G・ボーネルの予言と恐いほど当たると評判の最新科学的予測が一致

予言と科学的予測が一致、年初大地震に要注意 

tokyofujisan.jpg
(写真は、東京新聞より)

明けましておめでとうございます。いよいよ2015年となりました。

以前の記事「地球が確実に黄金時代へ向かっているこれだけの証拠」で書いたように、本年は、シュリ・バガヴァンによると愛が溢れる年となるようです。

これまで以上に銀河の中心から来るエネルギーが増大し、更に多くの人々が覚醒してゆくものと思われます。(この辺の詳細は、以前の記事「2012年の究極の錬金術」をご参照ください)


エゴを手放さなければ、どんどん苦しい状況に

自分さえ良ければいい、自分の家族さえ良ければいい、自分の国さえ良ければいいというエゴ・マインドに支配されている人々は、浄化作用の為に苦しい状況が現出することが予想されます。

この時代を軽やかに生き抜くためには、エゴを手放して、他者に対して助けとなることが出来る人間になる必要があります。

その為には、瞑想やヨーガ、ディクシャやヒーリング、座禅や内観など有効な方法がいくつもあります。

そして、自身のハイアーセルフであるパラ・アートマ(※)や守護霊への感謝を忘れずに、またパラ・ブラフマン(※)への奉仕の気持ちで活動してゆくことが重要です。

更に幸運となり、進化が早まりますので、是非とも実践して頂きたいと思います。

※パラ・アートマ  自他一体となる意識状態において認知される真我であるが、守護神的存在
※パラ・ブラフマン こちらも究極的には真我であるが、大元の大宇宙の創造主


G・ボーネルの予言と恐ろしいほど当たると評判の最新科学的予測が一致

さて、今年は、最近の記事「震度9から東京を守っていたのは”宇宙の人”たちだった?!」にも書いた通り、大地震の不安があります。

この記事の宇宙人コンタクティであるChiran氏、ゲーリー・ボーネル氏や透視能力者のYさん、やはり以前の記事「2015年5月22日関東大震災の予言の現実味」の予知能力があると言われるママの予言など、今年は日本列島周辺で大地震の可能性を言われています。

また、地震学者らの予測でも、近い将来の関東や南海、東海などの大地震の可能性が指摘されています。

特に最近注目されているのが、測量学の世界的権威だった村井俊治東大名誉教授の「MEGA地震予測」です。

最近でも11月22日に起きた白馬村のある長野県北部地震を、2ヵ月半前の週刊ポスト誌上でぴたりとピンポイントで予測を出していました。

jishinmap2.jpg
(週刊ポストより、赤矢印と赤文字は、筆者加筆)

週刊誌上では、2014年後半「大地震の予兆マップ」で飛騨・甲信越・北関東を「要警戒ゾーン」として、特に白馬を「異常変動地点」として名指しで示していたということで、ネット上でも話題となったようです。

確かに、地図を見ると、白馬で8.33cmの異常変動が見られます。

地図の南の方に目をやると、首都圏・東海警戒ゾーンの中に、厚木8.71cm、湯河原7.17cm、海上に目を移すと、三宅3 8.74cmという数字が見えます。

このゾーンの内部には小さい黒点でしめされた5cm以上を計測した電子基準点がいくつも見えます。

この辺りは、丁度ゲーリー・ボーネルが、以前の記事「魚の大量死は地球大変動の印(G・ボーネルの予言他)」でまさに予言した場所です。

その記事からその部分をもう一度、転載します。

「地震がもっとも活発なエリアは東海地方で、マグニチュード9の地震が2015年の初期に起きるでしょう。

震源地は本州沖の、伊豆半島の南方のトラフ(海溝)付近です。もっとも激しい揺れは、静岡県伊東市の海岸線あたりで感じられます。

この地震は、本州の内部に向かうように見えるマグニチュード7程度の、一連の4つの群発地震を引き起こします。

伊東市の地震の1週間後、東京に直下型のマグニチュード8の余震が起きるでしょう。

古いビルや老朽化したインフラ(設備)は崩壊します。

東京での余震の1週間後には、東京沖の海底を震源地とする一連の地震が、太平洋方向へ向かう直線上に起きるでしょう。これは異なる断層の影響を受けたものです。

最大の脅威は、南方の海岸沿いに起きる何回かの津波ですが、和歌山県の新宮市と宮崎県が大きな被害を受けるでしょう。

太平洋上にある低い島々も、津波がハワイ方向へ向かって押し寄せる時に甚大な被害を受けます。

東海エリアの地震は8と10のちょうど真ん中あたりの規模で、恐らく9・2ぐらいだと思われます。

これは東日本大震災のM 9・0、関東大震災のM 7・9 よりも大きいですが、いいニュースは揺れる時間が非常に短いことです。もしその規模のものが長ければ、インフラは相当激しい損害を受けるでしょう。

マグニチュード9・2~9・3規模の地震が東海沖で起きると、ドカンという大きな揺れが来て、それが東京周辺の断層全部に影響し、それによって東京のインフラが被害を受けます。

地震は2015年にやってきます。ですから2ヶ月分くらいは乾燥した食料を用意しておく必要があります。」

ということで、奇しくもゲーリー・ボーネル氏の予言と村井氏の電子基準点の異常変動観測による警戒ゾーンとが一致しており、これはかなり要注意です。

ただ、昨年はワンネス・ディクシャをされている多くの皆さんが、シュリ・バガヴァンと一緒に日本に災害が起こらないよう、時間を合わせ同時に瞑想し祈りましたので、大災害は避けられるかと思いますが、一応、大地震が何時来てもいいように準備はしておいた方が宜しいかと思います。

私の40年来の友人が、3.11を予言したとして大変有名になった松原照子さんとも大変親しくしており、頻繁に情報が入って来ているようですので、またその辺から何か情報が入ってきたらお伝えしたいと思います。

それでは、本年も宜しくお願いします。

PCbyu.jpg
最新記事
プロフィール

三休さん

Author:三休さん
のブログへようこそ!

昭和28年東京都江戸川区  小松川の生まれ

都電の西荒川駅前にあ
った生家には、故赤塚不二
夫さんが下宿していました。

上の写真は、昭和30年5月石森章太郎さんが赤塚さんを訪ねてきた時のもの。

赤塚さんは、その2年後有名なトキワ荘に引越しました。

徒歩数分の石毛肉店には、私と一緒に住んでいた従姉と同じ深川高校に通う五月みどりがいて、この翌年に歌手デビュー。

生家の2軒隣にその数年後、横綱柏戸が引越してきました。

私は、その後両親が近所に建てた家に引越したのですが、3軒隣にラグビー日本代表だったターザン橋本(本名橋本晋一)氏が住んでいて息子が私と同級生。

息子H君はその後早稲田ラグビー部の主将。

私が小中学校時代に通ったラグビースクールで一緒にプレーした新日鉄釜石7連覇の立役者Mr.ラグビーと言われた松尾雄治君とその後早明戦で戦ったのには驚きました。

私も高校でラグビー部に入ったのですが、挫折。結局それが遠因で、精神世界に。

そして今に至るのですが、何が幸いするか分かりません。

もし、そのままラグビーを続けていれば、何がしかの世界で成功したかもしれませんが、失敗の人生を歩んでいた可能性があります。

真の意味での成功者とは、永遠不滅の至福の境地である「悟り」に達した人々のことであり、そこに向かって着実に前進している人々のことを言います。

(「悟り」「真の成功者」に関して詳細は、本ブログ記事「ホイットニーの死をバガヴァンの教えから考察する」等をご参照ください。)

まさに「人間万事塞翁が馬」。

趣味は瞑想です。

1977年から瞑想しています。      
基本的に24時間瞑想しています。
もちろん、座って瞑想するのも大好きです。

意識の内側へ入れば入るほ
ど、より覚醒し、より自由に
なってゆきます。

瞑想をとおして、
この世界のあらゆる楽しみ、
快楽をはるかに凌駕する
時間、空間を超えたこの
現象世界の源である
永遠不滅の純粋意識、
そしてその本質である
絶対的な自由と愛と至福を体験します。

多くの方にこの事実を体験を通
して知って頂きたいと思ってい
ます。

覚醒剤もドラッグもいりません! 

ただし、瞑想には、効果的で正しいやり方があります。

正しい角度で飛び込み、正しい泳ぎ方を身につけることで、スムースに海中深くに潜ることが出来ます。

それと同様で、効果的に効率よく、マインド(心)の内側深くに入り、究極的にはマインドを超越する方法が、正しい瞑想法です。

古来より覚者方より様々な瞑想法が、伝えられております。

マインド(心)は、永遠でもなく、真我(本当の私)ではありません。

その正体は思考であり、常に変化して止まず、幻影です。

リンク先 (有)楽趣美サイトもご覧下さい。

★ブログの内容に関するお問い合わせに対しては、個別に返事は出来ません。

当社㈲楽趣美(八王子市)の営業内容(インド占星術・ヴァストゥ鑑定、遠隔ディクシャ他)に関するお問い合わせやお申し込みは、上記楽趣美サイトよりお願いします。

月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QRコード