もう一つは、あなたのマインドとか私のマインドとか彼のマインドではないのです。それは一つの人類のマインドなのです。

ですから、私たちが認識あるいは理解していただきたいのは、それは変えることができない!ということなのです。

そこにあるものが何であれ、変えることは不可能なのです。変化の不可能性があなたを徹底的に打ちのめします。

それが私たちが語っていることです。私たちは、物事を変えるようには全く頼んでいません。私たちは、そう語り続けているのです。

それこそ、人類が百万年にわたってやり続けてきたことなのです。変えようとする試み。

それは犬の尾を真っ直ぐにしようとするようなものです! そんなことはできません。

さあ、誰かが犬の尾を真っ直ぐにしようと試みれば、それは変えることが出来ないと思い知るでしょう。

そして彼はあらゆる努力を諦めます。諦めたときにそこにあるものは、平安です。静寂があるのです。

静穏があるのです。葛藤がなくなっているのです。

同じように、あなたが抱えている問題とは、何かの教えを聞き目覚めた人について何かを聞き、そのようになりたいと思い、そしてこれから自由になりたいとか何かが欲しいと望むのです。

あなたはこれを変えたいと望み、そして失敗します!それは、教えが語っていることではありません。

教えは、ただ、それらに気づいていなさい、と述べているのです。それだけなのです。

あなたが何を見ているか、あるいは何が起こっているかは問題ではありません。

私たちが認識して欲しいと望むことは、それは変えることができない、ということです。

あなたはそれらのことを諦めることができず、そして不思議なことに、私たちはこれを強調しません。

なぜなら、それは再び観念になるからです。

あなたが変えようとすることを止めれば、そこにあるのは平安です。葛藤はなくなります。

そこにあるのは歓びです。

しかし、あなたが「私は葛藤から解放されている」「私は平安だ」「私には歓びがある」と言おうとすれば、この世の終わりの日まで決してそれは得られないでしょう!

それは全て、諦めの問題なのです。故意にではなく、努力を通してではなく。

ですから、私たちは「努力しない努力」を語っているのです。

もし、あなたが諦めようとして諦めれば、それは誤りです。騙しているだけです。マインドはあなたを騙しています。

それは枯れ葉のように脱落しなければなりません。枯れ葉は自動的に落ちます。

同じように、私たちがあなたに理解して欲しいのは、変えることは不可能だ、ということです。

変えようとするあなたの努力、それが問題なのです。問題はそれ自身では存在しません。

それはあなたの問題なのです。つまり、あなたがそれを変えようとすること(が問題なのです)。

あなたはそれを変えようと望んでいます。あなたはこれは正しい、これは悪いと言います。

それはこうあるべきだ、それはあああるべきだ、その努力が問題なのです!

それは悪いと言う、それが問題です!それは正しいと言う、それが問題です。私はそれを変えようと言う、それが問題です!

あなたは「私は嫉妬を変えなければならない」と言います。それだけが嫉妬なのです。

もしそのような努力がなければ、嫉妬もまたないのです。なぜなら、嫉妬を抱いている“誰か”などいないのです。

 あなた・イコール・嫉妬、なのです。そこにあるのは、ただ、嫉妬だけなのです。

しかし、あたかもあなたが嫉妬に苦しんでいるかのように見えるのです。

そして、あなたは嫉妬から自由になろうとするのです。どうやって嫉妬から開放されるというのでしょう?

 あなたは嫉妬に過ぎないのです。あなたが嫉妬に苦しんでいるのではないのです。

もしそうであるとしたら、私たちはそれについて何か出来るでしょう。しかし、真実はそうではないのです!

 ですから、それは、ただそこにあるのです。なぜ、それについて煩うのでしょう? 

それは、ただそこにあるのです。山がそこにあるように、雲がそこにあるように。

あなたは、 山も雲も・・・できません。

ただ、それらを見なさい。ただ、それらを見なさい。人生にとって、それが全てです。

ただ、見るだけなのです。私たちは、これを“意識 AWARENSS”と呼びます。

私たちは、これを“目覚めAWAKENING”と呼びます。それは、何か達成するものではありません。違うのです!

ただ、やることは何もないと認識するのです。別の機会に、さらに深く進みましょう。

以上、《カルキ バガヴァン ダルシャン集  Kalki Bhagavan's Darshans》 より転載終わり

PCbyu.jpg


最新記事
プロフィール

三休さん

Author:三休さん
のブログへようこそ!

昭和28年東京都江戸川区  小松川の生まれ

都電の西荒川駅前にあ
った生家には、故赤塚不二
夫さんが下宿していました。

上の写真は、昭和30年5月石森章太郎さんが赤塚さんを訪ねてきた時のもの。

赤塚さんは、その2年後有名なトキワ荘に引越しました。

徒歩数分の石毛肉店には、私と一緒に住んでいた従姉と同じ深川高校に通う五月みどりがいて、この翌年に歌手デビュー。

生家の2軒隣にその数年後、横綱柏戸が引越してきました。

私は、その後両親が近所に建てた家に引越したのですが、3軒隣にラグビー日本代表だったターザン橋本(本名橋本晋一)氏が住んでいて息子が私と同級生。

息子H君はその後早稲田ラグビー部の主将。

私が小中学校時代に通ったラグビースクールで一緒にプレーした新日鉄釜石7連覇の立役者Mr.ラグビーと言われた松尾雄治君とその後早明戦で戦ったのには驚きました。

私も高校でラグビー部に入ったのですが、挫折。結局それが遠因で、精神世界に。

そして今に至るのですが、何が幸いするか分かりません。

もし、そのままラグビーを続けていれば、何がしかの世界で成功したかもしれませんが、失敗の人生を歩んでいた可能性があります。

真の意味での成功者とは、永遠不滅の至福の境地である「悟り」に達した人々のことであり、そこに向かって着実に前進している人々のことを言います。

(「悟り」「真の成功者」に関して詳細は、本ブログ記事「ホイットニーの死をバガヴァンの教えから考察する」等をご参照ください。)

まさに「人間万事塞翁が馬」。

趣味は瞑想です。

1977年から瞑想しています。      
基本的に24時間瞑想しています。
もちろん、座って瞑想するのも大好きです。

意識の内側へ入れば入るほ
ど、より覚醒し、より自由に
なってゆきます。

瞑想をとおして、
この世界のあらゆる楽しみ、
快楽をはるかに凌駕する
時間、空間を超えたこの
現象世界の源である
永遠不滅の純粋意識、
そしてその本質である
絶対的な自由と愛と至福を体験します。

多くの方にこの事実を体験を通
して知って頂きたいと思ってい
ます。

覚醒剤もドラッグもいりません! 

ただし、瞑想には、効果的で正しいやり方があります。

正しい角度で飛び込み、正しい泳ぎ方を身につけることで、スムースに海中深くに潜ることが出来ます。

それと同様で、効果的に効率よく、マインド(心)の内側深くに入り、究極的にはマインドを超越する方法が、正しい瞑想法です。

古来より覚者方より様々な瞑想法が、伝えられております。

マインド(心)は、永遠でもなく、真我(本当の私)ではありません。

その正体は思考であり、常に変化して止まず、幻影です。

リンク先 (有)楽趣美サイトもご覧下さい。

★ブログの内容に関するお問い合わせに対しては、個別に返事は出来ません。

当社㈲楽趣美(八王子市)の営業内容(インド占星術・ヴァストゥ鑑定、遠隔ディクシャ他)に関するお問い合わせやお申し込みは、上記楽趣美サイトよりお願いします。

月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QRコード