大金を積まれても住みたくない建物とは?

大金を積まれても住みたくない建物とは?

超高層のタワーマンションなるものがここ10年くらいの間に、雨後の竹の子の様に建ちだしたのは、1997年の規制緩和によって容積率上限を600%まで日影規制の適用除外とする「高層住居誘導地区」が導入されたことによります。

業者は、限られた土地スペースにたくさんの住居戸数を作れるので、大変儲かるのです。業界は待ってましたとばかり、都心に40階、50階の超高層マンションを立て始めました。

im_top.jpg

ところが、このタワーマンションには、これまで書いた地震以外にもたくさんの問題があるのです。

別の記事でも取り上げた船瀬さんの本「崩壊マンションは買わない!」(リヨン社)には、お台場にある30階建てのマンションを6000万円で購入して住むある人(A氏)のコメントが載っているのですが、タワーマンションの本質的な問題を垣間見ることが出来るので、以下載せます。

☆自然が全く感じられない。不安で空虚感がつのる。

☆東京湾の眺望に感動し即決。しかし1ヶ月で飽きた。

☆朝の出勤時、エレベーターが20分以上も来ない。災害のことを考えるとぞっとする。

☆立体駐車場が混雑すると車が出てくるまでに15~20分もかかる。急ぎの時はもうパニック。

☆一番我慢できないのは、少しの風でもグーラグラと揺れること。テレビで地震情報が出ると、めまい、頭痛に。ノイローゼ寸前。(A氏の妻)

以上がA氏のコメントですが、他にも問題点が本には載っているので書きます。

☆鉄骨構造の超高層ビルは軽くする為、壁・床に軽量材が使われているので、お隣、上下階の音が丸聞こえ。(鉄筋か、鉄骨鉄筋コンクリートならOK.)

☆高くなればなるほど強風、突風になり、新聞が飛ばされ、洗濯物も飛ばされ、よって窓はハメ殺し。

☆部屋から見えるのは空だけ。季節の変化や風情などとは無縁の世界。毎日毎日灰色の空を見ている内に精神に変調をきたす人もいる。

☆貨物専用エレベーターがないので、リフォームが困難。

☆不便なエレベーターではるか下まで降りるのがおっくになり出不精、運動不足に。遊び盛りの子供、専業主婦の健康に深刻な問題を引き起こす。肥満、心臓病など。

これでは、刑務所のほうがまだまし?

現在収監されているホリエモンは、刑務所に入ったお陰で、早寝早起き、所内では肉体鍛錬タイムがあり、とても体も締まり、大変健康的になったといっています。

更に超高層マンションで火事が起こればどうなるでしょうか?ビルそれ自体が煙突になってしまう、と。ビルの下で起きれば、上に逃げるしかなく、20階以上の上のほうで起きれば、消防車のはしごも届かない。

2005年スペイン、マドリードの32階建てオフィスビルの21階から出火、13階以上がほぼ全焼、深夜だった為に誰もビル内にはいなかったので幸いにして死者はゼロ、これが昼間だったら大惨事になるところでした。

船瀬さんによると、超高層は消火不能、燃えるに任せて鎮火を待つしかない、ということです。

高層ビルは健康面で大きな問題が起こり易い

東海大学医学部講師の逢坂文夫講師の調査によると、

☆6階以上に住む妊婦の流産率は24%(妊娠した子供の4人に1人が流産)、5階以下に比べ約4倍の流産。

☆ストレスに弱い「緊張特性」のある高層の妊婦の流産率は5倍以上。高層階に住む妊婦の半分近くが流産していたということ。

☆帝王切開など異常分娩率も6階以上は27%、木造の2倍。

☆高層階に住む母親ほど神経症的傾向。飲酒率、喫煙率も増加。

☆妊婦のうつ病発生も木造の4倍。(国立精神・神経センター北村俊則氏)

☆6階以上に住む園児の体温は、それ以下の階の園児に比べ低体温が多い。平熱で36度以下。(逢坂氏、幼稚園児2000人の調査)

☆高層階に住む人ほど高血圧の割合が高く40~59歳、女性1500人)、ボケが発生しやすい。

☆難産傾向。運動不足から胎児の出産が遅れ、頭囲が大きくなり異常分娩に。

☆小学生を持つ母親の緊張度を調べると、高層に暮らす人ほどストレス症状が顕著に。(米コーネル大学、CMIテスト)。

コンクリート住宅は木造住宅に比べ9年早死

また島根大学総合理工学部の中尾哲也教授による「コンクリート・マンション暮らしをすると木造住宅に住むより9年早死にする」という研究結果があります。

木造住宅270件、マンションなどコンクリート集合住宅62件の平均寿命を算出した結果です。

出生率も木造2・1人、コンクリート1.7人。

更に静岡大学の実験は、衝撃的です。

木製、金属、コンクリート製の巣箱でマウスを飼育すると、生存率は木製85%、金属製41%、そしてコンクリート製はなんとたったの7%!

<以下の図表は、船瀬俊介著「崩壊マンションは買わない!」(リヨン社)より転載>

mausukonkuri.jpg


konkuri.jpg

コンクリート巣箱でわずかに生き残ったマウスも多くが成長に異変をきたし、臓器の発達は健康なマウスに比べ精巣が7割、卵巣が6割、子宮が5割程度。更に性格が「攻撃的」になることも判明。

なんとメスは、自分が産んだ子を噛み殺して食べてしまったというから驚きです。


いじめはコンクリート・ストレスが原因?!

コンクリートの団地とかマンションが建ち始めたのは何時ごろ頃でしょうか?

かれこれ30~40年位経つでしょうか?少なくとも私の子供の頃、50年~60年前は、ほとんど集合住宅は木造でした。

子供同士の喧嘩は昔からありましたが、今のようないじめなどという陰湿なものはなかったのではないか、あったとしても非常に少なかったと思います。

このコンクリートで出来たマンションが建ち始めた頃から、いじめが激増していったように思います。

日本の高度成長期と歩調を合わせるように、また校舎も木造からコンクリートに変わっていきました。

今の子供たちの多くが、ほぼ24時間鉄筋コンクリートに囲まれた生活を送っているのです。

これらコンクリート建物にすでに住んでしまっている場合、せめて可能な限り、木材を床や壁などに使ってください。

また、家相に関する相談は、楽趣美HP ヴァストゥをご覧ください。


PCbyu.jpg

関東大地震迫る、ビルの9割が手抜き工事で超危険

関東大地震近し!ビルの9割が手抜き工事で超危険

20110325_145310_eefcf7a2.jpg

今回は、前回書いたとおり、エイズ他万病を治す「もの」をご紹介しようと思っていたのですが、最近大変重大な緊急事態が発生したのでそれに関連して書きます。

11月3日の文化の日に茨城県南部を震源にした久々に大きな地震が関東圏で起きました。

茨城県の取手市やつくば市周辺では震度4、都心でも震度3が観測されました。マグニチュード4.9で、神奈川、埼玉でも震度3。

地震学者ら専門家によると、茨城県沖から千葉県房総沖にかけての海域に、3.11大震災の割れ残りがあり、今回の地震で房総沖を震源とする大地震と首都圏直下型地震発生の可能性が高まったと、マスコミで報道されていました。
http://www.asahi.com/science/update/0520/TKY201105190678.html
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20111020/dms1110201601010-n1.htm

以前に書いたブログ「的中率80%!大震災を予知した地震研究家」の進村 耕喜氏(http://aomatsu.jp/)は、今回の地震で、最悪の場合、福島県沖~茨城県沖~千葉県・房総沖で、3.11と同じように、ほぼ同時に動くM8.0以上の巨大地震発生の可能性を示唆しています。

もし、首都圏を直撃する大震災となると、甚大な被害が予測されます。

3.11であれだけ離れた所で起きた地震でも東京周辺の沿海部では、液状化など多大なる被害がありました。

液状化は、写真や映像などで見たとおり、地下水や地盤に含まれる水が地表に噴出してきて地盤そのものを流動化させる現象です。<液状化映像>

東京の液状化予測図(詳細ココをクリック)

ekijyouka1.jpg

液状化マップによると、足立区、葛飾区、江戸川区、墨田区、江東区、中央区及び東京湾岸地域、品川区、板橋区に液状化が発生しやすい地域が多く集まっています。

多くの超高層ビルが液状化で倒壊?

フジテレビがあるお台場など臨海副都心といわれる、超高層ビルが林立する地域で液状化が起こるとどうなるでしょうか?

おそらく我々はこれまで見たことも無い光景を目の当たりにすることになると思います。多くの超高層ビルが倒壊してゆくという悪夢のような現象です。

よりによって、これら超高層ビル、マンションと呼ばれるものは、海や川の傍の埋立地などの地盤の軟らかいところに立っているものが多いのです。

でも、耐震、免震、制震構造になっているから大丈夫なのでは?と思われる方も多いかと思いますが、これは硬い地盤に基礎杭が打たれていればという前提があった場合です。

杭が打たれている地盤がもし豆腐やプリンのように軟らかい地盤だったらどうでしょうか?

通常建物を支える為の杭は、硬い地盤に打たれます。ところが、臨海副都心のようなところでは、固い地盤は地下3000mのところにあるので、当然杭は軟らかい地盤のところに打たれています。

ですから、たとえ地下20mの所に打っても、地震で地盤が液状化すると、地盤そのものが流動化して杭に対して側面圧力がかかり杭が折れたり、地盤ごと建物が傾いて倒れてしまったり、地中に建物ごと沈んでしまうこともあり得るのです。

当然、地盤の流動化で水道やガス、電気などのライフラインは切断されます。3.11では実際、浦安市や舞浜などの臨海地区で起こりました。

更に液状化する地域のビルだけではありません。首都圏では多くのビルが崩壊するでしょう。

ビル溶接工事の9割以上が手抜きだらけ

船瀬俊介さんの「崩壊マンションは買わない!」(リヨン社)という本によると、ビル溶接工事の9割以上が手抜きだらけの違法(建築基準法施行令第67条第2項違反)で危険な建築物です。これは2003年の1月26日のサンデー毎日のスクープで明らかになりました。

鉄骨と鉄骨を接合する時に、火を入れて冷ます、という作業を何回か繰り返して強度をつけるそうですが、その冷ますという作業を国のマニュアルどおり行わないで大幅に省略しているので、強度が足りない。

そのようなビルが東京だけで19万棟もあり、都の指導官から業者まで手抜き溶接を認めています。

このようなことは、東京だけではなく、全国的に起こっています。

日本建築学会の調査によると、阪神大震災では、933棟のビルが被害を受け、90棟が倒壊、鋼材、溶接部分の強度不足による破断で修復不能になったビルが333棟。

この建築業界にあっては、住人の生命よりも金儲け優先はあたり前、建設コスト削減、工期短縮のために手抜き工事が日常的に行われているのです。

姉葉耐震偽造は氷山の一角、腐敗しきった建築業界

2005年10月に発覚した姉葉秀次建築士による耐震偽装を発見した渡辺朋幸建築士によると素人目にもわかるほど偽装はズサン。

本来90センチ地中梁の幅がたったの55センチ、配合すべき鉄筋数は31本必要なのに、わずかに10本。

渡辺氏は構造計算書を審査した民間の建築検査機関、日本ERIに偽造を忠告したにもかかわらず、何の反応もなし。

その1年半後、マンション販売会社ヒューザーの構造計算書を渡辺氏は見て、相変わらずの耐震偽造に驚愕。

渡辺氏は建築確認をした民間検査機関のイーホームズに連絡。

同社はヒューザーに連絡したが、ヒューザー社長は「天災地震で倒壊した後住民に公表すればいい」「公表したらイーホームズを徹底的に叩く」と恫喝。

それが、マスコミに伝わって、2005年11月17日に大きく報道され、日本中を揺るがせる大事件に発展しました。

耐震強度が通常の15%という超欠陥マンションもあったということで、しかも施主のヒューザーは、格安マンションということで売りまくったいたと。

さらに施工段階でも、手抜き工事が次々に発覚、震度5強でも倒壊の恐れと判断され、マンション住民に衝撃を与えました。

また姉葉建築士が設計にかかわった建築物が全国で194棟で、そのうち姉葉氏が偽造を認めた21棟のうち20棟は、イーホームズが検査して建築確認を下ろしています。

民間検査機関イーホームズの検査官は当時10人いたそうですが、全員、行政の天下り検査官。

「巧妙な偽造で、審査は適切、姉葉の個人犯罪で我々に過失はない」と主張していたようですが、建築専門家によるとチェックすれば気づく幼稚な偽造。

内部告発では、依頼物件の9割を実質検査していないことが判明。

下請けの設計業者らは、発注元のヒューザーの指示で姉葉氏に構造計算を委託した、と証言。ヒューザーによる「鉄骨を抜け」「安く上げろ」の姉葉氏への指示も露見。

施工した木村建設も下請けに鉄筋を減らさないと仕事を回さない、と圧力をかけたことを国会参考人で認める発言。

官民あげてのズサンな建築検査

姉葉氏の提出した他の建築確認を手がけた民間検査機関最大手の日本ERIでも、16件中11件に偽造があったことが発覚。

また、この時に民間だけでなく、従来通りの行政による建築確認の耐震強度偽装見逃し例が続出。

建築検査においては、官民あげてのズサンな検査実態が明るみになりました。

民間に建築確認を認めたのは1998年。

それまでは区や市等の地方自治体の建築指導課が行っていた建築確認業務を民間が行うことを認めました。

しかし、民間が行った建築確認は、最終的に地方自治体など特定行政庁の建築主事に書類が回ってきて、主事の印鑑がない限り、建築確認はおりません。つまり、責任は、特定行政庁にもあります。

そしてその特定行政庁を監督指導するのが国土交通省です。国土交通省が最終責任者です。

国の認定した民間検査機関が、建築確認関連書類をほとんどチェックすることなく、フリーパスさせている実態を特定行政庁ならびに国土交通省は知りながら、まったく何の指導もしてこなかったという行政の無責任体質が招いた事件です。

実際、イーホームズが、2005年10月26日に姉葉氏の偽造を国交省に通報したところ、そちらで解決されたい」と返答、完全に監督責任並びに権限を放棄したような発言にはあきれるばかりです。

船瀬氏の本によると、民法709条にこのような法文があるそうです。

「故意または過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じる損害を賠償する責任を負う」

よって、法律家の見解は「民間検査機関の過失はイコール自治体の責任でもあります。

構造計算の偽造を落ち度(過失)により見抜くことができなかった。

よって救済策は公的支援ではなく法律上の過失責任となり、自治体は被害住民に全額賠償しなければならない。」

ところが、船瀬さんの本によると、マンション住民は、自治体から「使用禁止」「退去命令」そして「解体命令」を突きつけられ、あげくに解体費用として約5000万円の支払い義務があると告げられ絶句、と書いてありましたが、役人はだいたいこんなものです。

法律や専門性に疎く(例えば建築指導課の役人は構造担当者を除いて、建築基準法や自治体の安全条例をきちんと理解していない。)、住民の安全や利益など考えていません。自分の責任逃れが先ず一番。業者の利益二番、というのも将来の天下り先と見ている。

ところで、ヒューザー社の偽装マンションを施工した木村建設の社長をたたえた本が、事件直前に出版され、文中にこのように書いてあったそうです。

「経済主義を排除し、儲けを最優先に考えない」

「木村氏の昔気質は、今の時代には一服の清涼剤」には、船瀬さんも書いていましたが、爆笑ものです。

コンクリート工事も手抜きが横行

さらに船瀬さんの本によると、耐震偽装、鉄骨溶接部の強度不足だけでなく、コンクリート工事も手抜きが横行していて、以下書かれている事は、業界では日常茶飯事、不正の山。

コンクリートを作る時にに海砂を入れ高濃度塩分が残留して、鉄筋が腐食・膨張し内部から破壊。

生コンに水を大量に加え、2倍加水で強度3分の1。

隙間だらけで砕石が露出したコンクリートをモルタル塗ってごまかす。

生コンの配合セメントをごそっと抜く、大阪万博では25%抜いていた。

生コン工場から出る廃棄物のヘドロを混ぜて増量。

コンクリの型枠が作業員のゴミ捨て場となり、コンクリの中に空き缶から作業ズボンまで混入。

鉄筋をごっそり抜く。

これ以外にもまだ8パターンの不正コンクリートが記載されています。

船瀬さんの本には、ある大手ゼネコンの建築技術者は、自社の施工したマンションを買わない、と証言したと書かれていますが、おそらく自社だけなく、業界の実態を熟知しているのでマンションそのものを買わないでしょう。 

阪神大震災で高速道路の橋脚が崩壊しましたが、これも悪質なコンクリート施工が原因。

コンクリートの専門家、小林一輔東京大学名誉教授は、このような施工不良のコンクリート構造物が、2005年から10年にかけて一斉に崩れ始めるという予言をしていたそうです。

今のところ崩れてはいませんが、今後関東圏を襲う大地震によってこのような建物は、崩壊してしまうでしょう。


PCbyu.jpg

エイズ、ガン他万病を治す「もの」が遂に出現(2)

エイズ、ガン他万病を治す「もの」が遂に出現(2)

奇跡のサプリメント

前回、このエイズ、ガン他万病を治す「もの」(1)を書いた時点では、私自身は実際にこの「もの」を試してなかったのですが、例によって私に様々な有益な情報を与えてくれるHさんから話だけ聞いて、これは凄い!と書き始めた訳です。

で、3週間前位から実際に自分も試してみました。試してみて、やはりこれは凄い!というのが実感です。

私の体験談については、後の方で書きたいと思っていますが、まず、タイトルのエイズ、ガン他万病を治している「もの」とは何か、その発見者、その実績などをお伝えしましょう。

それは、MMS、ミラクル・ミネラル・サプリメントと呼ばれるものです。名前の中に奇跡という言葉が入っていますが、まさに奇跡のサプリメントです。

アフリカ・マラウイ、マラリア治癒率100%

アフリカ数カ国において7万5千人以上のマラリア感染者を対象にした実地試験では全員が快癒。(正式な臨床データがないためこのような表現。)

また東アフリカのマラウイ国の刑務所でマラリア感染者に対す臨床試験での治療結果は、治療率は100%。

これがどれだけ凄いことなのかというと、マラリアは、熱帯や亜熱帯地方で発生する原虫感染症で、国境なき医師団によると、毎年約200万人がマラリアで命を落としていて、罹患すると死ぬ可能性が高い難病です。

現在まで20万人以上ものマラリア患者がこのMMSによって命を救われているとのことです。

(インドでのマラリア患者に実際MMSを投与して、短時間に治癒されている映像があるので、ご覧ください。日本人が撮影) 

http://www.youtube.com/user/muturou?feature=mhum#p/u/12/zvHdQqi6OTg

アフリカ・ウガンダ、エイズもほぼ全員治癒

次はエイズに関してです。

ウガンダで治療した500人以上のエイズ感染者のうち60%以上は3日で元気になり、残りの98%は1ヶ月以内に快復したとのことです。(これも正式な臨床データがないためにこのような表現になっています。)

その後のさらなる研究や一般人のMMS使用者による体験から、エイズはもちろん、末期がん(それも超末期)、肝炎、各種インフルエンザなどのあらゆる致命的な感染症にも非常に高い効果があることが判明しています。^

しかも超安価、1年分でも2000~3000円

エイズ、ガン他万病を治す「もの」が遂に出現(1)で書いたように、全く効果がないどころか副作用でガン患者を苦しめた挙句、免疫力を奪い、早死にさせてしまう抗がん剤は、注射器1本700万円~1900万円。

このMMS、市販されているのですが、1年間、処方に従って使用してもたったの2000円~3000円です。

この価格からも、多くの人を救おうという強い意図を感じます。

よって案の定、米国では、医薬品業界、医師会、医学界などと癒着構造にある日本の厚労省と同様の行政組織、アメリカ食品医薬品局 (Food and Drug Administration) などによって、販売を妨害されています。この辺、改めて書きます。


MMSは神様からの贈り物

まさに名前どおり奇跡であり、使用者の体験談にも書いてありましたが「神からの贈り物」と言ってよいものです。

後ほど、私の体験だけでなく、多くの体験者の方々の体験談を一部ご紹介したいと思っていますが、それを読むにつけ、これまで人類に苦しみを与えていた病気から、人類が解放される時代が遂にやって来た、黄金時代に確実に近づいていることをひしひしと感じます。


鉱山技師ジム・ハンブル氏が偶然に発見

ところで、このMMSの発見者は、アメリカの鉱山技師であったジム・ハンブルさんという方で、ガイアナで金の採掘をしていた1996年に偶然と言っていい形で発見しました。

o0740082010505136771.jpg <左クリックで拡大>

当時現地の労働者が、ひどいマラリアにかかってしまい、ジャングルの中で薬もなく、ハンブルさんは手に持っていた飲料水用の殺菌剤を彼に飲ませました。

すると、数時間後には、あれほどひどい高熱で苦しんでいたのが嘘のように、すっかり元気になってしまったのです。

この殺菌剤は、当時アメリカのどこの健康食品店でも手に入る安定化酸素と呼ばれているもので、それが実は亜塩素酸ナトリウムであることが分かりました。

そして亜塩素酸ナトリウムがヒトの体内で二酸化塩素となり、これがマラリアを駆除していることをジム・ハンブルさんは突き止めたのです。

後に、この二酸化塩素は地球上で最強の殺菌・消毒成分であることを1999年米国化学学会化学分析部が発表しています。

またこの二酸化塩素は、病原菌だけでなく、人体や生命体に有害な毒性化学物質、重金属、異物等も破壊することが分かっています。

understandingmms.jpgジム・ハンブル著、大発見- 21世紀のミラクルミネラル ソリューション

有害な毒性化学物質として知られているものにダイオキシンがあります。史上最凶の物質とも言われていますが、そのダイオキシンによる被害として知られているカネミ油症事件
の被害者の方の体験談が、ありますのでご紹介します。

また、余命2週間の女の子、HIVの男性、B型肝炎の方が治癒している体験談も併せて転載させて頂きます。

(以下は、サイト、大発見- 21世紀のミラクルミネラル ソリューション(MMS)より転載)

★20011年 7月12日 カネミ油症の被害者のご婦人が快復されています(重本加名代様、福岡県)

私は1968年にカネ身油症(yusyou)被害にあいました。本当はそれ以前から発症していたのですが国が1968年しか認めないのです。

カネミ油症はダイオキシン中毒被害です。PCBが混入していた食用油を食べてダイオキシン中毒被害にあいました。

汚染油を食べてから今まで色んな病気を発症し、また訳がわからない症状で苦しみぬいてきました。

今までの間に何度も死に掛かりましたがそのつどサプリなどで延命してきました。

しかしながらサプリなどは身体が慣れるのか数ヶ月で効き目がなくなり、また苦しい日々が続きます。

本当に苦しく、いつも「誰か殺してくれ」と心の中で叫んでいました。

そして最後にMMSに行き着きましたが、実を言いますと、私の命はもう長くないと感じていて、さりとてサプリはもう十分、高額なサプリを飲んでも数ヶ月しか効き目が無いなら、このままでいようと思っていました。

そんな時ネットでMMSを知り、これならいけるかもしれない、なんとかなる可能性があるかもしれない、これが最後の賭けだと思い2月から飲み始めました。

飲みだしても直ぐには効果はわからないかもしれないと思っていたのですが、一回飲んだだけでブロックを軽々持って歩くことが出来たのです。

体力がかなり無くなっている状態だったのでビックリしました。

ただ、一滴しか飲まないのに胃に、焼けるような痛みと吐き気がありかなり苦しくは有りました。

それからは胃の焼けるような痛みと吐き気と下痢との戦いです。

今でも胃が焼けるように痛みますが、それは半世紀ほど前に身体の中の奥深くまで入り込んだ、ダイオキシンのせいだと思っています。

此処までダイオキシンに蝕まれた身体がそう簡単に快復するはずが有りません。

だけど、MMSは確実に私の中のダイオキシンを中和してくれてます。

沢山の症状が有りましたが、今はかなり軽減してます。

骨が疼いて歩くのも容易ではなかったけど、その痛みはなくなりました。股関節の痛みもかなり軽減してます。

手の甲の骨が疼くので自筆で文字を書くことが出来なかったのですが、今はその痛みがなくなっています。

爪が巻き爪で、両足の親指が特に酷く痛みで靴が履けなかったのですが、その痛みがかなり軽減されていて、親指を爪の上から押しても痛く有りません。

目の奥を針で刺すような痛みもなくなりました。

お腹も、激痛で気を失い激痛で気がつくと言うのを三日三晩繰り返す、これが数ヶ月に一度起こっていたのですが未だにありません。

肺の痛みもなくなりましたし、心臓の痛みもかなり軽減してます。

胆嚢の痛みも軽減してますし、肝臓の腫れも無くなっています。膀胱の痛みも無くなってます。

脾臓の腫れも無くなってます。内臓の焼け付くような熱も無くなっています。

毎年夏になると熱中症で一日の内殆どの時間を、冷たい水の中で過ごしていましたが、(実はエアコンの冷機だけでは体内の熱が冷めないので、いつも水風呂に浸かっていました。)今年は汗を流れ落ちるようにかけるようになりました。

今まではベタッ、ジトッとした汗しか出なかったので、それで熱を発散させることが出来なかったのです。

真珠のう胞も無くなっています。

身体から透明の臭い脂が吹き出ていたのですが、それも軽減されています。

目からも出ていて、眼鏡のレンズのコートが剥がれていたのですがそれもありません。

実は去年の12月9日にあった玄海原発事故以来、家族全員が激しい虚脱感に悩まされていました。

止まっていた頭痛も再開してましたし、中学生の息子は鼻血をだしたりしてました。

放射線は体内に入っている化学物質と反応して被害が重くなります。ですがその反応も近頃やっと軽減してき、
事故以前の身体の状態に戻りつつあります。

MMSはダイオキシン汚染だけでなく、放射線汚染まで中和するのだと私は確信しました。

症状は思い出せばもっと沢山軽減されたものがあると思います。でも、多すぎて直ぐには思い出せません。

毎日毎日、飲んでは吐き気、焼けるような痛みと下痢の連続でした。

一滴からやっと二滴、二滴からやっと三滴、そして今はようやく四滴で飲めるようになりました。

今でもMMS2はまだ胃に焼けるような痛みが出ますが、それもいずれは無くなると思っています。

今まで身体の中の化学物質がなくなるまでの辛抱と、我慢して飲み続けてきました。

まだまだ健康体ではありませんが、こうして文字に起してみると本当に色んな部位の痛みが軽減されているのだと、本当にビックリしています。

飲みだして半年近くでここまで軽減されたのです、

半年先の1年後が物凄く楽しみです。飲みだして1年たったときの私の身体はどうなっているのでしょうか?、

まったく想像が出来ません。今はまだ健康体がどんな物かも想像できないので、半年先を楽しみに頑張って飲み続けます。

(追加:もう30年ほど歯茎が腫れてぶよぶよしていて、そのせいで奥歯は抜けてしまいましたが、その腫れが治まって来ました。

10数年前から真冬でも身体から塩(ナトリウム?)が吹き出ていましたが、それもかなり治まっています。)

生きているのが不思議と医師から言われているくらい身体は悪いのですが、MMSのおかげで希望が出ました。


余命2週間の女の子

今週は、色々なことが起こって大変に興奮しました。私は以前にこの女の子について話ました。

デルウィは癌によって基本的に、後2週間の命しかないと代替医療の医者に宣言されていました。

彼女は車椅子に座った生活でした。

彼女の家族が次の誕生日には無理であろうと思って、特別に早い誕生パーティーを開きました。

彼女は10分間でさえ立ち続けることができません。車椅子に座っている時も衰弱して見えました。

この医者がMMSを知っており、体内における機能を理解していましたから、できるだけ早く、彼女に与えるようにと強く勧めました。

医者は、実際に効果のあるものを飲ませれば、後は神様が介入して、彼女はこの容態を切り抜けるでしょうと言いました。
 
彼女がMMSを飲み始めてから11日後になると、立ち上がって散歩に出かけました。

昨日は、自分で車を運転して湖まで行き、湖の周りを散歩しました。

昨日は発表会を行い、いつものようにうまくこなしました。

(医者が言ったように)神様が介入してくれました。神様を賛美します。

ジョアン・カイス

★2011年 8月14日 HIVと前立腺の問題の人が短期で改善しています

2011/7/23 Park Jae Min From India
(ジャエミン・パーク様、インド在住)

メール ありがとうございます。
トマトには ビタミンC(天然の)が たくさん入っていますね

最初から MMSを 水一杯に3滴を入れて飲んで1時間後にまた2回目の3滴を飲むような方法で1日8回飲みました。

最近では、MMS2 飲んでいて、1日水10カップを飲まなければなりませんでした。

今日からは水の量をコップ1杯の代わりに半カップに減らして飲んでみます。

私はMMSを6月5日から飲み始めて、2つの効果を見ました。

一つは、6月7日、HIVの定期診断で5-6ヶ月に一度血液検査をしたのですが2年前から、CD4(免疫の数値)が750で、
今年1月には500までダウンしている。CD4が300以下になるとHIVの薬を飲まなければなりません。

ところが2週間後に検査結果としてCD4が800で出てきました。わずか2日間MMSを飲んだだけです。

次のことが韓国で受ける検査は、より良い結果が出てくると思います。

もう一つは、私は数年前から前立腺に苦労をしていました。

2年前に前立腺の手術をしました。手術後はよくなったが、数ヶ月後から尿をするのが難しくなっています。

一日に20から 30回トイレに行かなければなりませんでした。

大学病院で尿管狭窄症なので、詰まっている尿道を蒸留水を使用して固定し、インドに戻ると、1ヶ月後に再び同じ症状が現れ、4回も韓国に行ってきました。

ところが、今まで尿道拡張をしてから1ヵ月半経っても一日に何度もトイレに行っていたのですが、その回数が少なくなりました。

尿が腹に残っている残留現象もなくなっています。

この程度なら、MMSの大きな効果だと見ても良いでしょう。まだ時間が必要だが、これまでの経験を見れば分かります。


2011年4月28日 B型肝炎が消失しました!レイモンド(香港)

こんにちはジム、B型肝炎の報告を送ります。私は友人と一緒にMMSを飲み始めて1週間で15滴に到達しました。

そして、検査を受けました。2週間後に「ネガティブ」の結果が届きました。

東アジアに住む中国人がアメリカに来てB型肝炎にかかりました。

医者は治療方法がないと彼に告げました。

しかし、私の友人であるティムと私はMMS15滴を1週間飲みました。

そうすると20年間持ち続けてきたB型肝炎が消えていました。
私はあなたの資料を中国語に訳して、多くの知人、友人、親戚に知らせました。

また4期の大腸がんに罹っている韓国人の婦人にMMSを紹介しました。

医者は余命6ヶ月だと告げたのですが、私のアドバイスに従ってMMSを飲み始めてから、すでに18ヶ月経ちました。

またHIVの友人にも紹介して、今は高額な薬を使用しなくてもよくなりました。

以上の体験談は、サイト、大発見- 21世紀のミラクルミネラル ソリューション(MMS)より転載させて頂きました。

他にもたくさんの体験談が載っていますので、是非ご覧ください。詳細は上記サイトをご覧ください。

悪玉菌のみを破壊するメカニズム

MMSが病気を治すメカニズムは、上記サイト等に詳しく載っていますので、その辺はサイトを参照して頂きたいのですが、ここでは一つだけそのユニークなメカニズムをご紹介したいと思います。

通常、それだけ強い殺菌力があるとしたら、乳酸菌やビフィズス菌など善玉菌など有用菌も殺してしまうのではないか?という疑問がわいてくるかと思います。

このMMSは、なんと有害菌のみを攻撃して、破壊してしまうという性質があるのです。

というのも悪玉菌は、嫌気性バクテリアで、酸素を嫌うというか使わないバクテリア、一方、善玉菌は、好気性バクテリアで、酸素を使うバクテリア。

酸素を嫌うバクテリアは、二酸化塩素の酸化作用によって、破壊されてしまうというわけです。

この辺が抗がん剤などとは、全く違うところです。

エイズ、ガン他万病を治す「もの」が遂に出現(1)で書いたように、抗がん剤は、ガン細胞だけでなく、ガン細胞を攻撃破壊するNK細胞など、有益な免疫細胞まで破壊してしまいます。

(しかし、ガン細胞よりも免疫細胞を破壊する割合の方が高い。)

また、抗がん剤は免疫力には欠かせない善玉菌を殺してしまいます。

で、多くの方が、免疫細胞が無力化しているので、数ヵ月後には、以前よりもガン細胞が我が物顔で増殖してきて、全身転移でなすすべもなく死んでしまう、と。

これがMMSにおいては、例えば皮膚ガンは、わずか2~3週間で治ってしまうというのです。

ジム・ハンブルさんによると、MMSは免疫力を100倍高めると言います。(これには私の体験でも同意します。これについてもあらためて書きます。)

上記MMSのサイトを作っている人のと思われる体験談が載っていますが、そこには、このように書かれていました。

MMS7滴を飲んだ時にたくさんのほくろが崩れて粉々になって落ちてしまいました、と。

MMSは、水やジュースで薄めて飲むので、水分が通過する食道、胃、腸、肝臓、腎臓、膀胱など内臓器官のガンなどに速やかに効くのは、感覚としてよく分かるのですが、人体の表面レベルにも大変速やく効果があることが分かります。

赤ちゃんの時の血液になると言われていますが、私のこの3週間くらいの体験でも、これは確かだと思います。

血液が完全に浄化されるということです。

次回は、私の体験談とどこにも書かれていない、私が感じたMMSの思わぬ素晴らしい効果について書きたいと思います。


PCbyu.jpg

最新記事
プロフィール

三休さん

Author:三休さん
のブログへようこそ!

昭和28年東京都江戸川区  小松川の生まれ

都電の西荒川駅前にあ
った生家には、故赤塚不二
夫さんが下宿していました。

上の写真は、昭和30年5月石森章太郎さんが赤塚さんを訪ねてきた時のもの。

赤塚さんは、その2年後有名なトキワ荘に引越しました。

徒歩数分の石毛肉店には、私と一緒に住んでいた従姉と同じ深川高校に通う五月みどりがいて、この翌年に歌手デビュー。

生家の2軒隣にその数年後、横綱柏戸が引越してきました。

私は、その後両親が近所に建てた家に引越したのですが、3軒隣にラグビー日本代表だったターザン橋本(本名橋本晋一)氏が住んでいて息子が私と同級生。

息子H君はその後早稲田ラグビー部の主将。

私が小中学校時代に通ったラグビースクールで一緒にプレーした新日鉄釜石7連覇の立役者Mr.ラグビーと言われた松尾雄治君とその後早明戦で戦ったのには驚きました。

私も高校でラグビー部に入ったのですが、挫折。結局それが遠因で、精神世界に。

そして今に至るのですが、何が幸いするか分かりません。

もし、そのままラグビーを続けていれば、何がしかの世界で成功したかもしれませんが、失敗の人生を歩んでいた可能性があります。

真の意味での成功者とは、永遠不滅の至福の境地である「悟り」に達した人々のことであり、そこに向かって着実に前進している人々のことを言います。

(「悟り」「真の成功者」に関して詳細は、本ブログ記事「ホイットニーの死をバガヴァンの教えから考察する」等をご参照ください。)

まさに「人間万事塞翁が馬」。

趣味は瞑想です。

1977年から瞑想しています。      
基本的に24時間瞑想しています。
もちろん、座って瞑想するのも大好きです。

意識の内側へ入れば入るほ
ど、より覚醒し、より自由に
なってゆきます。

瞑想をとおして、
この世界のあらゆる楽しみ、
快楽をはるかに凌駕する
時間、空間を超えたこの
現象世界の源である
永遠不滅の純粋意識、
そしてその本質である
絶対的な自由と愛と至福を体験します。

多くの方にこの事実を体験を通
して知って頂きたいと思ってい
ます。

覚醒剤もドラッグもいりません! 

ただし、瞑想には、効果的で正しいやり方があります。

正しい角度で飛び込み、正しい泳ぎ方を身につけることで、スムースに海中深くに潜ることが出来ます。

それと同様で、効果的に効率よく、マインド(心)の内側深くに入り、究極的にはマインドを超越する方法が、正しい瞑想法です。

古来より覚者方より様々な瞑想法が、伝えられております。

マインド(心)は、永遠でもなく、真我(本当の私)ではありません。

その正体は思考であり、常に変化して止まず、幻影です。

リンク先 (有)楽趣美サイトもご覧下さい。

★ブログの内容に関するお問い合わせに対しては、個別に返事は出来ません。

当社㈲楽趣美(八王子市)の営業内容(インド占星術・ヴァストゥ鑑定、遠隔ディクシャ他)に関するお問い合わせやお申し込みは、上記楽趣美サイトよりお願いします。

月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QRコード