新宿区で見た不正選挙のからくり

新宿区での不正選挙内部告発映像

marukawa2.png
(実際の映像は、下の方にあります)

これまでも不正選挙のことを何回か取り上げてきましたが、不正選挙内部告発映像が出てきましたので、紹介させて頂きます。

と言っても、不正選挙実行側として実際に関った人ではなく、昨年7月の参院選の開票に携わった方が、体験を語っている映像です。

その内、不正選挙実行側から、内部告発者が出てくることを期待しています。

「みんな楽しくHappy♡がいい♪」というブログで紹介されていたものです。

(以下、転載開始)

<不正選挙のカラクリ>新宿第28投票所に全ての施設票、病院票が集められます。2/6(文字起こし)

140206 「舛添要一を都知事にしたくない女たちの会」 立ち上げ記者会見

舞踊家 マリカさん

29:34~

子宮頸がんワクチン

四谷でダンス教室をやっておりますマリカと申します。

私はジャズバレーのレッスンをしているんですけれど、生徒さんの中でやはり(子宮頸がん)ワクチンを接種した方がいるんです。

そしてもう、体の具合が悪くて悪くて、「普通になれなくなってしまった」って言うんですね。

そして副作用で苦しんでいる少女たちがいるっていう、そういうのを読むのと違って、私は毎週顔を見て、一緒にダンスのレッスンをしているその人が、「今日も具合が悪い」と。

「あのワクチンを接種して以来ずっとこうなんだ。
 
その前までは自分はすごく元気だったし、スポーツも沢山やっていた」というのを聞いて、実際に実在する、私のよく知っている人がそういう事を言うので、これは大変な事なんだ。

でもこの人も泣き寝入りをしているんですね。

それで、その人に対して何の補償も出ないですし、そして個人がそれぞれの小さな存在ですから、訴訟を起こすなんていう事も出来ないですし、ですから、一つ一つの点であって、なんにも力がないので、本当にかわいそうだと思います。


不正選挙


それで、どうやってこの閑古鳥が泣いている選挙演説の人がトップなのか?

とても不思議ですけれど、ですけど私は参議院選挙の時に開票立会人をやってみて、それでどうやって急にトップ当選の人が、やはり閑古鳥の選挙戦をやっていた方が東京でトップ当選したんですけれど、「どうしてだろう?」というのが、なんかわかったような気がするんです。

票というのは開票する時に500票ずつ増えていくんです。

皆さん500票ずつ増えていって、ところが、もうみんなが疲れて10時半だか11時位に急に1万票増えた人がいるんです。

その人がトップ当選しました。

ーー:えっ?それどういう意味ですか?

ですから500票ずつゴムで束ねたものが来るんです。

そして最初のころはみなさんに見せてくれるので全員が1枚ずつこうやって見て、「ちゃんと名前が書いてある」とか見るんですけれど、だんだん、「あ、これいちいち見ないでいいですよ、ハンコだけ押して下さい」ってなって、で、見ないでハンコだけ。

私は「おかしい、これカラ―コピーみたいだ、おかしい」と思ってハンコを押さなかったんですね。

で、ハンコを押さない人がいても、それでももう有効票として通してしまうんです。

ーー:えぇっ!?

そして、これって票の中で、点・点・点。

「これって、点が3つしかないから、これは無効票の中に入れていいですよね?」

「ダメです。これは有効票とみなします」

「え?どうしてですか?」

「これは点・点・点は川という字に見えないこともないから、 この川という漢字が付く人はこの人しかいないから、これは有効票で入れます」っていうふうに言われて、そうやってものすごく変な「えぇ~、これは・・・」っていう、

ーー:痴呆老人?

そうです、そうです、そうです。

組織票というのが施設票、病院票というのがありまして、新宿区は普通の一般の投票所以外に20か所の病院施設で特別投票所というのがあるんです。

その20カ所では、実際には寝たきりの方。

もう何も目も開けられない、ただ生きているだけの方、そういう方も選挙権がおありですし、それから府中の刑務所の中の方も刑が確定していない方は選挙権があります。

そして病院などは、理事長さんとか、院長さんとか、そういう方がまとめて書くのか、本人に無理に点を3個うたせたのか、それはわかりませんけれど、そうやって有効票をつくる。

そういうのがごっそりある。

本当に本人が書いたかどうかなんていうのも分からない訳ですね。

それから、カラーコピーは何度も何度もとっていると、そうするとコピー機の汚れが付くわけですね。

で、こうやって比べてみて、字が全く同じ。

そして投票用紙に書いた(枠まで)何ミリというのも同じ。

全く同じになんて人は書けないんですね。

顔も違う、声も違う、全然一人一人違う人なのに、それなのに全く同じ書体で、しかも間隔何ミリまで同じで書けないですよね。

ですから明らかにそれはカラーコピーだと思うんです、汚れも付いているし。

私は自分が投票用紙に書いた時に、記念のためにデジカメで撮ったんです。

それをみると、綺麗な白い紙で、そして真ん中に黒い汚れが付いていたりなんてしないですね。

ですからみなさんもご自分でお書きになった時に白い紙だったと思います。

ですけれども、こうやって見ると、

汚れが付いているのがすごく多くて、しかも同じ場所についている。

だからこれは明らかにカラーコピーだと思います。


ーー:それは「後から足した」っていうことですか?


そうです、そうです。

それで、第28投票所というのが新宿区にありまして、そこに全ての施設票、病院票が集められます。

で、そこで午後6時にもう全て開けてしまって混ぜるんです。


ーー:えーっ?


それもおかしくて、どうして8時に終わって開票所で開けないのか?と思うけれど、6時に開けて混ぜるんです。

そして開票所に持って行きますと、如何にも怪しい箱の場合は、他の一般票と混ぜてかるた会のようにこうやって混ぜるんです。

本当だったらかるた会のように混ぜる必要はなくて・・・。

私が言いたかったことは、不正をやられてしまう心配をしています。

そうでない限り、閑古鳥が鳴いている選挙演説しかなさらない方が1位の筈は絶対にないです。

marukawa.jpg



2013/08/23 「行政による票操作」が疑われる動画をネットに公開 ~選挙無効裁判に関する記者発表会

「通常、投票用紙はタテに折って投函するため、開票の段階で2枚が重なってくっつくことは考えにくい」──。
 
2013年8月23日(金)14時から、東京都港区にある男女平等参画センターで、原裕幸氏は、こう主張した。



<都知事選にムサシ導入>
練馬区要注意!!2月9日の開票結果で信用できるのは府中市 (NHKニュース9書き出しあり)


(転載終わり)
PCbyu.jpg

最新記事
プロフィール

三休さん

Author:三休さん
のブログへようこそ!

昭和28年東京都江戸川区  小松川の生まれ

都電の西荒川駅前にあ
った生家には、故赤塚不二
夫さんが下宿していました。

上の写真は、昭和30年5月石森章太郎さんが赤塚さんを訪ねてきた時のもの。

赤塚さんは、その2年後有名なトキワ荘に引越しました。

徒歩数分の石毛肉店には、私と一緒に住んでいた従姉と同じ深川高校に通う五月みどりがいて、この翌年に歌手デビュー。

生家の2軒隣にその数年後、横綱柏戸が引越してきました。

私は、その後両親が近所に建てた家に引越したのですが、3軒隣にラグビー日本代表だったターザン橋本(本名橋本晋一)氏が住んでいて息子が私と同級生。

息子H君はその後早稲田ラグビー部の主将。

私が小中学校時代に通ったラグビースクールで一緒にプレーした新日鉄釜石7連覇の立役者Mr.ラグビーと言われた松尾雄治君とその後早明戦で戦ったのには驚きました。

私も高校でラグビー部に入ったのですが、挫折。結局それが遠因で、精神世界に。

そして今に至るのですが、何が幸いするか分かりません。

もし、そのままラグビーを続けていれば、何がしかの世界で成功したかもしれませんが、失敗の人生を歩んでいた可能性があります。

真の意味での成功者とは、永遠不滅の至福の境地である「悟り」に達した人々のことであり、そこに向かって着実に前進している人々のことを言います。

(「悟り」「真の成功者」に関して詳細は、本ブログ記事「ホイットニーの死をバガヴァンの教えから考察する」等をご参照ください。)

まさに「人間万事塞翁が馬」。

趣味は瞑想です。

1977年から瞑想しています。      
基本的に24時間瞑想しています。
もちろん、座って瞑想するのも大好きです。

意識の内側へ入れば入るほ
ど、より覚醒し、より自由に
なってゆきます。

瞑想をとおして、
この世界のあらゆる楽しみ、
快楽をはるかに凌駕する
時間、空間を超えたこの
現象世界の源である
永遠不滅の純粋意識、
そしてその本質である
絶対的な自由と愛と至福を体験します。

多くの方にこの事実を体験を通
して知って頂きたいと思ってい
ます。

覚醒剤もドラッグもいりません! 

ただし、瞑想には、効果的で正しいやり方があります。

正しい角度で飛び込み、正しい泳ぎ方を身につけることで、スムースに海中深くに潜ることが出来ます。

それと同様で、効果的に効率よく、マインド(心)の内側深くに入り、究極的にはマインドを超越する方法が、正しい瞑想法です。

古来より覚者方より様々な瞑想法が、伝えられております。

マインド(心)は、永遠でもなく、真我(本当の私)ではありません。

その正体は思考であり、常に変化して止まず、幻影です。

リンク先 (有)楽趣美サイトもご覧下さい。

★ブログの内容に関するお問い合わせに対しては、個別に返事は出来ません。

当社㈲楽趣美(八王子市)の営業内容(インド占星術・ヴァストゥ鑑定、遠隔ディクシャ他)に関するお問い合わせやお申し込みは、上記楽趣美サイトよりお願いします。

月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QRコード