世界的グルと霊能者の予言2012

2012年は、日本と世界にとって幸福な年?厳しい年?

本日、富士五湖を震源とする地震があり、河口湖町と忍野村で震度5弱を観測し、震源の深さは18キロ、マグニチュードは5・4とのことで、八王子でも震度3、突き上げるような地震が何回かありました。

多くの方がいよいよ富士山噴火近し、と思ったのではないかと思います。今年は日本にとって、幸福な年であり、浄化の年ともなりそうです。

Fuji

また、青松倶楽部の進村さんから、近々大きな地震が関東周辺で起こりそうなメッセージが届いています。注意して頂きたいと思います。

予言を公表することの意味

さて、前回の予言ですが、やはり日時まで指定して、それが多くの人に知られると的中しないというパターンでした。

このような予言や未来予測で恐怖を感じてしまうというデメリットはありますが、万一ということもありますから、注意を促す意味でも、意味のないことではないと思います。

それが科学的な予測とは見做されない霊能者の予言であったとしても、例えば3.11などもある程度事前に来る事が分かっていれば、事前に避難したり、対策を講じたり、様々な防災グッズの準備などで、被害を減らせます。

「備えあれば憂いなし」と言う言葉があるように逆に安心感に繋がってゆきます。

30年以内に何%の確率で〇〇地震が起こる、という地震学者や政府発表は、パニックを煽らないかもしれませんが、それほど役に立っているとは思えません。

確かにそれによって自治体などは、対策を講じてそれなりに被害を減らせるでしょうが、天災は忘れた頃にやってくるのです。

明日、1週間以内、数ヵ月以内、1年以内、数年以内、30年以内と期間が長くなってゆくに従い、人々は油断してゆきます。

油断している時に、地震などの災害が襲ってくれば、それこそパニックで、適切な判断が出来ずに、被害にあってしまうでしょう。

そのような意味で、霊能者らが予言を公表することは、意味があることと思います。

また予言を公表する事で、予言自体が外れる、というパターンがあり、それは大きなメリットです。その辺に関するメカニズムを下方に詳しく書いておりますので、そちらを是非お読みください。

今年の終わりには、スピリチュアルな人や人道主義の人がかなり多くなる

さて、サロン・ド・プレマの田上貴史さんから、今年初めにシュリ・バガヴァンとも交流のあるシュリシュリラヴィシャンカールの新年の挨拶を送って頂きました。(参考までに以前の記事「地球にディクシャを&バガヴァン・メッセージ」ご覧ください。)、最初にそれをご紹介したいと思います。

220px-Sri_Sri_Ravi_Shankar.jpg

Q:グルジ、2012年にたいしてのメッセージは何ですか?私たちは何に注目すればいいでしょうか?

A:より良い世界ですね。私たちの奉仕はより良い世界とより良い社会を構築するために集中し続けなければなりません。

そして個人的には、全てがうまくいっている、いいことが起こるという強い確信と信念をもちなさい。

今年はマヤン・カレンダーの最後の年で、世界の終わりが来ると聞いていると思います。それについて沢山映画も作られています。

でもそんなことは起こりません。この世界は続きます。ヴェーディック・カレンダーでは、2012年3月から始まる年は「Nanda(ナンダ)」と呼ばれています。

Nanda(サンスクリット語)は幸福と言う意味です。幸せに満ちた一年となります。最初に「Nanda」の年が来て、それに続く年は「Victory(勝利)」と呼ばれています。あなたが幸福で、力強くなりますので心配する必要はありません。

社会で何らかの形で良いことをする、知恵を広めるための決意を持ってください。 2012年の終わりまでに多くの方々がスピリチュアリティの方へ、人道主義の方へ向くでしょう。

テロに携わっている者は追い込まれます。暴力に関わっている人々の力が弱くなります。これからこのような変化起きて、みなさんもその取り込みの一員です。

以上が、シュリシュリラヴィシャンカールの2012年のメッセージですが、非常にポジティブで希望に満ちた明るいものです。大局的な見地からは同意します。

バガヴァンもかつてほぼ同様のことを語っていたことがあります。

やはり以前の記事「バガヴァンが見た2012年以降」でバガヴァンのメッセージを紹介し、私の解説でこのように書きました。

「2011年の6月頃から神と人類が繋がり始め、2012年は新しい年の始まりであり大いなる喜びの年に、2013年、14年は大勝利の年に、2015年は愛が溢れ始める!と。

バガヴァンはこれは私の予言ではなく、古代からあった予言である、と言っています。おそらく宇宙の青写真と言われるヴェーダ(知識の意、リシ(見る者)と呼ばれる特別な神経系統をもった人々によって認知され、アカシックレコードより精妙な次元に存在していると言われる。)に記録されているものと思われます。」

このように以前の記事で書いたのですが、ヴェーダには、宇宙的サイクルのシナリオが記されており、そのシナリオは不変と言われています。

一方、霊能者らが見る未来の情報はアカシック・レコード(以前記事「アカシックレコードとは?BY シュリ・バガヴァン」)と呼ばれる地球の周辺にある人類のこれまでの想念の記録庫から得ているものと思われます。

この記録庫にゲーリー・ボーネルのようにダイレクトにアクセスして情報を得るタイプと、そのアカシック・レコードとアクセスできる霊的な存在から情報を得るタイプの2通りの人々が存在しているようです。

(尤も、ゲーリー・ボーネルの予言も結構外れていますが・・・。)

これから紹介する霊能者や松原照子さんは、後者のタイプではないかと思います。

この霊能者の未来予知とシュリシュリ・ラヴィシャンカールのメッセージは、あまりにもかけ離れた感じがするかもしれません。

それは、宇宙的サイクルという深いレベルから観るのと、現在の人類のカルマという現象的な側面から見るのとでは、まだそこには大きなギャップがあるからだと思います。

しかし、今年は、その深いレベルの影響が、この表面レベルにも際立って現れてくるものと思います。

3.11津波、原発事故、マイケル死他を的中させた米国霊能者

さて、その霊能者とは、もう既にご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、先週、「ヤスの備忘録」で紹介された米国の非常に的中率が高いというニューヨークに住む、40歳になるジョセフ・ティテルという人です。

この人の今年2012年の予言が掲載され、現在ネット上で大変話題になっています。

このジョセフ・ティテルは、毎年元旦にその年の予言を自身のブログで公開しているそうで、これまでにもマイケル・ジャクソンの死、エリザベス・テーラーの死そして、昨年日本で起きた東日本大震災、放射能漏れ事故など数々の予言を的中させているそうです。(過去の予言に関する詳細は「ヤスの備忘録」をご参照ください。)

今年は世界で起こる出来事67件に対して1~67番の番号が振られ、それ以外にも天候のことや有名人の予言が出されていますが、その予言を見ると世界にとって、特に日本にとって厳しい年になりそうなことが書かれています。

英語が分かる方はティテルのブログの方を是非観て頂きたいのですが、それらの中から特に重要と思われるものを私の拙い英語力で訳しましたので不十分かと思いますが、幾つか抜き出して要約して載せたいと思います。

(ヤスさんの訳には原文にはない、脚色が施されていますので、出来る限り原文を読まれる事をお奨めします。)

(以下写真、ご本人ブログより転載)
Joseph.jpg

2012年、日本にとっての厳しい未来予知

(番号は、ティテルのブログに記されている1~67の中の番号そのまま。)

12.日本をもう一度M8.1以上の大地震が襲う。今度は日本の北西部分を襲うのを感じる。日本は中国との問題、幾つかの地震、洪水、水の問題など幾つかの大問題に忍耐を強いられるだろう。私には人々が水を沸騰させているのが見える。

多分、計3つの大規模な地震が起こる。最初は乗り切れるが、非常に大きな地震である。そして2番目、3番目の地震は幸運ではない。

一回目がもう一つの大規模地震を誘発する。スピリット(ガイド、指導霊のような霊的存在)は、それは非常にまれである、と説明する。

そして、それは外側の海岸沿いの深海ではじまり、そして終わる。もう一つの大きな津波を誘発するかもしれない。しかし、この時は、水は違う方向に進む。そしてもう一つの国へ向かう。

13.2012年は、かつて見たこともない最大の自然災害が発生、気象異常が病気やバクテリアの発生に関係し、何千、たぶん何百万(millons)の人々が亡くなる。詳細は分からないが、米やカナダではない。

たくさんの国が、この巨大な災害によって影響を受けた人々を助けようと手を差し伸べようとする。

16.巨大な地震、多分M9.0が外洋で起き、これまで見たことのない最大級の津波を起こす。これは13番、あるいは12番と関係している可能性がある。

36.インドは経済の大崩壊に直面する。大規模な飢餓と困窮が発生。インド及びそのリーダー達の多くの問題。インドはまたパキスタンとミサイル、火による交戦。インドは外からの援助を断る。多くの暴動とデモを弾圧。

38
.銀行の前に大行列が見える。これは、米国を含め世界中の複数の国で起こるだろう。カナダ、メキシコ、そしてヨーロッパ中、イタリア、英国等々。

私はこれが、シフト(変革)が大きなものとなり、銀行の没落の始まりに見える。

人々は銀行に彼らの政策とビジネスのやり方の変更を強いる。たくさんの大銀行が落ち込み、小さな地方銀行や信用組合が繁栄するだろう。

54.水が有毒になる。有毒水が、見出しになるのが私のヴィジョンの中で見える。これは津波のような自然災害によるものだろう。

津波が原発を破壊し、有毒水が発生する。これは、他の場所でも重大な洪水でも起こるだろう。いくつかの場所の人々は、沸騰させて飲んだり、他の場所の人々はボトル水がゴールドのような価値を持つだろう。

55.中国は2012年激変を経験する。自然破壊のカルマが戻ってくるだろう。市場や財政的問題で忍耐を強いられる。彼らは多分、軍隊を集め、戦争を始める。

日本だけでなく他の国も中国の否定性に晒されるだろう。私にはまた中国で幾つかの大爆発が起こるのが見える。一つは市街地である。

これらはこの国にとって大きな衝撃となる。一つの爆発ではたくさん人々が亡くなる。これは核事故に関連した戦争であるかもしれない。

56.日本は原発に関係したさらに大きな問題に直面するだろう。一つの国は完全にメルトダウン(溶融)するかもしれない。確かでないが、日本、中国、ロシアのどれか。

私にはこれが、悪い影響となってその地域が膨大な数の人々や野生生物を殺してゆく環境になってゆくのが見える。

私には彼らの体全体が火傷した状態で爆発から逃げ回る人々が見える。走っている人々ははっきりとアジア人である。

59.イランに関する問題、そして新聞見出し「イラン侵略」或いは「イラン攻撃/攻撃される」を見続けている。

何が起こるか正確ではないが、次の年か2年以上イランは大きな問題であり続ける。彼らも、彼ら自身たくさんの問題を持つだろう。

60.非常に大きな地震がインドを震撼させる。これはM8.5以上の大きなものである。市街地は完全に(破壊され)平坦になり、何千もの人々が死傷して取り残されるかもしれない。

66.たくさんの死んだ魚が、海岸、川岸、湖打ち上げられる。同様にたくさんの死んだ鳥が空から落ちてくる。私は、これらは大きな地震のような破壊が起こるのと関係した気象の前に警告として起こっている、と信じている。

67.2012年はたくさんの真実が遂に明らかになる年となるだろう。古代の人々に関する真実。他の惑星の生命に関する真実。アトランティスに関する真実。気象操作に関する真実、その他諸々の事。

全体的に惑星地球にとって偉大な年で素晴らしい時となるだろう。このシフトが人間性の全てをより良く変化させるだろう。我々全てにとって前進する為の何か。これは一夜にして起こらないだろう。それは時間を要する。

2012年は丁度新しい始まりのスタートで(古いものと)仕切る。いつも思い出してください。可能な限りたくさんの愛を表すことを。愛は全てを癒す。

以上が、今年元旦に出された世界に関する67の予言ですが、前述したように非常に日本にとっては厳しい内容です。

ヤスさんの訳には、英語文にはないことまで書かれていて、例えば、54番は、「汚染された水によって多くの奇形児が生まれるので、水が汚染していることがはっきりする。・・・」等と書かれておりビックリしたのですが、原文にはこのような文はなく少し安心しました。

ヤスさんの訳はかなりショッキングな恐怖を煽るような内容に変更されています。脚色が入ってはいけませんね。これ以外にも脚色が入った訳が見受けられますので、原文の方を見ることをお勧めします。

未来は、決まっていない

さて、前回取り上げた、尼僧の予言にも書いたのですが(この記事は外しています。)、予言というのは多くの人たちが知るとハズれるというパターンがあります。

というのも未来は絶対的に決まっているものではないからです。

特に現在の人類の運命は、人類のこれまでのカルマの積み重ねや集合意識によって現出してきているものなので、カルマや集合意識を修正させる様々な方法を講じる事で、変化してゆくのです。

これまでも様々な覚者や霊能者などによって多くの予言が出されてきましたが、世界や国といった広範囲に関する予言はことごとく外れています。

多くの人たちが、見えないところで、否定的な予言が成就しないように、祈りや瞑想、ヤジニャと言われる儀式、そしてディクシャ・ギヴァーが行うディクシャなどでカルマや集合意識を修正するように働きかけております。

予言を出すことの意味はここにあります。前もって分かれば、それらのカルマを修正しようと様々な働きかけを行います。

もし、事前に去年の3.11大震災が予測されていたならば、多くの方々が、何らかの働きかけをして、災害を小さくする事は出来たのではないか、と思います。

これまでにも何回か書きましたが、かつてTM瞑想のグループは、30年以上前から集合瞑想による環境に対する肯定的な影響を何百という様々な実験を通して統計学的に証明しています。(詳細は「静寂のひととき・・・TM瞑想」)

昨年、原発事故が起こった時に、バガヴァンから時間を合わせて原発にディクシャをするようにというメッセージが届き、多くのディクシャ・ギヴァーが、しばらく原発に対してディクシャを行いました。

その結果、おそらく、最悪の事態が避けられたのではないかと思います。

この1ヶ月位前に以下のような新聞報道がありました。

「東京電力福島第1原発事故から2週間後の3月25日、菅直人前首相の指示で、近藤駿介内閣府原子力委員長が「最悪シナリオ」を作成し、菅氏に提出していたことが複数の関係者への取材で分かった。

さらなる水素爆発や使用済み核燃料プールの燃料溶融が起きた場合、原発から半径170キロ圏内が旧ソ連チェルノブイリ原発事故(1986年)の強制移住地域の汚染レベルになると試算していた。」

という内容です。

本当は事故が起きる前から、日頃から日本や世界の集合意識にディクシャをしたり、皆で瞑想したり、祈ったりしていれば、もっと災害を小さく出来たかもしれません。それこそ、原発さえも廃止になっていたかもしれません。

スーパー・レディエンス効果

一緒に多くの人たちが時間を合わせて瞑想したりディクシャをしたりすると、レーザー・ビームの様にエネルギーが収束して、非常に強力になるのです。

これをTMの人々は、「スーパー・レディエンス効果」と呼んでいます。

夜の9時30分(これまで9時としていましたが変更です。)から皆さん毎日一緒に「レーザー・ビーム・ディクシャ」をしましょう。

最初に9時30分~9時31分 日本に対して。

   9時31分~9時32分 地球に対して。

   9時32分~9時33分 福島周辺に

   9時33分~9時34分 ご自分の住む周辺地域などに任意の場所に

ということで、宜しくお願いします。



PCbyu.jpg

最新記事
プロフィール

三休さん

Author:三休さん
のブログへようこそ!

昭和28年東京都江戸川区  小松川の生まれ

都電の西荒川駅前にあ
った生家には、故赤塚不二
夫さんが下宿していました。

上の写真は、昭和30年5月石森章太郎さんが赤塚さんを訪ねてきた時のもの。

赤塚さんは、その2年後有名なトキワ荘に引越しました。

徒歩数分の石毛肉店には、私と一緒に住んでいた従姉と同じ深川高校に通う五月みどりがいて、この翌年に歌手デビュー。

生家の2軒隣にその数年後、横綱柏戸が引越してきました。

私は、その後両親が近所に建てた家に引越したのですが、3軒隣にラグビー日本代表だったターザン橋本(本名橋本晋一)氏が住んでいて息子が私と同級生。

息子H君はその後早稲田ラグビー部の主将。

私が小中学校時代に通ったラグビースクールで一緒にプレーした新日鉄釜石7連覇の立役者Mr.ラグビーと言われた松尾雄治君とその後早明戦で戦ったのには驚きました。

私も高校でラグビー部に入ったのですが、挫折。結局それが遠因で、精神世界に。

そして今に至るのですが、何が幸いするか分かりません。

もし、そのままラグビーを続けていれば、何がしかの世界で成功したかもしれませんが、失敗の人生を歩んでいた可能性があります。

真の意味での成功者とは、永遠不滅の至福の境地である「悟り」に達した人々のことであり、そこに向かって着実に前進している人々のことを言います。

(「悟り」「真の成功者」に関して詳細は、本ブログ記事「ホイットニーの死をバガヴァンの教えから考察する」等をご参照ください。)

まさに「人間万事塞翁が馬」。

趣味は瞑想です。

1977年から瞑想しています。      
基本的に24時間瞑想しています。
もちろん、座って瞑想するのも大好きです。

意識の内側へ入れば入るほ
ど、より覚醒し、より自由に
なってゆきます。

瞑想をとおして、
この世界のあらゆる楽しみ、
快楽をはるかに凌駕する
時間、空間を超えたこの
現象世界の源である
永遠不滅の純粋意識、
そしてその本質である
絶対的な自由と愛と至福を体験します。

多くの方にこの事実を体験を通
して知って頂きたいと思ってい
ます。

覚醒剤もドラッグもいりません! 

ただし、瞑想には、効果的で正しいやり方があります。

正しい角度で飛び込み、正しい泳ぎ方を身につけることで、スムースに海中深くに潜ることが出来ます。

それと同様で、効果的に効率よく、マインド(心)の内側深くに入り、究極的にはマインドを超越する方法が、正しい瞑想法です。

古来より覚者方より様々な瞑想法が、伝えられております。

マインド(心)は、永遠でもなく、真我(本当の私)ではありません。

その正体は思考であり、常に変化して止まず、幻影です。

リンク先 (有)楽趣美サイトもご覧下さい。

★ブログの内容に関するお問い合わせに対しては、個別に返事は出来ません。

当社㈲楽趣美(八王子市)の営業内容(インド占星術・ヴァストゥ鑑定、遠隔ディクシャ他)に関するお問い合わせやお申し込みは、上記楽趣美サイトよりお願いします。

月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QRコード