アルミニウムの毒、海外では販売規制

アルミは認知症を引き起こす!!

kan.jpg

(以下は、船瀬俊介著「知ってはいけない」(徳間書店)より抜粋、転載させて頂きました。)

アルミ鍋など英、仏、ベルギー、スイスで販売規制

アルミニウムの毒

●毒性を認めた米政府リポート 


アメリカのT・ベッツ博士の体験記です。 

彼は高級アルミ調理器具で毎日の食事を楽しんでいた。

ところが数年で悪性内臓疾患に冒された。

肝臓、すい臓、腎臓などにアルミニウム蓄積が判明! 博士はアルミ毒性を徹底調査する。 

彼は1925~30年、米政府が「アルミ毒性」の徹底調査リポートをまとめたことを知る。

連邦取引委員会は158人の証言を400ページの膨大報告書で公式発表していた。
 
そこにはアルミ器具で調理して病気になったり、食中毒を起こしたなど膨大な体験報告が記載され、同委員会は「アルミを有毒と断定する根拠」として「調理器具からの溶出アルミは人体に悪影響を与える」と判定しています。

米政府がアルミニウム有毒性を公式に認めていたことに驚きます。

以上の調査で博士はアルミ調理器具を追放した。

「すると8週間後には、わたしの健康が回復した!」と喜びを述べています。


●西独、仏、英、スイス等で販売規制 

さらに同リポート(ファイルNo.540)はアルミ調理器の害を警告。

①水を沸かすと悪性酸化水素が発生、

②卵をゆでると悪性リン酸塩を生成、

③肉料理で悪性アルミ塩化物が発生、

④ベーコン調理で強麻酔性の酸が発生。

⑤アルミは酸性症、赤血球激減、貧血症状を起こす。 

この衝撃リポートを受けて、当時、西ドイツ、フランス、ベルギー、イギリス、スイス、ハンガリー、ブラジルなどでアルミニウム調理器具の販売は規制されたのです。(『「食」器公害』現代書林、参照)


●アルミは認知症を引き起こす 

アルツハイマー患者の脳に大量アルミニウム沈着……!

1971年、カナダ人の医師クラッパー氏の発見です。

脳に沈着する〝奇妙なモノ″は調べてみると高濃度のアルミニウムでした。

英国の権威ある医学誌『ランセット』(1989/1/14) は「アルミにアルツハイマーの原因の疑い」と警告。

続いて、奇妙な符合が発見されました。

1972年、アメリカで人工透析を受けた患者が急性痴呆症で死亡する事故が起こりました。

解剖すると患者の脳にアルミが大量蓄積していたのです。

同様の医療事故が世界で頻発。

それは〝透析性痴呆症″と命名されました。

「患者の脳灰白質に蓄積したアルミニウム量は普通人の11倍!」(1976年、アルフレー医師)。
 
日本でも痴呆老人を死後解剖すると、脳のアルミニウム量は平均33.5マイクログラム/kg。

他の病気では18.8マイクログラム/kg。

痴呆老人の脳には通常の約1.8倍もアルミニウムが蓄積していたのです(和歌山県立医大 八瀬善郎教授)。 

その他、神経毒性を証明する膨大な実験報告があります。


●ソフトドリンク、フッ素水道水 

アルミなべで煮るとキャベツに91ppm、トマト・シチューに15.3ppmと、おどろくべき高濃度で、食物はアルミ汚染されます(コロラド大実験)。

中には600ppmも溶出がありビックリします。

「アルミ缶入りソフトドリンクなどはアルツハイマーの原因になるかもしれない」と研究者は警告。

欧米人の一日当たりアルミ摂取量は最大3mgと試算されています。

一部ソフトドリンクから一缶で3.9mgもアルミを検出。

オレンジジュース37ppm。

日本の歯科医師会は「水道水フッ素添加」を認めましたが、「水にフッ素が含まれると最高1000倍もアルミ溶出する」のです。


★アルミなべもホイル焼きもやめる 

アルミなべもアルマイトなべも追放! アルミホイル焼きもやめる。レモンなど酸でアルミ溶出するので要注意。

■参考…『あぶないアルミニウム』(高橋滋也著 三一書房)、『「食」器公害』(家事問題協議会著現代書林)

(以上、転載終わり)
最新記事
プロフィール

三休さん

Author:三休さん
のブログへようこそ!

昭和28年東京都江戸川区  小松川の生まれ

都電の西荒川駅前にあ
った生家には、故赤塚不二
夫さんが下宿していました。

上の写真は、昭和30年5月石森章太郎さんが赤塚さんを訪ねてきた時のもの。

赤塚さんは、その2年後有名なトキワ荘に引越しました。

徒歩数分の石毛肉店には、私と一緒に住んでいた従姉と同じ深川高校に通う五月みどりがいて、この翌年に歌手デビュー。

生家の2軒隣にその数年後、横綱柏戸が引越してきました。

私は、その後両親が近所に建てた家に引越したのですが、3軒隣にラグビー日本代表だったターザン橋本(本名橋本晋一)氏が住んでいて息子が私と同級生。

息子H君はその後早稲田ラグビー部の主将。

私が小中学校時代に通ったラグビースクールで一緒にプレーした新日鉄釜石7連覇の立役者Mr.ラグビーと言われた松尾雄治君とその後早明戦で戦ったのには驚きました。

私も高校でラグビー部に入ったのですが、挫折。結局それが遠因で、精神世界に。

そして今に至るのですが、何が幸いするか分かりません。

もし、そのままラグビーを続けていれば、何がしかの世界で成功したかもしれませんが、失敗の人生を歩んでいた可能性があります。

真の意味での成功者とは、永遠不滅の至福の境地である「悟り」に達した人々のことであり、そこに向かって着実に前進している人々のことを言います。

(「悟り」「真の成功者」に関して詳細は、本ブログ記事「ホイットニーの死をバガヴァンの教えから考察する」等をご参照ください。)

まさに「人間万事塞翁が馬」。

趣味は瞑想です。

1977年から瞑想しています。      
基本的に24時間瞑想しています。
もちろん、座って瞑想するのも大好きです。

意識の内側へ入れば入るほ
ど、より覚醒し、より自由に
なってゆきます。

瞑想をとおして、
この世界のあらゆる楽しみ、
快楽をはるかに凌駕する
時間、空間を超えたこの
現象世界の源である
永遠不滅の純粋意識、
そしてその本質である
絶対的な自由と愛と至福を体験します。

多くの方にこの事実を体験を通
して知って頂きたいと思ってい
ます。

覚醒剤もドラッグもいりません! 

ただし、瞑想には、効果的で正しいやり方があります。

正しい角度で飛び込み、正しい泳ぎ方を身につけることで、スムースに海中深くに潜ることが出来ます。

それと同様で、効果的に効率よく、マインド(心)の内側深くに入り、究極的にはマインドを超越する方法が、正しい瞑想法です。

古来より覚者方より様々な瞑想法が、伝えられております。

マインド(心)は、永遠でもなく、真我(本当の私)ではありません。

その正体は思考であり、常に変化して止まず、幻影です。

リンク先 (有)楽趣美サイトもご覧下さい。

★ブログの内容に関するお問い合わせに対しては、個別に返事は出来ません。

当社㈲楽趣美(八王子市)の営業内容(インド占星術・ヴァストゥ鑑定、遠隔ディクシャ他)に関するお問い合わせやお申し込みは、上記楽趣美サイトよりお願いします。

月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QRコード