アンマ・バガヴァンの驚愕の前世物語

アンマ・バガヴァンの驚愕の前世物語

サイババはハヌマーン(猿の神)の化身でバガヴァンの弟子だった?!
new sri murthi 新シュリ・ムルティ(左クリックして大きくしてご覧ください。)

高橋恵美さんが、「新しいシュリムルティーの説明」とそれに付随する「新しいシュリムルティの800年の歴史」と題した米国のサイトに掲載されている文章を翻訳されました。

そして高橋恵美さんはこのように述べています。

「以下は、アンマ・バガヴァンが本当はどのような存在であるかを初めて明らかにしたものです。

アメリカのサイトに発表されていたものの翻訳ですが、これは既に今年の夏以来、インドのコースで公表されてきました。

11月のトレーナーコースでも同じ内容がガイドを通じて教えられています。

このワンネスの運動がアンマ・バガヴァンを個人崇拝する単なるカルトではないことを世界の人々に理解させる意味もあると思います。添付した写真と共にお読みください。」と。

今回のタイトル通りかなり興味深く面白い内容です。

ある人々にとっては、センセーショナルな内容かと思います。

このシュリ・ムルティは、これまでになくパワフルな写真です。是非プリントアウトしてお使いください。


(以下、高橋恵美さん訳)
新しいシュリムルティーの説明

時計回りに左から右に:

Sri Swami Samarth シュリ・スワミ・サマルト

Sri Paada Sri Vallaba シュリ・パアダ・シュリ・バラバ

Sri Dattatreya (Brahma, Vishnu, Shiva) シュリ・ダッタトレヤ(ブラマー、ヴィシュヌ、シヴァ)

Shri Anagha Lakshmi( MahaSaraswathi, MahaLakshmi, MahaKali) シュリ・アナグハ・ラクシュミ(マハサラスワティ、マハラクシュミ、マハカーリ)

Shri Narasimha Saraswathi シュリ・ナラシマ・サラスワティ

Shri Shirdi Sai Baba シュリ・シルディ・サイババ

恩寵であるゴールデンボールの内側(アディ・パラシャクティ):

シュリ・カルキ・アンマバガヴァン

背景の中:

シュリ・ヤントラ

(ワンネステンプルの最上階、瞑想ホールの真ん中にある大理石のなかにはめ込まれている)

新しいシュリムルティの800年の歴史

インドの人々はアンマ・バガヴァンをどのような存在だと思っているでしょうか?

まず、ディバインがどのように姿を現すかについて理解する必要があります:


1,Theophany(テオファニー)…ディバインがあなたの前に物事を現します。

それは夢のように思えるかもしれませんが、それは夢ではなく現実です。


2,Epiphany(エピファニー)…ディバインがあなたの前に姿を現します。

イエスがあなたの前に現れてあなたと話をするかもしれません。これもまた夢のように感じられるかもしれません。


3,Manifestation(顕現)…ディバインが物質的にあなたの前に現れ、人間に触れるようにそれに触れることができます。

ディバインはこの姿で何百年も顕現し、生きることができます。
 

4,転生とアバター…これはディバインが人間の母親のところに生まれ、人間のように生きるケースです。

人類がある仕方で導かれる必要がある場合、ディバインは人類を助けるために転生する場合があります。

例えばラーマ、クリシュナ、またはアンマ・バガヴァンなどです。
 

アディパラシャクティ…非顕現の唯一神(恩寵のゴールデンボールに象徴されている)


ディバインが顕現するときには、それは3つになります:創造するもの・維持するもの・破壊するもの…ブラマ、ヴィシュヌ、シバです…一つのエネルギーが3つになります。

それら3つが一つに統合する時、それはシュリ・ダッタトレヤ・スワミと呼ばれます。

ディバインの男性的側面です。

また女性面もあります:マハサラスワティ、マハラクシュミ、マハカーリ(またはマハパルバティ)。

これもまた創造するもの、維持するもの、破壊するものです。

それら3つが一つに統合される時、それらはデビ・アナグハ・ラクシュミと呼ばれます…

女性的側面です。

この鉄の時代(カリユガ)において、1149年(AD)にシュリ・ダッタトレヤがバニヤンの木の下に8歳の男の子として初めて顕現しました。

これを目撃した人がいます。彼は「顕現した存在」として長い間生き、奇跡を行い、人々を導き、教え、人々を目覚めさせることにフォーカスしました。

1320年にシュリ・ダッタトレヤが鉄の時代に、シュリ・パアダ・シュリ・バラバとして初めて人間として転生してきました。インドのピタムラムという場所です。

彼は1歳にして奇跡を行い、5歳の時には原子物理学について講義し始めました。

15歳の時、家を出て人々を助けたいと願いました。両親が結婚するようにと言うと、「私は結婚することはできない。私はすでにムクティ(解放、啓発)と結婚している」と答えました。

1350年に30歳の時、カルナクタでマハサマディ(*生きたまま肉体を去こと)に入りました。

1378年にシュリ・パアダ・シュリ・バラバはシュリ・ナラシマ・サラスワティとして再び生まれてきました。マハラシュタという場所です。

彼は5歳になるまでしゃべらず、5歳になった時にイニシエーションしてくれるように頼み、イニシエーションの後にヴェーダを暗誦し始めました。9歳の時に彼はサンニャシン、つまり僧侶になりました。

1458年にナラシマは「ペナンス」(強烈な霊的修行)をすることを決意し、家を出ました。

それまでは人々を悟りに向けて導いていました。

彼はカダリバナムに行き、約150年間瞑想しました。その後、ヒマラヤに行き、そこでさらに250年間瞑想しました。

これはヒマラマでは珍しいことではありません。そこには今でも300歳から400歳ぐらいの人々がいます。

瞑想している間に彼の周りに蟻塚ができ、蟻塚の中に埋もれてしまい、250年後に邪魔されて瞑想から出てきました。

一人の男が蟻塚に鎌を入れたところ、鎌の刃がナラシマの身体に触れたのです。

鎌を見たら刃に血がついていたので蟻塚を取り除いたところ、そこにはナラシマが座っていたのです。

ナラシマは瞑想を邪魔してくれたことに礼を述べ、「瞑想から起こしてくれてありがとう。戻らねばならない時です。世界のためにやるべき仕事があるのです」と言いました。

1856年に彼はマハラストラ州のアルココトに行きました。

前と同じ肉体ですが、ここでは彼はスワミ・サマルトと呼ばれました。

彼は1378年に生まれ、ほぼ500歳にもなる肉体ででもって1856年にここに来たのです。

彼はさらに24年を生き、1878年にマハサマディに入りました。

シュリ・シルディ・サイババはスワミ・サマルトの弟子でした。サイババは猿の神、ハヌマンが転生したものです。

スワミ・サマルトはサイババに「マハサマディに入ったら、私はあなたの身体に入ってあなたを通じて働く」と告げました。

シルディ・サイババはすでにハヌマンでしたが、今や彼はスワミ・サマルトの道具となったのです。

それ故に彼を通じてたくさんの奇跡が起きたのです。

スワミ・サマルトおよびシルディ・サイババの多く帰依者達が今ワンネスの仲間になっています。

シュリ・パアダ・シュリ・バラバは未来について予言し、シャンカラという名前の人がそれ全てを「IPADA SRIVALLABHA CHARITAAMRUTAM」 と呼ばれる本に書き記しました。

16歳の時にヴェンカヤという名前の弟子が「私はあなたの身近にいたいのです」と言うと、シュリ・パアダ・シュリ・バラバは

「私が鉄の時代の終わり頃に戻ってくるとき、私はあなたの娘と結婚します。

彼女はパドマヴァティと呼ばれるでしょう。

彼女はアナグハラクシュミであり、あなたのもとに生まれるでしょう。

彼女はシムロールという場所に生まれる」と告げたのですが、現在その場所はネローアと呼ばれています。

それゆえ彼はその約束を守ったのです。

彼はまたその時代にハヌマンに会い、言いました、「あなたはシルディ・サイババとして戻ってくるでしょう」。

これらすべてはその本に記録されています。彼はその本は33世代後、つまり2001年にならなければ公表してはならないと言いました。

2001年にその本は公表されましたが、彼はその本のなかで「私はカルキとして戻ってきて、人々が黄金時代に入
るのを助けるだろう」と述べています。

アンマの名前はパドマヴァティ、彼女の父親の名前はヴェンカヤです。そして彼女はネローアという場所に生まれました。

この現象全体が「カルキ」と呼ばれています。今回カルキが来た時には、一人で来たわけではありません。

ヒンズー教の伝統では、カルキはカリユガの終わり頃に64,000人の軍勢と共に来ると言われています。

シュリ・バガヴァンは1949年、つまりシュリ・ダッタトレヤが1149年に幼い少年とし初めて顕現してからまさに800年後に誕生しました。

バラトギリ・マハラジ(バプ)はシルディ・サイババと共にスワミ・サマルトの弟子でした。

グジャラト州で1949年に彼がサマディに入っていた時にカルキのビジョンを見たのですが、その中でカルキが「私はこの地上に誕生した」と告げました。

25年前にラキシャ・アシュラムでバプはある人々のグループに会ったのですが、彼らは

「カルキはすでにいます。インドの自由は道を準備することでした。

5000年以上も後になって、カルキはやってきたのです。

彼は主であり、14のローカ(*様々な次元の世界)を統合するものであり、カリ(暗闇)を打ち破るもの、この地球上で人間の形を取っているもっともパワフルな存在です。

何があろうとも決して主を離れないように」

と告げました。

バプ自身も聖なる存在であり、占星術、ナルダの顕現であり、ヴィシュヌの身近な友人でした。

1949年(*カルキのビジョンを体験した年)以来、彼は人生を通じてカルキを探し求めてきました。

彼は2000年にアンマにサティアローカに来るよう招かれ、2001年にサティアローカを訪れました。

その時彼は既に120歳を超えていました(誰も彼の正確な年齢を知りません)。

彼はバガヴァンに会い、2001年8月にマハサマディに入りました。

(この物語はOneness Vol.3という DVDに収められていますが、現在のところ英語版はありません)

3歳にしてシュリ・バガヴァンは既に人類を苦しみから解放することにフォーカスしていました。

決して遊んだことがなく、人類について考察して時間を過ごしていました。バガヴァンは常に椅子に座って将来のことを考えていたのです。

それで彼の母親は、あなたは椅子と結婚すべきだと冗談を言ったほどです。

バガヴァンが3歳半の時に、ゴールデンボール(*金色の玉)が彼に現れ、それから24年間ずっとそのチャンティングの中にいました。

アンマもまた常に簡素で献身的な人生を生きてきました。

シュリ・アンマバガヴァンの人生はずっといわば犠牲の人生でした。

彼らはいつも人々を助けることだけに時間を過ごしてきました。

2012年の究極の錬金術

2012年の究極の錬金術

皆様、明けましておめでとうございます。

ますます時間の経過スピード速くなっているようです。
2009年もあっという間に終り2010年が到来しました。

私が30年来懇意にしているUさんは、数年前にVIP待遇でカルキ・バガヴァンの下を訪ねた折、瞑想中に神より以下のようなメッセージをもらったそうです。

「2010年から2012年にかけて人類は第二の岩戸開きを経験する、ただしその前に人類は大きな禊を体験する」というものです。

大本教の出口王仁三郎師は、これまでに人類は地球的規模の大異変を6回経験していて、今度の大峠は7回目で、過去最大級のものになるだろう、と言っていたそうです。

岡本天明氏の日月神示のなかには、このように書かれています。
「世はグルグルと七変わり、改心のため世界の民皆、今度は引き上げ一旦あるぞ」

また2012年は辰年です。辰の年に関して以下のような御神示があります。

「辰の年はよき年となりているのざぞ、早う洗濯してくれよ」
「新しき御代の始めの辰の年。すめ大神の生まれ出で給ひぬ」
「新しき御代のはじめの辰の年。あれ出でましぬかくれいし神。かくり世もうつし御国の一筋の光の国とさきそめにけり」

バガヴァンは、最近以下のような重大なメッセージを発しています。

「2012年に太陽、地球そして銀河系の中心が一直線に並び、大変大きなエネルギー転換が起き、我々はこの巨大エネルギー転換を利用し、人類の意識変革を行なう」と。

現在地球はかつてない異常気象や天変地異を経験しています。
地球温暖化が叫ばれて久しいですが、CO2の増加がその原因として喧伝されています。

しかし、多くの科学者ら識者によると、その原因は太陽の異状が原因と見られています。

太陽の質量は、この太陽系全体の質量の99.8パーセントを占めていると言われていますが、これだけ見ても、どれほど太陽の持つ影響力が地球や他の太陽系惑星に対してあるか、素人でも分るかと思います。

例えば、イギリスやロシアの研究機関によると、この100年間で太陽磁場が2倍以上になっていることが分っています。それら科学者によると温暖化の原因は太陽磁場の変化によるものとしています。

また、この宇宙空間を構成する物質の99パーセント以上がプラズマであると言われていますが、そのプラズマが過去100年で1000パーセントも増加して、太陽プラズマも1000パーセント増加しているとのことです。

ロシアの研究によると太陽が放出するプラズマエネルギーの到達距離が、この30年間で30倍に拡大し、その到達距離の拡大現象は年々続いていて、西暦2000年時点で太陽と地球の距離の100倍の距離まで到達していると推測されています。

最近太陽系の惑星に温暖化やポールシフト、磁場や大気の増加などの異状が起こっていることが報告されていますが、これらも太陽活動の活性化と関係していると見られています。

「フォトンベルトの真相」の著者エハン・デラヴィ氏によると、ノーベル物理学賞受賞者のハネス・アルフベンが提唱したプラズマ宇宙論によると銀河の中心から銀河全体に巨大な電磁波エネルギーが放たれ、強力なエネルギー・ビームとして太陽系に向かってきているとのことです。

そして銀河円盤と太陽系の黄道面が直列しそれが真横になった時に、太陽系は莫大なエネルギー流をモロに受け、その瞬間太陽は爆発したようになり、ヘリオスフィア(太陽圏)は未曾有の量のプラズマで満たされスパークすると予測しています。

スパークすると一気にプラズマの密度が膨れ上がり、まばゆいばかりに発光し、それこそがフォトンベルトの正体である、としています。

人間の松果体は、太陽の電磁場エネルギーをメラトニンに変える働きをしていて、松果体から脳下垂体、視床下部を通って内分泌系全体が太陽によってコントロールされ、電磁エネルギーをホルモンに転換するシステムは、科学的に証明されているとのことです。

内分泌系といえば、7つのチャクラと関係しています。

おそらくこの時にはチャクラが活性化して全開状態になるのではないかと思われます。ただ人体や精妙なボディへの膨大なエネルギーの流入に、瞑想などをしたことがない人たちは耐えられないのではないか、ある程度ボディを浄化して通路が開かれている必要があるかと思います。

古代インドの知識(ヴェーダ)によると、この現象世界を形作る最も精妙なレベルのエネルギーはプラーナと呼ばれヨーガをやっている方々など多くの人に現在知られています。

プラーナは生命エネルギーと訳され、我々全生命の活力源と言われています。通常我々は呼吸を通して、プラーナを空気中から得ていますが、太陽光線、とくに早朝の太陽光線に大量に含まれていると言われています。

このプラーナは、とても精妙なので瞑想などを通して純粋意識に変換しやすいのです。

意識の覚醒が進んでくるとあらゆるエネルギーを純粋意識に変換できます。

以前に上江洲先生は食べたものでも喉の段階で光に変換できる、と仰っていたことがあります。光は純粋意識が現象世界に表現される一形態です。

インドの伝統医学アーユルヴェーダによると、食べ物は消化され、7つのステップを経て最終的に物質としては精液に変換されると言われています。

その精液は、物質的なエネルギー形態をとっていますが、瞑想などをとおしてオージャスとかテージャスと呼ばれる目に見えないオーラと呼ばれる光に変換され、純粋意識に変換されていきます。

道教(タオ)では、精(精液)が気(エネルギー)になり、気が神(純粋意識)になる、と表現されています。

タントラとかタオと呼ばれる古代インドや中国の意識変容システムには、通常眠って活性化していないセックスセンターにあるエネルギー(多くの人は性的行為やハードワークで浪費して枯渇しているようですが)を上昇させることで、チャクラを活性化し深い瞑想状態に意識を持っていく方法があります。

クンダリーニを上げるのも性エネルギーを昇華させ純粋意識に変換させる一つの方法です。

ただ、エネルギーを上に上げるだけではダメで、上に上げただけだと、いわゆる気が上がった状態になって逆に地に足が着かない状態と言うか落ち着かない状態になってしまいます。気のボディいわゆるエーテル体の中をエネルギーが廻っているだけなのです。

エネルギーを内側に持ってこなければならないのです。より精妙なボディ、つまりアストラル体とかメンタル体、コーザル体と呼ばれる精妙なボディに引き入れ最終的に純粋意識に変換させなければならないのです。

その為には、どうしてもマインド(心)のより精妙なレベルに意識を持ってこなければならない、つまり深い瞑想に持っていく必要があるのです。

瞑想の究極状態サマディと呼ばれる、マインドを完全に超越した状態、見る者と見られる者、見るプロセスが完全に合一した状態まで持っていきます。

しかし、その状態に瞑想で持っていくためには膨大なエネルギーと時間が必要と言われていますが、そこで出てきたのがディクシャなのです。

ディクシャでは、多くの方が短時間でサマディ、或はそれに近い体験をします。これまで何十年とかかって体験してきた状態が誰でも短時間でなされてしまうのです。

バガヴァンは言います。2012年にはエネルギーの大変大きなエネルギー変換が起こると、そして我々はこのエネルギー変換を利用して、人類の意識変革を行なう、と。

バガヴァンは、ディクシャを通して銀河、そして太陽から来る巨大なエネルギーを利用し意識を一気にワンネスの状態、ブラフマンの状態、最終的には神(パラブラフマン)との合一にまで変換させようという究極の錬金術を行なおうとしているのです。
最新記事
プロフィール

三休さん

Author:三休さん
のブログへようこそ!

昭和28年東京都江戸川区  小松川の生まれ

都電の西荒川駅前にあ
った生家には、故赤塚不二
夫さんが下宿していました。

上の写真は、昭和30年5月石森章太郎さんが赤塚さんを訪ねてきた時のもの。

赤塚さんは、その2年後有名なトキワ荘に引越しました。

徒歩数分の石毛肉店には、私と一緒に住んでいた従姉と同じ深川高校に通う五月みどりがいて、この翌年に歌手デビュー。

生家の2軒隣にその数年後、横綱柏戸が引越してきました。

私は、その後両親が近所に建てた家に引越したのですが、3軒隣にラグビー日本代表だったターザン橋本(本名橋本晋一)氏が住んでいて息子が私と同級生。

息子H君はその後早稲田ラグビー部の主将。

私が小中学校時代に通ったラグビースクールで一緒にプレーした新日鉄釜石7連覇の立役者Mr.ラグビーと言われた松尾雄治君とその後早明戦で戦ったのには驚きました。

私も高校でラグビー部に入ったのですが、挫折。結局それが遠因で、精神世界に。

そして今に至るのですが、何が幸いするか分かりません。

もし、そのままラグビーを続けていれば、何がしかの世界で成功したかもしれませんが、失敗の人生を歩んでいた可能性があります。

真の意味での成功者とは、永遠不滅の至福の境地である「悟り」に達した人々のことであり、そこに向かって着実に前進している人々のことを言います。

(「悟り」「真の成功者」に関して詳細は、本ブログ記事「ホイットニーの死をバガヴァンの教えから考察する」等をご参照ください。)

まさに「人間万事塞翁が馬」。

趣味は瞑想です。

1977年から瞑想しています。      
基本的に24時間瞑想しています。
もちろん、座って瞑想するのも大好きです。

意識の内側へ入れば入るほ
ど、より覚醒し、より自由に
なってゆきます。

瞑想をとおして、
この世界のあらゆる楽しみ、
快楽をはるかに凌駕する
時間、空間を超えたこの
現象世界の源である
永遠不滅の純粋意識、
そしてその本質である
絶対的な自由と愛と至福を体験します。

多くの方にこの事実を体験を通
して知って頂きたいと思ってい
ます。

覚醒剤もドラッグもいりません! 

ただし、瞑想には、効果的で正しいやり方があります。

正しい角度で飛び込み、正しい泳ぎ方を身につけることで、スムースに海中深くに潜ることが出来ます。

それと同様で、効果的に効率よく、マインド(心)の内側深くに入り、究極的にはマインドを超越する方法が、正しい瞑想法です。

古来より覚者方より様々な瞑想法が、伝えられております。

マインド(心)は、永遠でもなく、真我(本当の私)ではありません。

その正体は思考であり、常に変化して止まず、幻影です。

リンク先 (有)楽趣美サイトもご覧下さい。

★ブログの内容に関するお問い合わせに対しては、個別に返事は出来ません。

当社㈲楽趣美(八王子市)の営業内容(インド占星術・ヴァストゥ鑑定、遠隔ディクシャ他)に関するお問い合わせやお申し込みは、上記楽趣美サイトよりお願いします。

月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QRコード