必見!バガヴァンのウェブ・ダルシャン

現在、毎週日曜日午前1時半、午後1時半の2回

インターネットによるシュリ・バガヴァンのウェブ・ダルシャンが行われています。

(上記以外の時は、バガヴァンの講話がながされています。)

<リンク先 http://www.onenessuniversity.org/index.php/webcasts/webcast-player>

最初の15分間バガヴァンが画面に登場して、瞑想をします。

視聴者も、同様に一緒に瞑想します。ただその時に、パドカ或いはアンマ・バガヴァンの写真、それらがない方は、仏像や聖者方の写真など聖なるグッズに触りながら瞑想します。

この時の瞑想は、ただ目を閉じて、心(マインド)の内側を見ているだけです。

闇の中での瞑想

その後、各自真っ暗な部屋で瞑想を14分以上します。部屋にパドカなど聖なるものを置くことで、部屋全体を聖なる空間にします。

バガヴァンはこのように語っています。「この時に必要なことは部屋にパドカを用意することです。パドカはあなた自身の神の御足を意味します。そしてあなたが崇拝する神のプレゼンスを、ハートから呼び招きます。

最高に聖なる空間を保つようにします。もしそこに聖なる雰囲気がなければ、プレゼンスは来ないかもしれないし、またはあなたがそれを感じることができないかもしれません。

聖なる空間に身を浸すことは、神に近づく最も簡単な方法です。」

そして、その後、シッダ・アサーナ(半跏趺坐)等で座り、鼻先に注意をもってきます。呼吸は自然で、目は半眼で闇を観ています。上の歯と下の歯はくっ付けません。

掌を上に向けて、人指し指を親指の付け根に付けて膝の中間の位置にのせて瞑想します。(上位のチャクラ、アジナーとサハスラーラが活性化すると言われるムドラー(印)です。)

鼻先を意識しながら、真っ暗闇を観想しているだけですが、神の臨在(プレゼンス)の高まりとともに、自然に呼吸が静かになってきて、至福感の高まりを感じるでしょう。そして呼吸は停止します。超越状態、サマーディと呼ばれる純粋な意識を体験します。

さて、半眼で真っ暗闇を観るのは、どうしてでしょう。先ず、闇というのは、人を落ち着かせます。部屋を真っ暗にして寝ると、松果体からメラトニンが出てきて熟睡できることが最新科学で分かっています。

また鼻の先は、ムラダーラ・チャクラ(会陰)と松果体とダイレクトに繋がっていると言われています。ですから、この瞑想法はクンダリーニを活性化させ、上昇させます。

古来より、よく行われている瞑想は、眉間の奥に光を観想するというのが多いのですが、闇を観想するというのは耳慣れないと思います。(前述のマンタク・チャのところでは行われています。)

眉間の奥の視床下部辺りにあるアジナー・チャクラは、光によって活性化します。

一方、松果体と関係したサハスラーラ・チャクラは、闇によって活性化するのです。

この現象世界を作り出しているのは光なので、光はプラクリティと関係しており、闇はその観照者であるプルシャと関係していると思われます。(純粋意識においては、当然、光も闇も超越しています。)

また闇を観ていると内側と外側の区別がなくなってきます。

ブラフマン(大我)意識とは、この内側と外側の区別のない状態です。あらゆるものが自分だと、或いは自己の意識の一部だという認識になると言われています。

世界と自己との間の分離感は消滅します。

ということで、毎週日曜日早朝の1時半と午後1時半に、シュリ・バガヴァンと一緒に瞑想をして頂ければと思います。

余命1週間がディクシャで奇跡の回復with インド占星術による解説

余命1週間がディクシャで奇跡の回復 with インド占星術による解説

最近、医者からガンにより余命1週間と言われた方が、ディクシャを始めてから奇跡的に回復している旨のメールを戴きました。ご紹介します。

胃にガンが見つかり、開腹手術をしようとしたのですが、ガンの転移が発見され、医者は手術を諦めたそうです。私は却って、それが良かったと思っています。開腹したので弱ってしまいましたが、手術をしなくて良かったと。下の方に私のインド占星術からみた解説を載せておりますので、そちらの方も是非お読み下さい。

一応、私だけでなく、既にディクシャでガン治療に実績があり、私と同様TM瞑想を30年以上実習している若狭利夫さんにもディクシャして頂いています。(若狭さんサイト)

(以下は、2010年1月24日に戴いたメールです。)
                           中部地方在住 H・Kさん
渡辺先生、お久しぶりです。いつもありがとうございます。

母は1月9日に再入院して、一週間持たないと宣告されてから二週間以上経過しました。なぜなのか、日に日に良くなってきてます。
顔色がよくなり元気よく話し笑顔もみせてくれます。間違いなくディクシャのおかげだと思います。ありがとうございます。

また、母自身何か気づきみたいなのがあったみたいです。
ありがとうと感謝の気持ちを持ちはじめてから、ネガティブな感情が無くなり確実に治ると意識が向くようになりました。
その為、母は体の状態とは逆にかなりポジティブです。
母の心が未だかつて無いくらいポジティブに向き始め、日を追うごとに一歩一歩確実に快復してきています。

そして、本日ついに鼻から胃液を吸い出している管がとれ、水分をとってもいい許可がでました。
私たち家族は主治医の先生から大変ネガティブなことを聞かされていたので、この現実は奇跡のようで本当に嬉しく家族で大喜びです。

1月9日に再入院し主治医の先生から絶望的なことを聞かされた時は、流石に万策尽きたと私も泣き崩れてしまいました。
そんな中、渡辺先生から「大丈夫です。」とメールを頂きました。あのような厳しい状態から、「大丈夫です。」とメールを頂き、実際に快方に向かっているわけです。家族一同びっくりしています。

先生は未来が見えるのですか?それともジョーティシュでここまで読むことができるのですか?とにかく凄すぎます。
大変励まされ、嬉しく、とても感謝しております。
本当にありがとうございます。

お体には気をつけてインドへ行って来てください。遠隔ディクシャも宜しくお願いいたします。

また、メール致します。ありがとうございます。  

(以下は、2010年2月9日に戴いたメールです。)

渡辺先生、お久しぶりです。いつもありがとうございます。

母ですが、奇跡的な現象が続いてます。
再入院時は、余命一週間持たないでしょうと言われましたがもう、1ヵ月です。しかも日に日に快復し、少しずつ食事が取れるようになり歩くこともできるようになってきました。

また、担当エリアの看護師長さんは母の歩く姿を見て、大変興奮し驚かれたとも聞いています。すごい快復力です。本当にありがとうございます。

そして、今週か来週くらいに退院します。
退院するとはいえ、重病人であることに変わらず在宅での環境整備が必要でした。しかし、とんとん拍子で在宅のドクター、看護師、ケアマネージャー等もみつかり順調に進んでいます。大変ありがたいです。

回り道をして恐怖におびえる日々もありましたが、いよいよ免疫療法に専念できるのではないかと期待しています。

本当にありがとうございます。今後も宜しくお願いいたします。

(以下渡辺 インド占星術等から観た解説)

インド占星術でお母様を観させて頂きました。上昇星座(ラグナ)蠍座の方で、ラグナに火星が入っています。この配置は蠍座の人にとってとても良く、パワー、強い意志、威厳、調和、困難さや敵に対する勝利、知性、向こう見ずで活動的、そして幸運さ、良い健康、長寿を表しています。

ただ火星は否定性の強い6室の支配星でもあるので、一度は体にメスを受ける暗示があり、それによって危険に晒される可能性を示しています。実際そうなってしまった訳ですが。

現在、土星のマハダーシャ(大運)で、金星のアンタルダーシャ(中運)、それが困難に直面する状況を招いています。出生図では、土星、金星共に獅子座の第10室に位置しています。獅子座は肉体の胃の周辺を支配しています。

土星は本質的に凶星なので、どこの部屋の支配星或はどこの部屋に滞在していても肉体の健康には良くありません。金星は第7室と12室の支配星なのでマラカと呼ばれ、これも健康には良くありません。

ウパチャヤハウス(3、6、10、11室)第10室の土星は健康には問題を起こし易い位置です。さらにマラカの金星と同室なので金星の影響を受けマラカ化していて、健康にとっては良くありません。

また、火星、土星、金星の三つの星が、腹部上部つまり胃の周辺を表す第4室にアスペクトしていますので、まさにこの土星、金星の時期に胃の周辺に病気(ガン)が発現し、火星が示す手術が行なわれました。

丁度、二つの星の健康にとってはネガティブな象位がそれぞれのダーシャ(チャートの主の運命サイクル、出生時に決定します)の時期に現れたわけです。

しかし、土星のトランジットを観ると、土星は昨年9月から現在乙女座を運行しており、月から見ると第9室、ラグナからは11室と吉凶あるものの獅子座にあった昨年よりかなり好転しています。

木星が現在水瓶座を運行していますが、これも吉凶あるものの悪くないです。

5月に魚座に入りますが、木星にとって自身の部屋ですし、ラグナにアスペクトしますので状況は更に良くなるものと思われます。

また、金星は確かにマラカで致命傷を与える星ですが、第10室に滞在しているので吉の側面も強く持っています。
またご本人を表すラグナの火星が困難に打ち勝ち大勝利、という意味を持っていますから、なんとかこのまま苦境を乗り切れるのではないかと思っています。

また入院した北東の方角も良かったです。七赤金星の生まれの方ですので、昨年北東はこの方にとって吉方位ではなかったのですが、後天定位盤では、八白の方位なので七赤の方にとっては、もともと吉方位です。良い方向への逆転の意味があります。
(動く方位や入る建物の家相は無視できません。ディクシャをやってもヴァストゥが悪いと中々効果が表れないことがありますから注意が必要です。)

ただ、現在ダーシャが上記の通り良くありませんから、しばらく油断が出来ませんが、ディクシャだけでなく代替治療や食事療法などでどんどん良くなって行くものと思います。

マハリシの予言&インド体験報告

マハリシの予言&インド体験報告

2月7日にインドから無事日本に帰ってまいりました。日本人の参加者は60名近くだったのですが、全員トレーナーになれたようです。海外からも多数の参加者があり、全員で200名くらいのコースとなりました。

日本人だけのコースで更にセレクトされるという話も聞いていたので、多くても30~40名くらいの参加者で、バガヴァンと個人的に話せるチャンスがあるかな、と思っていましたが、さすがに人数が多く思いは叶わず、その点はちょっぴり残念でした。

バガヴァンとのダルシャンは200名全員と2回ありました。いつものとおり参加者が紙に書いて提出した質問に対してバガヴァンが答えるという形式です。2000年に行った時は、2回出した質問に2回ともバガヴァンが答えてくれたのですが、今回は参加者も多かったせいか読まれませんでした。質疑応答の内容はほとんど記憶に無いので、それほど目新しいものは無かったと思います。

ただ、バガヴァンが2012年にフォーカスしているということは、よく伝わってきました。バガヴァンによると、バガヴァンの下を去って行ったアナンダギリ氏他ダーサジー(弟子)たちは、2012年に人類の意識に大転換が起こるということを信じていなかったようです。また彼らは奇跡も信じていなかったと。ギリ氏はディクシャの受け手の人たちは、自己努力をしない他力本願的な人々と見なしていた、と。

私の瞑想歴数十年の知り合いの中にも、2012年の人類意識の大転換の可能性を信じない人間はいます。しかしバガヴァンの一番弟子であるギリ氏たちが、信じていないとなると、2012年までに多くの人類を悟らせるということで、このカリユガ(暗黒時代)に登場したバガヴァンのミッション(使命)が果たせなくなるということで、結局はバガヴァンのミッションを理解できないダーサジーたちがゴールデンエイジムーブメントから排除された、という辺りが真相かと思います。

実は今から30年以上前に、昨年2月に亡くなられたTM瞑想の創始者故マハリシ・マヘーシュ・ヨーギーが、近い将来ヴィシュヌ神の10番目のアヴァター(神の化身)、カルキが現れるだろう、と予言していました。

私とTM瞑想を33年前の同じ日に始めたHさんは、マハリシのカルキ降臨について話した講話ビデオを観ていて、そのことがずうっと記憶に残っていたそうです。

そうしたところ10年前の2000年春ころにインターネットを通じて、カルキ情報にHさんが出会い、バガヴァンの教え等を伝える修養会が東京で開かれていることを知り訪ねてみたら、なんと主催しているのは私達がよく知っているやはりTM瞑想を実践していた大矢浩史さんだったのです。当時カルキセンタージャパン代表を務めていました。

Hさんは、やはり我々がよく知るTM実践者である岡山大学の松田先生が修養会を岡山で開いている、ということを知り岡山まで訪ねました。Hさんによると、大矢さんたちが紹介しているカルキは、マハリシが予言したあのカルキなのかどうかを確かめるためです。

しかし、いまひとつ分らない。奇跡話はいっぱいあるがカルキの教えもよく分らない。サダナ(修行法)はオーソドックスな感じだし、なにか泥臭い感じでTMの世界のように洗練されていないが、妙に魅かれるものがある、ということでとにかくインドに行って確かめてみよう、ということでHさんと私は妻たちと2000年12月にバガヴァンの下を訪ねた次第です。

その時は、とにかく講義漬けの毎日です。サマダシニさんやプルニマさんたちが今現在も行なっているのと同様、日替わりで講義を行うのですが、朝の4、5時ころまで講義をして「はい、次の講義は朝8時からです。」という感じで寝させてくれないのです。

講義中に寝ている人や寝そうな人は立たせられました。これぞ苦行という感じですね(苦笑)。実際に寝ないと逆にプラーナが増えて、意識を覚醒させる、と言われています。そのような修行はあります。上江洲先生はそれを自然に実践されていたのですね。

ところで講義の内容は、クリシュナ・ムルティの教えとそっくりのものでした。だからHさんと私や富山で現在もギヴァーとして活躍されているOさんは、このように話していたものです。「皆よくクリシュナ・ムルティの本をよく読んで教えを理解しているね。若いのにたいしたものだ。」と(笑)。

実は、その教えがバガヴァンの教えだったのです。実際にクリシュナ・ムルティと比較してみると分りますが、バガヴァンの方が万人に分りやすくなっていますし、バガヴァンも仰っているように、まず体験を与えますので、マインドや感情、感覚などを「観る」ということが、たやすく理解できるようになりますし、実践出来る様になるのです。

更に、バガヴァン独自の教えがあって、非常にユニークで深い洞察に富んだものです。これは、本などには書かれていないもので、どのグルも言及していないものです。

ダーサジーたちは、教えを理解できるように実例を多数交えながら話していますので、クリシュナ・ムルティの本とはやはり違いますね。

ただ、バガヴァンの講話の中にクリシュナ・ムルティの名前がよく出てきますし、バガヴァン御自身クリシュナ・ムルティの本を読んだり、影響を受けているものと思われます。

その後のコースの成り行きは、以前にこのブログの「宗教の終焉、ワンネスへの胎動 by シュリ・バガヴァン」

に載せていますので、是非そちらの方もお読み下さい。

さて、今回のコースは、その時のような一日中講義漬けということは無かったのですが、相変わらず講義が多いことには変わりがありません。

ワンネス・テンプルにも2週間近くいて、皆で公式には2回しか行きませんでした。

サティヤ・ローカ(以前のアシュラム)ツアーに私は参加しなかったので、やはり参加しなかった同室のMさんとオートリキシャを呼んで(1台片道200円位)ワンネステンプルに何回か行って瞑想しましたが、やはり言葉に出来ない静寂で瞑想体験は自由と至福に満ちたもので大変素晴しかったです。時のない時間を過しました。

バガヴァンは、最近どこかの国とのスカイプ・ダルシャンで「知識はもう十分、これからはもっと充分な体験を与えてゆきます」というような内容のことを話されていたので、期待していたのですが、その点やはりバガヴァンと現在残っているダーサジーたちとの間でズレがあるように感じました。

ダーサジーたちは、これまでの先輩達、スジャイ氏とかプルニマ氏たちのやっていたことを踏襲しているのでしょうが、今後は改善が望まれます。

参加者の中にはTM瞑想をやっていた方が結構いました。私のベッドの隣から3人の方全員がTM瞑想実践者でした。面白いもので類は友を呼ぶ、ということですね。

早朝毎日5時頃から、1階の瞑想ルームで瞑想していましたが(全員で3~4人)、私が瞑想を始めると程無くして来る外人の年配の男性がいました。

私が瞑想をやめるとその方も止めるという感じで、同調しているな、位に気に留めていなかったのですが、なんとその人がバガヴァンとのダルシャンの時に、その方の質問書が読まれバガヴァンはその人に「あなたは一時的な悟りの状態ではなく、完全に悟りを開いています。」と言われて一気に大注目、ヒーローになってしまいました。

この方に関しましては、また改めて書きます。

ということで、なんとかトレーナーになれたわけですが、今後ディクシャ・ギヴァーを養成するというミッションが与えられた訳で、早速開催すべく準備をしています。今後の予定は当ブログなどご覧下さい。

これまでの私の瞑想体験

ディクシャ7回でハートがとろける

皆さん口を揃えて、年々エネルギーが強まっている、ディクシャはとにかく凄い、と言っております。

私なども5~7回くらい受けると、頭が消え(もちろんノーマインド無思考状態)、ハートに意識が収束してきて、ハートがとろける様な気持ちよさです。

昨日来られた女性は、まだ2~3回目なのですが、日常生活で、変化がたくさんあり、何よりも瞑想が、深くなって楽しく出来るようになった、と喜んでおられました。


ディクシャで瞑想は絶対的に深くなる

ディクシャで瞑想は絶対的に深くなります。

プロフィールにも書きましたが、瞑想が深くなればなるほど、この世界の諸々の事象に対する引っかかり、つまり執着を作り出している雑念というか思考が消えて行くので、より自由な感覚になって行きます。

同時に、至福意識であり本当の私(真我)である純粋意識に心(マインド)が満たされて行きます。その為に、多幸感が増して行くのです。

雑念、思考が精妙化、或は消えてゆくということは、「純粋な気づき」である純粋意識が増してゆくプロセスの結果でもあります。

また、最終的には本当の私という感覚さえ超越されなければならない、と言われています。

それが、ブラフマンと言われる、究極の宇宙真理、この現象宇宙の源、究極の実在、絶対状態です。


最初の瞑想体験は、小学生の時の夏休みに入る時の解放された感覚


私の場合は、今から、32年前の1977年6月7日にTM瞑想を始めたのですが、瞑想を習った翌日から、ハイな状態になって、この感覚は、小学生の時、夏休みに入ってゆくときの、あの解放された感覚だ、とそれから1日2回欠かすことなく今日まで続けています。

それまで、実家の東南向き玄関のヴァストゥのせいで不安神経症気味だった私のハイな状態を見て、興味を持った両親も1年後、瞑想を始めました。

1年くらい体全体が、ペパーミントのスースーした感じで、とても気持ちいい状態になっていました。


深い満足感がずっと続く

その後、TM教師になって(TMを始めて1年目位)半年後位、三重県の津市でTMセンターをやっていた頃ですが、瞑想していて、突然凄い満足感がやってきました。

あっ、この感覚、中学校1年の時に、友人たちと奥多摩の山に登って、やっとこさ頂上に辿り着いた時の感覚だ、と。下腹部が非常に充実した感覚で、まさに頂上を征服した感覚です。

それ以来、満足感は途切れることはなく、続いています。


短気な怒りっぽい性格も自然に消える

それまでかなり、短気で怒りっぽい性格で、この怒りっぽさの克服が人生のテーマという感じだったのですが、この時に不動心というのが、形成されたようで、怒りっぽさも、自然になくなっていました。


K・ムルティ、B・S・ラジニーシのマインドを「見る」に助けられる

TMを同じ日に始めた友人のHさんから、クリシュナ・ムルティのマインドを「見る」ということを、TM教師になってすぐに教えてもらい、意識の深化が大変速まったと思います。

当時、バグワン・シュリ・ラジニーシ(その後、オショーと改名)の老子の教えについて語った「存在の詩」などタオ関係の本も役立ちましたね。

特に、荘子のことを語った「虚空の舟」は、クリシュナ・ムルティの当時難解に思えた部分を分り易く解説した内容になっていて、とても助かりました。

上江洲先生には、時々ヒーリング時に私の明想を全くブレがない、完璧、と褒めて頂くのですが(おそらくノーマインド状態と波のない静寂の状態に言及して頂いたのだと思います)、これもひとえに日々の明想と先生のヒーリング、そしてディクシャとの相乗効果だと思っています。


瞑想で、腹、ハート、頭を統合させる

ディクシャでハートがとろけるような快感と自由な感覚、上江洲先生のヒーリングで眉間の奥が覚醒した感覚、
そして、明想で腹(スワディスターナ、マニピュラ)とハートと眉間の奥と頭頂(サハスラーラ)を統合している感じですね。

腹(エネルギー、実在サット)、頭(意識チット)、ハート(至福アーナンダ)、サット・チット・アーナンダ、これは純粋意識の本質です。


肉体やエーテル体等に対するワークも必要

やはり、メンタル体、或はアストラル体に働きかけていると思われるマントラを使った瞑想だけだとダメというか時間かかります。

メンタル体に働きかける前に、肉体、エーテル体、アストラル体などにも働きかけた方が速いです。

ですから肉体やエーテル体等に対するワークも必要です。

ヨーガ体操や呼吸法、ディクシャは大変役立つと思います。

最新記事
プロフィール

三休さん

Author:三休さん
のブログへようこそ!

昭和28年東京都江戸川区  小松川の生まれ

都電の西荒川駅前にあ
った生家には、故赤塚不二
夫さんが下宿していました。

上の写真は、昭和30年5月石森章太郎さんが赤塚さんを訪ねてきた時のもの。

赤塚さんは、その2年後有名なトキワ荘に引越しました。

徒歩数分の石毛肉店には、私と一緒に住んでいた従姉と同じ深川高校に通う五月みどりがいて、この翌年に歌手デビュー。

生家の2軒隣にその数年後、横綱柏戸が引越してきました。

私は、その後両親が近所に建てた家に引越したのですが、3軒隣にラグビー日本代表だったターザン橋本(本名橋本晋一)氏が住んでいて息子が私と同級生。

息子H君はその後早稲田ラグビー部の主将。

私が小中学校時代に通ったラグビースクールで一緒にプレーした新日鉄釜石7連覇の立役者Mr.ラグビーと言われた松尾雄治君とその後早明戦で戦ったのには驚きました。

私も高校でラグビー部に入ったのですが、挫折。結局それが遠因で、精神世界に。

そして今に至るのですが、何が幸いするか分かりません。

もし、そのままラグビーを続けていれば、何がしかの世界で成功したかもしれませんが、失敗の人生を歩んでいた可能性があります。

真の意味での成功者とは、永遠不滅の至福の境地である「悟り」に達した人々のことであり、そこに向かって着実に前進している人々のことを言います。

(「悟り」「真の成功者」に関して詳細は、本ブログ記事「ホイットニーの死をバガヴァンの教えから考察する」等をご参照ください。)

まさに「人間万事塞翁が馬」。

趣味は瞑想です。

1977年から瞑想しています。      
基本的に24時間瞑想しています。
もちろん、座って瞑想するのも大好きです。

意識の内側へ入れば入るほ
ど、より覚醒し、より自由に
なってゆきます。

瞑想をとおして、
この世界のあらゆる楽しみ、
快楽をはるかに凌駕する
時間、空間を超えたこの
現象世界の源である
永遠不滅の純粋意識、
そしてその本質である
絶対的な自由と愛と至福を体験します。

多くの方にこの事実を体験を通
して知って頂きたいと思ってい
ます。

覚醒剤もドラッグもいりません! 

ただし、瞑想には、効果的で正しいやり方があります。

正しい角度で飛び込み、正しい泳ぎ方を身につけることで、スムースに海中深くに潜ることが出来ます。

それと同様で、効果的に効率よく、マインド(心)の内側深くに入り、究極的にはマインドを超越する方法が、正しい瞑想法です。

古来より覚者方より様々な瞑想法が、伝えられております。

マインド(心)は、永遠でもなく、真我(本当の私)ではありません。

その正体は思考であり、常に変化して止まず、幻影です。

リンク先 (有)楽趣美サイトもご覧下さい。

★ブログの内容に関するお問い合わせに対しては、個別に返事は出来ません。

当社㈲楽趣美(八王子市)の営業内容(インド占星術・ヴァストゥ鑑定、遠隔ディクシャ他)に関するお問い合わせやお申し込みは、上記楽趣美サイトよりお願いします。

月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QRコード