百害あって一利なし。体も心も狂う白砂糖

(以下は、船瀬俊介著「知ってはいけない」(徳間書店)より抜粋、転載させて頂きました。)

百害あって一利なし。 体も心も狂う 白砂糖

shirozatou2.jpg

●家畜は、たちまち死ぬ

「砂糖が、もし『栄養だ』というのなら、一度、家畜に与えてみるがよい、たちまち病気になり死ぬ」アメリカのJ・I・ロデール博士の警句です。 

栄養学の権威である博士の言は重い。

「白砂糖が小児マヒやリウマチ、動脈硬化の原因になることは、権威者の研究に多々ある」

「百害あって一利なし。この〝毒物″は、むしろ地上から一掃したほうがましである」(『白砂糖の害作用』より) 
ある研究者は「白砂糖の害が一つでも明らかにされれば、食品添加物としてでも、絶対認可されない」と断言します。

●カルシウム脱落で虚弱に            
 
砂糖の害作用とは? 馬淵通夫博士(みどり会診療所長)は明快です。

「子どもに白砂糖の甘いものを沢山やると虫歯になり、骨が細くなるといわれている。

(理由は)砂糖の代謝に必要などタミン類、無機質が、白砂糖では精製されてなくなっている。

このため、酸性の中間産物(乳酸等)が生じ、酸血症(アチドーシス)になってゆく。

身体のほうでは、やむをえずに骨や歯のカルシウムを動員し、中和に使ってしまうので、歯は悪くなり、骨は細く、脆く、そして虚弱体質になってくるのです」(『慢性病とのたたかい』より)。

骨が細く脆くなるのは骨粗しょう症の典型症状で一種の老化現象です。

白砂糖の原料はサトウキビなどの植物です。そこにはビタミン、ミネラルなども豊富に含まれています。

なのに〝精製″という最新技術で、これら栄養素をはぎ取ってしまう。それこそ白砂糖の悲喜劇です。

白砂糖を最新栄養学では〝空のカロリー″(エンプティ・カロリー)と呼んでいます。ただ燃えるだけ。

大切な栄養素を浪費してしまう。〝空炊き″で体液は酸性に偏ります。

その結果、生じる酸血症(アチドーシス)は生命にも関わる危険な症状なのです。


●冷え性、脳梗塞、心筋梗塞…! 

白砂糖と虫歯の関連は、もう常識です。砂糖水をかるく一口ふくむだけで…「濃度に関係なく歯表面が十数分も虫歯になる酸性状態になってしまう」(東北大学、山田正教授、口腔衛生学)。

「砂糖を過食すると

①虫歯 ②糖尿病 ③動脈硬化症 ④低血糖症 ⑤胃弱 ⑥小児の癇

などの病気の遠因となることは、医学的に分かり切っている常識」(郡司篤孝 『有害な子供食品』) 

白砂糖のとりすぎが動脈硬化など血行障害を起こすメカニズムは―

砂糖→血糖値急上昇→ブドウ糖を〝燃やす″酵素不足→ブドウ糖の一部、燃え切れず乳酸に→乳酸は毛細血管に詰まる→乳酸が血管タンパク質と結合→動脈硬化症→冷え性、コリ、脳梗塞、心筋梗塞など……。

よく脳卒中などは「塩分のとりすぎ」がよくない……と言われます。

じつは「糖分のとりすぎ」のほうが危険だったのです。

(以上は、船瀬俊介著「知ってはいけない」(徳間書店)より抜粋、転載させて頂きました。)

勝新太郎、死の真因?!ヘアダイの恐怖

(以下は、船瀬俊介著「知ってはいけない」(徳間書店)より抜粋、転載させて頂きました。)

勝新太郎、死の真因?!ヘアダイの恐怖

katsu.jpg


ガンや再生不良性貧血の元凶


●造血機能が破壊され死が待つ

「毛染め(ヘアダイ)をしている人は、難病の再生不良性貧血になる恐れがある」

厚生省研究班(当時)が、かつて衝撃的な警告を行っています。

これは、骨髄の造血機能が弱まり、深刻な貧血症状があらわれる病気です。

もっとも深刻なのは、最終的に白血球、赤血球などの血液細胞ができなくなってしまうこと。

血液細胞の大半は骨髄で生産されており、再生不良性貧血になると骨髄移植か輸血をくりかえすなどの治療法しか、残されていません。


●美容被害のダントツが毛染め剤 

政府がヘアダイと再生不良性貧血との関連に警鐘を鳴らしている。この事実は重大。

ヘアダイ成分で、真犯人と疑われているのが「毛染め剤(パラフェニレンジアミン)」です。 

これは皮膚科専門医も恐れるほど。

「ものすごく化学反応活性がつよい。タンパク質とも、DNAとも結合します。

被害はもうメチャクチャ多い。

美容関係の中でいちばん多いのが毛染め被害です。毒性は当然です」と元阪大助手の田代実医師。似たものに抗ガン剤が。凄まじいDNA破壊で造血機能が破壊されてしまう。


●厚生省も認めた「原因説」 

同省の調査でも再生不良性貧血の患者960人中19例(約2%)が「ヘアダイの関連性あり」と判定されたのです。

また、造血障害の一種、血小板減少症も1184症例中8例が「ヘアダイが原因」と研究者たちは判定しています(日本血液学会、総会 1988年)。

化学物質の毒性判定に、極めて〝慎重″な同省が、公式にヘアダイの毒性を警告したのは、異例ともいえます。

同省は、研究報告を受け以下二点の「指導」を行いました。

①「染毛剤の『注意書』には『貧血傾向のある人は注意する』旨、書き加える」

②「動物実験による因果関係の確保」


●勝新太郎をガンで殺した?

このころ筑波大学臨床医学内科では「ヘアダイと関係あり」と断定された10人の再生不良性貧血の患者が死亡しています。 

パラフェニレンジアミンはDNAらせん構造にはまりこみ、遺伝子を破壊します。

つまり猛烈な発ガン性、催奇形性があるので、禁止すべき猛毒薬剤です。

名優、故・勝新太郎が右手にもった毛染め液をブランデーとまちがってグイと一気に飲んでしまったことがあります。

その後、まもなく希代の俳優は下咽頭ガンで死亡。私は、この猛毒ヘアダイとの関連が疑われてなりません。 

その他、カブレ、ただれ、皮膚炎なども激しい。さらに「経皮毒」として体内に侵入し、再生不良性貧血やガンを引き起こす。御用心!!


★肌と髪にやさしい植物性〝ヘナ″のすすめ 

古代インドなどで使われてきた植物性の毛染め剤〝へナ″をおすすめします(ただし、ニセモノも多いとか。要注意)。

(以上は、船瀬俊介著「知ってはいけない」(徳間書店)より抜粋、転載させて頂きました。)

牛乳、肉に残留。成長異常、発ガンなど―成長ホルモン

(以下は、船瀬俊介著「知ってはいけない」(徳間書店)より抜粋、転載させて頂きました。)

牛乳、肉に残留。成長異常、発ガンなど―成長ホルモン

ushi_20121211172307.jpg

●〝共食い″させる近代畜産

「狂牛病よりも深刻な狂気……」 

アジアの市民運動家バンダナ・シバ博士の嘆きです。彼女は工業化された近代畜産業を批判します。

「危険な食糧生産システムが世界に広まっている」。

牛や羊は、ほんらいは草食動物です。それに肉骨粉(仲間の死体)を食わせる。それが近代畜産の正体です。

狂牛病は起こるべくして起こった大自然の裁きです。 

乳牛に肉骨粉を与えるのは〝資源″活用の他、乳量が増えるメリットがあるからです。

4倍、5倍増に〝効率″のいい肉骨粉を積極的に与えた。不自然きわまりない飼育です。


●近代的畜産は〝クスリ漬け″

肉骨粉を与えただけで約5倍の乳量を得ることは不可能です。

そこで〝奇跡の妙薬″が登場してきます。それが人工〝成長ホルモン″剤(γBGH)です。

〝肉食″に加え、この合成ホルモンによる〝人工刺激″で乳房はパンパンに膨れ地面に触れんばかりに。

さらにぎゅう詰めの「密飼い」。運動不足とストレスで牛はさらに免疫力が落ちます。

感染症や乳房炎が蔓延するので業者は抗生物質や動物用薬剤を投与する。

家畜は異常なクスリ漬けです。これが近代的畜産の正体なのです。

〝成長ホルモン″投与→乳房炎多発→抗生物質投与→抵抗力低下→バクテリア増殖→抗生物質……と底無し悪循環に陥ります。


●乳牛の寿命は約5分の1に 

これらクスリ漬けの中でも、もっとも深刻な影響を与えているのが〝合成成長ホルモン″ です。

狂牛病と〝成長ホルモン″は、コインの裏表―。

問題の〝成長ホルモン″(yBGH)は遺伝子組み換え技術で生産されます。

巨大化学メーカー、モンサント社が開発した薬剤です。

このγBGHを乳牛に投与すると乳量生産は飛躍的に増大します。

γBGHは1993年10月、米食品医薬品局(FDA)によって認可されました。

しかしEU諸国やオーストラリア、ニュージーランドなど多くの国々は〝危険性アリ″と軒並み使用禁止。

「γBGHは牛も人間も危険にさらす」。証拠は世界で山のようにあります。 

〝成長ホルモン″投与の牛は、絶え間なく妊娠、泌乳、を繰り返す。

そのため老化が早まり25年近い寿命が5年以下となり死んでいってしまう。 

投与された〝成長ホルモン″は、とうぜん食肉や牛乳に残留します。

それらが思わぬ副作用を引き起こす。かつて〝成長ホルモン″を与えた鶏肉を食べた乳幼児の乳房が膨らんだり生理が始まるなど、異様症状が続発して国際間題になりました。

●アレルギー、末端肥大、発ガン性……
成長ホルモン(γBGH)残留牛乳や肉で―

▼アレルギー(投与牛乳を飲むとアレルギー反応を起こす

▼末端肥大症(腕、鼻、顎などが巨大化。リスクは5倍にも……!)

▼発ガン性(副生成物が発ガン因子として作用する恐れがある)

▼肝・腎臓肥大(体重増加、腎臓・肝臓が著しく肥大)

▼大腸ガン(腸壁細胞を刺激し大腸ガンなど悪性腫瘍に)


★〝成長ホルモン″禁止を求めよう 

世界80か国以上、215の消費者団体が参加する国際消費者機構(CI)も〝成長ホルモン″剤使用には大反対です。

EU諸国で唯一〝成長ホルモン″を強行導入したイギリスのみ狂牛病パニックに。

まさに因果応報―。日本でも〝成長ホルモン″はいまだ野放しです。

気の毒な牛のために禁止を求めましょう。

(以上、転載終わり)

「虫歯」「水中毒」他、子供に注意!イオン飲料

(以下は、船瀬俊介著「知ってはいけない」(徳間書店)より抜粋、転載させて頂きました。)

子どもに注意!「水中毒」死亡例も・・・イオン飲料

ion2.jpg

●甘味と酸度で虫歯被害も

〝イオン飲料″とはなんでしょう?

〝イオン・サプライ″などとCMでうたい「運動などで失われたイオンを供給する」といいます。

町を歩いていたら新発売キャンペーンに遭遇。可愛いキャンペーンガールから試供品を手渡されたので、歩きながら口に含んでオエーッ! 化学薬品臭と味で飲み込めない。

道端の側溝に吐き出し、中身も捨てた。健康なわたしが、これほどダメージを受けるのです。

子どもたちが飲むなど言語道断です。

さらに〝イオン飲料″には、飲みやすいように約6.5%も糖分が添加されています。〝砂糖水″なのです。

さらにpHも3~4と酸性。このため〝愛飲″すると歯が溶かされます。歯科医の間でもスポーツ飲料虫歯が問題とな
っているそうです。

(酸によって蝕まれた歯 グラクソスミスクライン社の資料より)
sansyoku.png

その他「味をよくする」ため種々の化学添加物で〝お化粧″しています。子どもたちが味覚中毒でハマる危険もあります。

●吐き気、発熱など「水中毒」 

スポーツ飲料や〝イオン飲料″の問題を指摘する小児科医たちが増えています。

「2004年頃から小児科医や歯科医の間で、小児の『水中毒』と『虫歯』の急増が注目されています。

その原因は、スポーツドリンクと〝イオン飲料″の飲みすぎにあるようです」(『消費者リポート』2005/12/7)。

小児科医も、これらドリンク類を「……平常から飲ませていると、電解質が過剰になり、吐き気、体がだるい、ひどいときには発熱などの異常が起きる。

小児科学会でも『平常時に水代わりに飲ませないように』と注意している」と警告しています。

電解質とは、酸・アルカリ・塩類などを、水などの溶媒に溶かしたときに、イオンとなり溶媒が電導性を持つ物質のことです。

●幼児が死亡した悲劇も 

巧みなCMに洗脳され「……水より健康にいいものだ」とかんちがい。

そんな親たちが、子どもに日常的に飲ませ続けて体調を悪くするケースが増えています。

三歳未満の乳幼児が〝イオン飲料″を飲むと電解質が体内で常に過剰になります。

幼児は腎臓機能が未熟なのです。尿の調節ができず、体内正常値も保てなくなり腎臓が衰弱します。

こうして血液中のナトリウムやカリウム濃度が高くなる「水中毒」を起こします。

こうして、むくみ、頭痛、嘔吐……さらに昏睡状態や神経症状まで出て入院したケースもあります。

〝イオン飲料″を1日2リットル以上も飲ませ、食事はとらず、カッケになり、ついには死亡した幼児の例も報告されています。 CMの害悪、悲しむべし。恐るべし……。

くれぐれもスポーツドリンクや〝イオン飲料″を水がわりに飲ませないように。

★塩ひとつまみ水に溶かせばOK 

のどが渇けば水やお茶で十分です。脱水・脱塩症状を防ぐなら水に自然塩をひとつまみ入れれば、それでOKなのです。

(以上、転載終わり)
最新記事
プロフィール

三休さん

Author:三休さん
のブログへようこそ!

昭和28年東京都江戸川区  小松川の生まれ

都電の西荒川駅前にあ
った生家には、故赤塚不二
夫さんが下宿していました。

上の写真は、昭和30年5月石森章太郎さんが赤塚さんを訪ねてきた時のもの。

赤塚さんは、その2年後有名なトキワ荘に引越しました。

徒歩数分の石毛肉店には、私と一緒に住んでいた従姉と同じ深川高校に通う五月みどりがいて、この翌年に歌手デビュー。

生家の2軒隣にその数年後、横綱柏戸が引越してきました。

私は、その後両親が近所に建てた家に引越したのですが、3軒隣にラグビー日本代表だったターザン橋本(本名橋本晋一)氏が住んでいて息子が私と同級生。

息子H君はその後早稲田ラグビー部の主将。

私が小中学校時代に通ったラグビースクールで一緒にプレーした新日鉄釜石7連覇の立役者Mr.ラグビーと言われた松尾雄治君とその後早明戦で戦ったのには驚きました。

私も高校でラグビー部に入ったのですが、挫折。結局それが遠因で、精神世界に。

そして今に至るのですが、何が幸いするか分かりません。

もし、そのままラグビーを続けていれば、何がしかの世界で成功したかもしれませんが、失敗の人生を歩んでいた可能性があります。

真の意味での成功者とは、永遠不滅の至福の境地である「悟り」に達した人々のことであり、そこに向かって着実に前進している人々のことを言います。

(「悟り」「真の成功者」に関して詳細は、本ブログ記事「ホイットニーの死をバガヴァンの教えから考察する」等をご参照ください。)

まさに「人間万事塞翁が馬」。

趣味は瞑想です。

1977年から瞑想しています。      
基本的に24時間瞑想しています。
もちろん、座って瞑想するのも大好きです。

意識の内側へ入れば入るほ
ど、より覚醒し、より自由に
なってゆきます。

瞑想をとおして、
この世界のあらゆる楽しみ、
快楽をはるかに凌駕する
時間、空間を超えたこの
現象世界の源である
永遠不滅の純粋意識、
そしてその本質である
絶対的な自由と愛と至福を体験します。

多くの方にこの事実を体験を通
して知って頂きたいと思ってい
ます。

覚醒剤もドラッグもいりません! 

ただし、瞑想には、効果的で正しいやり方があります。

正しい角度で飛び込み、正しい泳ぎ方を身につけることで、スムースに海中深くに潜ることが出来ます。

それと同様で、効果的に効率よく、マインド(心)の内側深くに入り、究極的にはマインドを超越する方法が、正しい瞑想法です。

古来より覚者方より様々な瞑想法が、伝えられております。

マインド(心)は、永遠でもなく、真我(本当の私)ではありません。

その正体は思考であり、常に変化して止まず、幻影です。

リンク先 (有)楽趣美サイトもご覧下さい。

★ブログの内容に関するお問い合わせに対しては、個別に返事は出来ません。

当社㈲楽趣美(八王子市)の営業内容(インド占星術・ヴァストゥ鑑定、遠隔ディクシャ他)に関するお問い合わせやお申し込みは、上記楽趣美サイトよりお願いします。

月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QRコード