史上最高の予言者?ヴァンガの見た2015年驚愕の内容とは

第二次世界大戦の勃発、米ソの冷戦終了、ソ連崩壊、チェルノブイリ原発事故、9・11同時多発テロなどを予言し的中させたヴァンガとは

トカナ」という大変興味深い記事をいくつも載せているサイトがあるのですが、その中からブルガリアのババ・ヴァンガと呼ばれた女性預言者に関する記事を一部転載させて頂きます。

babavanga_20150115175823699.jpg
(ババ・ヴァンガ、YouTubeより)

このババ・ヴァンガは盲目の女性で1966年に亡くなっているのですが、マハリシ・マヘーシュ・ヨーギー同様、9・11同時多発テロなどを的中させていたということで、最近世界中で注目され始めています。(マハリシの9.11の予言に関しては、以前の記事「9.11を予言していたマハリシが危惧していた小泉政権の大罪」をご参照ください)

この9.11以外にも、第二次世界大戦の勃発、米ソの冷戦終了、ソ連崩壊、チェルノブイリ原発事故などを予言し的中させていると言われています。

晩年の予言は国家機密とされていたようですが、昨年政権交代と共に機密解除され、今年2015年に関する予言が出てきています。

このババ・ヴァンガという名前は、本名ではないようで、由来は不明ですが、インドの聖者のような名前ですね。

記事によるとヴァンガ自身は、自分の予知能力は見えない存在によってもたらされるものと考えていたようです。

予言者には、ゲーリー・ボーネルのようにアカシック・レコードを直接読むタイプの人と守護神或いは守護霊のような高次元の存在から教えてもらうタイプの二つのタイプが存在すると言われていますが、ヴァンガは後者のタイプということになります。

それにしても、記事の通りだとすると、9・11同時多発テロ、ソ連の崩壊、チェルノブイリ原発事など何十年も前に、非常に正確な予言を出していたことになり、これまでに類を見ない史上最高の予言者と言えるのではないでしょうか。

やはり、私たちは常に守護霊・守護神を人生の伴侶として常に交流を図り、人生を歩んでゆくのが良いようです。


2015年の予言、オバマ、プーチン任期途中で退任、ロシア・ルーブルは、ドルよりも信頼性が高まる

さて、そのヴァンガの2015年の予言ですが、以下のようなものです。

(以下、「トカナ」より転載)

・ 米国の大統領は退任する。彼はあらゆる特典を失い、訴追される可能性もある

・ ロシアの大統領も退任し、ロシアは斬頭される
  だが、それは悲劇的なものではなく、社会が混乱することもない。むしろ国は飛躍の時を迎える

・ ロシアの通貨ルーブルは、年内に非常に強くなり、米ドルよりも信頼性が高まる

・ ブルガリアはロシアとの関係を強化していく

・ 病気の蔓延は克服されず、世界中に広まり、シベリアとオーストラリア以外は病原菌で汚染される

(以上、転載終わり)


サブプライム・ローンの二の舞でNY株暴落、世界恐慌勃発?

先ず、米国のオバマ大統領が、来年11月まで残された任期を全うしないで、退任するということですね。

訴追されるような何か国民の信任を失う事態によって、大統領職を去るということでしょうか。

一説によると、ブッシュ大統領誕生の目的が、9.11同時多発テロ勃発、それに続くアフガン、イラク侵略であったように、経済を悪化させて恐慌を起こすという役目をオバマには与えられているという話を聞いたことがあります。

その責任を追及されるということでしょうか。

経済に関しては、今年に入ってその兆候を見せ始めています。

原油価格の暴落、株価も下り始めています。

サブプライム・ローンショックの時と同様に、無理やり低所得者層に組ませた車のローンの多くが返済不能に陥り、サブプライムの時と同様の事態になる懸念が出てきています。(以下、ご参照下さいリーマン・ショックから6年 - サブプライムローン再燃か?―Never)

おそらく、それをきっかけにNY株価が暴落することになるのではないでしょうか。

当然、日本の株価も同時に暴落します。

日本では、昨年(2014年)1月からNISA(小額投資非課税制度)が導入されました。

これは低所得者や庶民を狙って株式市場に投資させる目論見で始められたもので、現在証券会社が大宣伝をしています。

ジョン・F・ケネディの父親が、靴磨きの少年が自分の持っている株の話を得意げに話し始めるのを聞いて、これはもう末期だと感じ株を全て売り払ったら、その数日後にNYの株価が大暴落して世界恐慌が始まったという有名な話があります。

どれほどの人々が株に投じ始めたか分かりませんが、国が庶民にお金をギャンブルである株に投じさせること自体、もう末期かもしれません。

ところで、そのオバマ大統領は、2013年のテレビインタビューで、次期大統領は女性になることは間違いない、と答えているようです。

とすると、現段階の女性の大統領候補は、ヒラリー・クリントンしかいませんから、ヒラリーが次期大統領になる可能性が非常に高いということになります。

実際、ウォール・ストリート・ジャーナルはこのように書いています。

米大統領選、今行われればヒラリー政権が誕生へ


世界恐慌に続くドル切り下げ、日本にとって悪夢のシナリオとは

次の二つは、ロシアに関するものですね。

ロシアの大統領、つまりプーチンが退任するということです。

確かに、昨年ウクライナ問題に端を発して米EU諸国からの経済制裁、続くルーブル暴落など現プーチン政権は厳しい政権運営を強いられています。

ロシア国内では、反プーチン勢力も根強く存在し、デモも時々起こっていますから、 充分有り得る話です。

ヴァンガによると、それは悲劇的なものではなく、社会が混乱することもなく、むしろ国は飛躍の時を迎える、としています。

そしてロシアの通貨ルーブルは、年内に非常に強くなり、米ドルよりも信頼性が高まるという、現時点では俄かに信じられない予言となっています。

ただ、これは充分に有り得るシナリオです。

というのも、昨年5月末に闇の支配者たちの政策決定の場と言われるビルダーバーグ会議で、米ドルの大幅切り下げが決定されそうです。

当然ドル安になります。80%もの大幅な切り下げという情報もあります。

おそらく、前述のNY株価大暴落が世界中に波及し、世界大恐慌のようになった後に、アメリカはQE(量的緩和)再開を表明する可能性があります。

8割もの切り下げですから、日本の異次元緩和より更に上の超異次元緩和ということになります。

そうすると、相対的にルーブルの価値が高まります。

このシナリオは、日本から見てもドル切り下げに関する楽観的なシナリオです。

実は、もう一つのシナリオがあります。

これは、以前の記事「震度9から東京を守っていたのは”宇宙の人”たちだった?!」に書いてあったように、ワンワールドを標榜する米国の真の支配者たちが、震度9の人工地震を首都直下に起こし、東京発世界恐慌を演出した後、財政破綻し、ドルを切り下げるという日本にとって悪夢シナリオです。

ただ私は、ヴァンガが見たように、オバマが何か責任を取って辞任するということから、前者のシナリオの可能性が高いと思っています。


今後は、中国、インドが世界をリードしてゆく

ロシアは中国、インド、ブラジル、南アフリカの4ヶ国と経済を中心とした協力関係を結んでいます。

この5ヶ国は、BRICSと呼ばれ、国土も広く、人口、資源も多いという共通点があります。

潜在力という点から見ても、今後この5ヵ国が、世界をリードしてゆくことは間違いありません。

シュリ・バガヴァンも今後、中国、インドが世界の牽引役となる旨の発言をされています。

というのも、この中国、インド周辺に、地球のエネルギーが強く出始めているからです。

歴史を見ると分かりますが、必ず、ある期間、覇権をもった国があらわれています。

近代で見てみると、16世紀スペイン 、ポルトガル、17世紀オランダ、18世紀イギリス、フランス 、19世紀イギリス 、ロシア 20世紀アメリカ 、ソ連 という形で、パワー国の変遷があります。

次は、どうも中国、インドということになりそうです。

その中印とロシアは関係性を強化しているようですから、今後はヴァンガの予言どおり、ロシアは充分盛り返してくる可能性が高いのです。

最後に、ヴァンガは「病気の蔓延は克服されず、世界中に広まり、シベリアとオーストラリア以外は病原菌で汚染される」と予言していますが、この病原菌とは何でしょうか?

エボラ出血熱は、治療薬も出てきていますからそれほど心配ないでしょう。新たな病原菌が出現するということなのでしょうか、注視してゆく必要があります。

一応、「トカナ」より、このヴァンガの記事を書いた百瀬直也氏の解説文が載った記事のリンクを貼っておきます。

★国家機密指定されていたブルガリア最高予言者の「2015年の予言」がついに解禁!! 驚愕の内容とは?

PCbyu.jpg

地球が確実に黄金時代へ向っているこれだけの証拠2、フリーエネルギー時代到来!

アカシック・レコードにも記されている?
日本発エネルギーただ(フリー)の時代が見えてきた


ここ最近、トヨタの石油に代わる新しいエネルギーとして水素エネルギーで走る車がマスコミなどで話題となっています。

昨年ネット上では、一回の海水の給水で600km走るという驚異の車が実用化したことが話題となりました。

塩水で走る電気スーパーカー、ついに公道デビュー



また、日産とルノーが開発した水と空気で走る車というのも実用化間近のようです。

水と空気で走れる電気自動車が2017年頃にルノー・日産から実用化の見通し

石油の時代の終焉、石油王ロックフェラーも石油から再生可能エネルギーへの移行を表明

一方で、その話題と平行するように、原油価格の暴落が起こっています。

昨年、影から世界を牛耳っていると言われる石油王ロックフェラーが、これからは石油から再生可能エネルギーへ移るという表明をしたことが伝えられていました。

石油エネルギーの時代は終焉を迎えようとしています。

代わって、今後は原料エネルギー自体はタダの時代、フリーエネルギーの時代に入ってゆくものと思われます。

以下の映像は、その一つです。

Free Energy Generator - Бесконечная энергия - это подтверждено

実は、これまでにも、フリーエネルギー的なものは、出てきていたのですが、ことごとく潰されてきました。

例えば、1990年代スタンリー・メイヤーという方が、この水で走る車を開発したのですが、開発した日に祝杯を上げたジュースに毒を盛られて殺害されています。

水で走る車は開発されてた― 毒林檎記

誰も知らない、水で走る車

日本発フリーエネルギーの本命?!オオマサ・ガス

日本でも原発事故の後、オオマサガスという前述のスタンリー・メイヤーの開発したものと同様のエネルギーがTVで紹介されましたが、これらのシステムはどうもユル・ブラウン博士が開発したブラウン・ガスと呼ばれるもののようです。

(詳細 Revolution ブラウン・ガス「水で走る自動車」関連リンク集をご参照下さい)

ブラウン・ガスは、酸水素ガスとも呼ばれ、水を電気分解することによって得られ、結構世界中で研究されているようです。

日本でも環境省指導の下、前述のオオマサ・ガスを開発した日本テクノ(株)において平成17年に実験が行われました。

実験結果は、電気分解に要する電気エネルギーに対して、燃焼させた場合に取り出せるエネルギーの総合効率は約50%との実験結果が出ています。(詳細、環境省 地球温暖化対策技術開発事業 水素代替エネルギーとしての新水素・酸素混合ガスの実用化技術開発

これでは、あまり意味のないエネルギーですね。

ところが、その後、研究開発が進み、燃焼効率が相当向上したようです。

以下の映像で、現在の状況を示す実験の結果が示されていますが、50%を遥かに超えて、200%以上を達成しているようです。

脱原発!代替自然エネルギー/オオマサガス(OHMASA-GAS)/酸・水素ガス



オオマサガスの公式HPには、「プロパンガス・天然ガスに50%混合することで、従来燃料の使用量を半減し、 熱量を単体燃料比較で約1.2倍に引き上げる特性を持っています。 」と書いています。

しかし、オオマサ・ガス単体で使った方が、全然燃焼効率が上がるようです。

噂ではなんと、300%という信じられない結果がでているようです。

300%は言うまでもありませんが、200%としても、これまで私たちが学校で習った物理学の法則に完全に反していますね。

ということでトンデモ科学のように言って否定する人々もいるようです。

もし、これが普及したら、石油だけでなく、天然ガス、今話題のシェールガス、もちろん原発も何もかも完全に終わりですね。


尖閣諸島沖合いに眠る7000兆円とも言われる海底油田をめぐる争いも終わり

この装置は、「水素・酸素混合ガス発生装置」で国際特許を取得していて、映像中に出てくる東京海洋大学の伊藤雅則名誉教授も顔出しして認めていましたので、間違いないでしょう。

ということで、オオマサ・ガスの公式HPに、「プロパンガス・天然ガスに50%混合することで、従来燃料の使用量を半減し、 熱量を単体燃料比較で約1.2倍に引き上げる特性を持っています。 」等と書いているのも、既得権益をもった人々を刺激して妨害されないようにとの配慮のためのようです。

原料はとにかく水ですから、原料エネルギーがほぼただ同然になってしまうということです。

あとは、オオマサ・ガス発生装置代だけということになります。

このオオマサ・ガスも原子力ムラに普及が妨害されているようですが、海外の方から既にこのオオマサ・ガスを普及させる動きが出ているようですので、普及は時間の問題となってきました。

フリーエネルギー:オオマサガス“HHOガス発生装置”約二万円で世界中に発売~米ベンチャー企業から― 新・ほんとうがいちばん

おそらく、あと何年かしたら、このフリーエネルギーは当たり前で、このフリーエネルギー発生装置の価格競争になってくるのではないでしょうか。

そうなると、尖閣諸島沖合いに眠る7000兆円とも言われる海底油田をめぐる争いも終わりですね。

ゲーリー・ボーネルによると「アカシック・レコード」には既に、このようなヴィジョンが書いているようです。

「新エネルギーは、水から生まれる水素が原材料で、東京近隣のパワープラントで作られて供給されるようになる。
フリーではないが、ほとんどタダになる。」

どちらにしても黄金時代への動きは加速しているようです。

【日本の技術】水から生まれた新燃料 酸水素ガス

関連記事「地球が確実に黄金時代へ向っているこれだけの証拠

PCbyu.jpg

G・ボーネルの予言と恐いほど当たると評判の最新科学的予測が一致

予言と科学的予測が一致、年初大地震に要注意 

tokyofujisan.jpg
(写真は、東京新聞より)

明けましておめでとうございます。いよいよ2015年となりました。

以前の記事「地球が確実に黄金時代へ向かっているこれだけの証拠」で書いたように、本年は、シュリ・バガヴァンによると愛が溢れる年となるようです。

これまで以上に銀河の中心から来るエネルギーが増大し、更に多くの人々が覚醒してゆくものと思われます。(この辺の詳細は、以前の記事「2012年の究極の錬金術」をご参照ください)


エゴを手放さなければ、どんどん苦しい状況に

自分さえ良ければいい、自分の家族さえ良ければいい、自分の国さえ良ければいいというエゴ・マインドに支配されている人々は、浄化作用の為に苦しい状況が現出することが予想されます。

この時代を軽やかに生き抜くためには、エゴを手放して、他者に対して助けとなることが出来る人間になる必要があります。

その為には、瞑想やヨーガ、ディクシャやヒーリング、座禅や内観など有効な方法がいくつもあります。

そして、自身のハイアーセルフであるパラ・アートマ(※)や守護霊への感謝を忘れずに、またパラ・ブラフマン(※)への奉仕の気持ちで活動してゆくことが重要です。

更に幸運となり、進化が早まりますので、是非とも実践して頂きたいと思います。

※パラ・アートマ  自他一体となる意識状態において認知される真我であるが、守護神的存在
※パラ・ブラフマン こちらも究極的には真我であるが、大元の大宇宙の創造主


G・ボーネルの予言と恐ろしいほど当たると評判の最新科学的予測が一致

さて、今年は、最近の記事「震度9から東京を守っていたのは”宇宙の人”たちだった?!」にも書いた通り、大地震の不安があります。

この記事の宇宙人コンタクティであるChiran氏、ゲーリー・ボーネル氏や透視能力者のYさん、やはり以前の記事「2015年5月22日関東大震災の予言の現実味」の予知能力があると言われるママの予言など、今年は日本列島周辺で大地震の可能性を言われています。

また、地震学者らの予測でも、近い将来の関東や南海、東海などの大地震の可能性が指摘されています。

特に最近注目されているのが、測量学の世界的権威だった村井俊治東大名誉教授の「MEGA地震予測」です。

最近でも11月22日に起きた白馬村のある長野県北部地震を、2ヵ月半前の週刊ポスト誌上でぴたりとピンポイントで予測を出していました。

jishinmap2.jpg
(週刊ポストより、赤矢印と赤文字は、筆者加筆)

週刊誌上では、2014年後半「大地震の予兆マップ」で飛騨・甲信越・北関東を「要警戒ゾーン」として、特に白馬を「異常変動地点」として名指しで示していたということで、ネット上でも話題となったようです。

確かに、地図を見ると、白馬で8.33cmの異常変動が見られます。

地図の南の方に目をやると、首都圏・東海警戒ゾーンの中に、厚木8.71cm、湯河原7.17cm、海上に目を移すと、三宅3 8.74cmという数字が見えます。

このゾーンの内部には小さい黒点でしめされた5cm以上を計測した電子基準点がいくつも見えます。

この辺りは、丁度ゲーリー・ボーネルが、以前の記事「魚の大量死は地球大変動の印(G・ボーネルの予言他)」でまさに予言した場所です。

その記事からその部分をもう一度、転載します。

「地震がもっとも活発なエリアは東海地方で、マグニチュード9の地震が2015年の初期に起きるでしょう。

震源地は本州沖の、伊豆半島の南方のトラフ(海溝)付近です。もっとも激しい揺れは、静岡県伊東市の海岸線あたりで感じられます。

この地震は、本州の内部に向かうように見えるマグニチュード7程度の、一連の4つの群発地震を引き起こします。

伊東市の地震の1週間後、東京に直下型のマグニチュード8の余震が起きるでしょう。

古いビルや老朽化したインフラ(設備)は崩壊します。

東京での余震の1週間後には、東京沖の海底を震源地とする一連の地震が、太平洋方向へ向かう直線上に起きるでしょう。これは異なる断層の影響を受けたものです。

最大の脅威は、南方の海岸沿いに起きる何回かの津波ですが、和歌山県の新宮市と宮崎県が大きな被害を受けるでしょう。

太平洋上にある低い島々も、津波がハワイ方向へ向かって押し寄せる時に甚大な被害を受けます。

東海エリアの地震は8と10のちょうど真ん中あたりの規模で、恐らく9・2ぐらいだと思われます。

これは東日本大震災のM 9・0、関東大震災のM 7・9 よりも大きいですが、いいニュースは揺れる時間が非常に短いことです。もしその規模のものが長ければ、インフラは相当激しい損害を受けるでしょう。

マグニチュード9・2~9・3規模の地震が東海沖で起きると、ドカンという大きな揺れが来て、それが東京周辺の断層全部に影響し、それによって東京のインフラが被害を受けます。

地震は2015年にやってきます。ですから2ヶ月分くらいは乾燥した食料を用意しておく必要があります。」

ということで、奇しくもゲーリー・ボーネル氏の予言と村井氏の電子基準点の異常変動観測による警戒ゾーンとが一致しており、これはかなり要注意です。

ただ、昨年はワンネス・ディクシャをされている多くの皆さんが、シュリ・バガヴァンと一緒に日本に災害が起こらないよう、時間を合わせ同時に瞑想し祈りましたので、大災害は避けられるかと思いますが、一応、大地震が何時来てもいいように準備はしておいた方が宜しいかと思います。

私の40年来の友人が、3.11を予言したとして大変有名になった松原照子さんとも大変親しくしており、頻繁に情報が入って来ているようですので、またその辺から何か情報が入ってきたらお伝えしたいと思います。

それでは、本年も宜しくお願いします。

PCbyu.jpg
最新記事
プロフィール

三休さん

Author:三休さん
のブログへようこそ!

昭和28年東京都江戸川区  小松川の生まれ

都電の西荒川駅前にあ
った生家には、故赤塚不二
夫さんが下宿していました。

上の写真は、昭和30年5月石森章太郎さんが赤塚さんを訪ねてきた時のもの。

赤塚さんは、その2年後有名なトキワ荘に引越しました。

徒歩数分の石毛肉店には、私と一緒に住んでいた従姉と同じ深川高校に通う五月みどりがいて、この翌年に歌手デビュー。

生家の2軒隣にその数年後、横綱柏戸が引越してきました。

私は、その後両親が近所に建てた家に引越したのですが、3軒隣にラグビー日本代表だったターザン橋本(本名橋本晋一)氏が住んでいて息子が私と同級生。

息子H君はその後早稲田ラグビー部の主将。

私が小中学校時代に通ったラグビースクールで一緒にプレーした新日鉄釜石7連覇の立役者Mr.ラグビーと言われた松尾雄治君とその後早明戦で戦ったのには驚きました。

私も高校でラグビー部に入ったのですが、挫折。結局それが遠因で、精神世界に。

そして今に至るのですが、何が幸いするか分かりません。

もし、そのままラグビーを続けていれば、何がしかの世界で成功したかもしれませんが、失敗の人生を歩んでいた可能性があります。

真の意味での成功者とは、永遠不滅の至福の境地である「悟り」に達した人々のことであり、そこに向かって着実に前進している人々のことを言います。

(「悟り」「真の成功者」に関して詳細は、本ブログ記事「ホイットニーの死をバガヴァンの教えから考察する」等をご参照ください。)

まさに「人間万事塞翁が馬」。

趣味は瞑想です。

1977年から瞑想しています。      
基本的に24時間瞑想しています。
もちろん、座って瞑想するのも大好きです。

意識の内側へ入れば入るほ
ど、より覚醒し、より自由に
なってゆきます。

瞑想をとおして、
この世界のあらゆる楽しみ、
快楽をはるかに凌駕する
時間、空間を超えたこの
現象世界の源である
永遠不滅の純粋意識、
そしてその本質である
絶対的な自由と愛と至福を体験します。

多くの方にこの事実を体験を通
して知って頂きたいと思ってい
ます。

覚醒剤もドラッグもいりません! 

ただし、瞑想には、効果的で正しいやり方があります。

正しい角度で飛び込み、正しい泳ぎ方を身につけることで、スムースに海中深くに潜ることが出来ます。

それと同様で、効果的に効率よく、マインド(心)の内側深くに入り、究極的にはマインドを超越する方法が、正しい瞑想法です。

古来より覚者方より様々な瞑想法が、伝えられております。

マインド(心)は、永遠でもなく、真我(本当の私)ではありません。

その正体は思考であり、常に変化して止まず、幻影です。

リンク先 (有)楽趣美サイトもご覧下さい。

★ブログの内容に関するお問い合わせに対しては、個別に返事は出来ません。

当社㈲楽趣美(八王子市)の営業内容(インド占星術・ヴァストゥ鑑定、遠隔ディクシャ他)に関するお問い合わせやお申し込みは、上記楽趣美サイトよりお願いします。

月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QRコード